しょうの雑記ブログ

物事の考え方、ブログ運営、ファッション、プロ野球、音楽、食べ物などについて書いたブログです。

ブログのアクセス数が伸びない時は、「どうせ、たいして読まれないなら、好き勝手に書こう」と開き直る

 ブログを続けていると、「なかなかアクセス数が伸びない」という事態に直面することがあります。

 

 ブログのアクセス数が伸びないと、色々と悩みます。そして、頑張って記事を書けば書くほど、「なんでだ」という気持ちが強くなってきます。「こんなに頑張って書いているのに、なんでこんなに読まれないんだ」と、無力感に襲われたりします。そうなると、ブログを続けるモチベーションが下がってしまいます。

 

 ブロガーは、自分のブログのアクセス数を上げるため、様々な努力をしていると思います。SNSで自分のブログを紹介したり、人気を集めそうなテーマでブログ記事を書いてみたりしているでしょう。

 

 また、「グーグル検索で、上位に表示されるには、どういう記事が良いか」と研究して書いている人もいると思います。

 

 しかし、そういった努力が、必ず実るとは限りません。いくら努力して、工夫しても、アクセス数が一向に伸びないブログもあると思います。そうなると、「もう、ブログを辞めようかな」という気持ちになりがちです。

 

 ただ、それを理由にブログをやめてしまうのは、なんだかもったいない気がします。なぜなら、ブログというのは、「いつ当たるかわからない」という側面があるからです。

 

 ずっとアクセス数が低迷しているブログでも、何かのきっかけで記事がヒットして、急にアクセス数が上がることもあります。

 

 そういったきっかけは、なかなか予測できません。「運」の要素が強いと思います。

 

 ブログを続けていると、いつの日か、「運」をつかめる可能性があります。やめてしまっては、運をつかむことはできません。

 

 「ブログの記事を書くことが嫌になった」のなら、ブログを辞めてしまってもいいでしょう。しかし、ブログ記事を書くこと事態は好きなのに、「アクセス数が上がらない」という理由でブログをやめてしまうのは、もったいないことです。「運をつかむ可能性」を捨ててしまうことになるのですから。

 

 ですから、ブログ記事を書くこと事態が好きなのであれば、とりあえずブログは続けてみましょう。

 

 そして、アクセス数が上がらないことでモチベーションが下がっているのなら、「どうせ、たいして読まれないなら、好き勝手に、自由に書こう」と開き直ってみましょう。その方が、余計なことを考えず、書きたいことを書くことに集中できます。

 

 そのように、開き直って自由に書けるようになると、ブログ記事を書くことを素直に楽しめるようになったりします。それにより、ブログ記事を書くモチベーションも上がったりします。

 

 ブログというのは、確かに、多くの人に読まれると、より楽しい気分になったりします。しかし、「たいして読まれないと、全く楽しくないのか」といえば、そんなことはありません。

 

 自分の書きたいことを、「ブログ記事」という、目に見える作品にすることは、それ自体で、すごく楽しいことです。

 

 ですから、ブログのアクセス数が上がらない時は、あえて読者のことをあまり考えず、「自分の書きたいことを書く」ことに集中しましょう。それにより、自分が納得できる、ブログ記事という「作品」ができたら、ブログを書くことが、どんどん楽しくなっていくと思います。