しょうの雑記ブログ

物事の考え方、ブログ運営、ファッション、プロ野球、音楽、食べ物などについて書いたブログです。

評価してくれる人が少しでもいたら、それを励みにする

 このブログを読んでいる方には、「どうしてもやりたいこと」はあるでしょうか? もしそういうことがあるのならば、それを評価してくれる人が一人もいなかったとしても、やってみた方が良いでしょう。

 

 しかし、そう思っていたとしても、人間は弱いもので、誰も評価してくれないとなかなか意欲が上がらず、途中で辞めてしまうということが多いです。

 

 ただ、自分のやりたいことが、他の人にとってもメリットがあることであれば、評価してくれる人が全くいないというケースは稀です。多くの人は、「評価してくれる人はいるけど、それが少ししかいないから、モチベーションが上がらない」という感じでしょう。

 

 確かに、評価してくれる人が多ければ多いほど、沢山褒められるので、気分も良くなってやる気が出ます。しかし、「評価してくれる人が少ない」という状態はそんなにダメなことでしょうか?

 

 数が少なくとも、「評価してくれる人がいる」ということは、確実に何人かには「自分がやりたいと思ってやっていること」が届いているということです。つまり、「これがいい」ということを、自分と他者とで共有できている状態です。それは、よく考えてみると、すごく嬉しいことではないでしょうか? それを、「人数が少ないからダメ」と切り捨てるのはもったいないことです。もっと、「数人の人に、自分の気持ちが届いていることの喜び」をしっかり噛みしめるようにしてみましょう。

 

 そうすると、それを励みに、またやる気が出てきて、自分のやりたいことを地道に継続してやっていけます。

 

 そして、それを続けていけば、いつか沢山の人から評価されるようになるかもしれませんよ。