場面緘黙症だった僕の、その後の人生

小学校時代に場面緘黙症を経験。社会に出た後も、仕事になじめずに苦しむ。社会にうまく適応できないという悩みあり。このブログが、同じような悩みを持っている方の参考になれば幸いです。

音楽の持つ力と、魅力について

               f:id:bamen:20181216105619j:plain 

 芸術には様々なものがありますが、その中でも、「音楽を聴くことが好き」という人は多いと思います。自分も、音楽を聴くことが好きです。今回は、「音楽の持つ力と、その魅力」について、自分なりに色々語ってみたいと思います。自分が思う、音楽の持つ主な魅力は、以下の3つです。それぞれ、1つずつ解説していきます。

 

 

①現実逃避できる。

②感情に直接届きやすい。

③短時間で効く。

 

 

①現実逃避できる。

 音楽のいいところは、「場の雰囲気を変えられる」ところだと思います。音楽がかかると、「場の雰囲気」は一変します。ゆっくりしたテンポのクラシック音楽が流れると、場の雰囲気はゆったりします。逆にハードなヘビーメタルがかかると、場の雰囲気は一気にせわしなくなります。

 

 「雰囲気が変わる」ということは、「現実逃避できる」というということです。「同じ場にいるのに、まるで違う場所に行ったかのような気分」が味わえたりするのです。皆が旅行に行くのも、「現実から離れた場所に行きたい」というのが大きな理由だったりします。しかし、旅行に行くには、お金もかかるし、手間も多くかかります。しかし、音楽の場合は、旅行と比べて、比較的簡単に現実逃避できます。ハワイに行かなくとも、ハワイアンが流れてくるのを聴くと、「まるでハワイにいるかのような感覚」が味わえます。

 

 音楽は、部屋で聴いても現実逃避はできますが、「コンサートやライブ」に行って、生の音楽を味わうと、より深く現実逃避できます。

 

 例えば、「毎日仕事がつらくてしんどい」という人がいたとします。そうなると、「現実から逃げ出したい」と思ったりします。そういう人でも、休みの日にライブハウスでライブを聴いて、「現実とは違う場にいるような感覚」を味わうことで、ストレスが少し軽くなったりします。これは音楽の大きな効用です。

 

 最近の日本では、「ライブ、コンサート、フェス」などで、生の音楽を味わうことの人気が高まっています。それは、ミュージシャンにとっては、収入が増えるので、いいことだと思いますが、その裏側には「日本の厳しい労働事情」があるような気もします。「ライブでも行って現実逃避しないと、仕事のストレスがまぎらわせない」という人が増えているから、このように人気が高まっている部分もあるような気がします。

 

 

②感情に直接届きやすい。

 音楽は、感情に直接訴えかける部分が大きいものです。「悲しい雰囲気の音楽」を聴くと、悲しい気持ちになりやすいですし、「楽しい雰囲気の音楽」を聴くと、楽しい気分になりやすいです。音楽とは、感情に直接届きやすいので、音楽が鳴ると、パッと気分が変わることがあります。それは、なかなか気持ちの良いものです。

 

 

③短時間で効く。

 音楽に感動する人は多いですが、映画を見て感動したり、本を読んで感動するという人も沢山います。しかし、映画や本というのは、「感動するまでに時間がかかる」という特徴があります。映画を見て、開始1分で感動したり、本の1ページ目で感動するという人はなかなかいないでしょう。映画と本は、ストーリーをじっくりと追っているうちに、段々と感動がこみあげてきます。

 

 それに対して、音楽に感動するのは、一瞬です。開始1分で感動したり、人によっては、音楽が鳴って10秒で感動する人もいるでしょう。それだけ、音楽は、「短時間で感情を揺さぶる」効果があります。これは、音楽という芸術の持つ大きな特徴だと思います。そのため、「すぐに感動を味わいたい」と考えている人にとっては、音楽はうってつけと言えます。

 

 

 このように、音楽は、「感情を、短時間で動かす」には、非常に有効な手段です。また、最近は、携帯音楽プレイヤーで聴いたり、ネット上で聴いたりと、より手軽に音楽を楽しめるようになってきました。これを活用しない手はありません。音楽が好きな人は、これからも続けて音楽を聴いていきましょう。そして、普段、音楽を聴かない人も、音楽の世界に足を踏み入れて、色々聴いてみるといいのではないでしょうか。そうすると、新しい世界が広がると思いますよ。