しょうの雑記ブログ

物事の考え方、ブログ運営、ファッション、プロ野球、音楽、食べ物などについて書いたブログです。

生きている意味がわからなくなったら、「とりあえず生きること」を目標にする

 自分の生活を振り返ってみて、「生きていることがわからない」と思ってしまう人は、結構いるのではないでしょうか。

 

 自分自身で、「自分は、このために生きている」とはっきり言えるものを持っている人はいいでしょう。しかし、「何のために生きているのか」を言える人というのは、ごく少数です。多くの人は、はっきり言うことができないでしょう。ただ、多くの人は、はっきり言えなかったとしても、なんとなく日常の中で楽しみをみつけて、うまくやっているものです。

 

 しかし、何かうまくいかなかったり、気分が落ち込んでくると、「何のために生きているかわからないなんて、生きている意味がない」と考え込んでしまったりします。そうなると、気分はさらに落ち込みます。

 

 そういう時、無理に「生きている意味」を探そうとしても、大抵は見つかりません。そして、必死に探しているのに見つからないと、さらに失望してしまいます。ならば、そのような時は、無理に「生きている意味」を探す必要はありません。そんな時は、探すのをやめて、いっそのこと、「元々、人生に、意味なんてない」と割り切ってみましょう。よく考えてみると、人の人生というのは、偶然に大きく左右されますから、人生に意味を持てる人がいたとしても、それは「たまたま持てただけ」なのかもしれません。だから、「意味を持っていないとダメ」という話でもないかもしれません。

 

 「人生に意味なんてない」と割り切ることができたら、次は、「とりあえず生きること」を目標にして生きてみましょう。人生は、意味がなくても、「とりあえず生きること」が大事だったりします。「とりあえず生きること」に集中できたら、ゆううつな気持ちも少し和らいだりします。

 

 そして、「とりあえず生きて」みて、高齢になって、自分の人生を振り返った時に、「あ、もしかしたら、あれが生きている意味だったのかな」と気づければ、それで十分なのかもしれません。