しょうの雑記ブログ

ファッション、音楽、物事の考え方、おすすめの商品、食べ物、プロ野球などについて書いたブログです。

ティファール「ジャスティンプラス・1.2L」

 電気ケトルのレビューをします。

 

 今回レビューするのは、T-fal(ティファール)の「ジャスティンプラス・1.2L」です。

f:id:bamen:20220215133151j:plain

f:id:bamen:20220215133208j:plain

f:id:bamen:20220215133223j:plain

f:id:bamen:20220215133243j:plain

f:id:bamen:20220215133255j:plain



www.t-fal.co.jp

 

 

 「電気ケトル」と聞いた時に、多くの人がパッと思い浮かべるのがこのモデルだと思います。

 

 電気ケトルの定番モデルです。

 

 定番モデルですが、「実際に使ってみるとどうなの?」と気になっている方も多いと思います。

 

 そこで今回は、このモデルのメリットやデメリットについて、詳しく解説していきます。

 

 

 

 

メリット

価格が手頃

 こちらの電気ケトルは、Amazonだと、大体4000円台で買えます。

 

 5000円以下という価格は、なかなか手頃で良いと思います。

 

 

1.2リットルと、大容量

 この電気ケトルには、最大で1.2リットルの水を入れることができます。

 

 電気ケトルには「0.8リットル」のモデルや、「1リットル」のモデルもあります。

 

 しかし、入る水の量が少ないと、一度に大量にお湯を沸かしたい時に不便だったりします。

 

 その点、このモデルは、一度に1.2リットルも沸かせるため、十分な容量だと思います。

 

 世の中には、さらに大容量の「1.5リットル」入る電気ケトルもありますが、1.5リットルも入れると、重くて持ちにくかったりします。

 

 そういう意味で言うと、こちらの電気ケトルの「1.2リットル」という容量は、とてもちょうどいい容量だと思います。

 

すぐにお湯が沸く

 この電気ケトルは、カップ1杯分(140ml)のお湯を入れた際に、約1分で沸かせます。

 

 あまり時間がかからず沸かせるので、便利です。

 

本体が軽い

 こちらの商品は、プラスチック製なので、中に水を入れないで持つと、かなり軽いです。

 

 ガラス製の電気ケトルや、ステンレス製の電気ケトルと比べると、だいぶ軽いという印象です。

 

 電気ケトルは、水をたくさん入れると重くなったりするので、本体が軽いというのは嬉しいポイントです。

 

持ち手が持ちやすい

 この電気ケトルは、持ち手が太いので、持つ際に持ちやすいです。

 

 さらに、持ち手が、手に沿うような形状になっているので、さらに持ちやすくなっています。

 

お湯が注ぎやすい

 こちらの商品の注ぎ口は、尖った形になっています。

 

 そのため、お湯を注ぐ際は、注ぎやすくなっています。

 

f:id:bamen:20220215133601j:plain

 

蓋が本体と繋がっている

 こちらのケトルは、蓋が本体とつながった形になっています。

 

 そのため、水を注ぐ際に蓋をどこかに置いておく必要がありません。

 

蓋が大きく開く

 このケトルの蓋は大きく開くようになっています。

 

 それにより、水を入れる際に、水が注ぎやすくなっています。

 

f:id:bamen:20220215134554j:plain

 

操作が簡単

 今は、「温度調整ができる電気ケトル」も世の中にはあります。

 

 温度調整機能が付いていると、確かに便利です。

 

 しかし、逆に、温度調整機能が付いていると、操作が複雑になって煩わしかったりもします。

 

 ただ、こちらの電気ケトルの場合、操作は非常にシンプルです。

 

 取手の上に付いているボタンを押すだけで、お湯が沸きます。

 

 操作が簡単なので、お湯を沸かす時に、余計なストレスはかかりません。

 

 また、子供や高齢者の方が使う場合も、使いやすいと思います。

 

シンプルなデザイン

 この電気ケトルは、非常にシンプルなデザインになっています。

 

 そのため、「ごちゃごちゃしたデザインが嫌い」という方にもおすすめできるデザインです。

 

デメリット

お湯を沸かした時、少しプラスチックの臭いがする

 この電気ケトルは、本体がプラスチックでできているため、お湯を沸かした際に、少しプラスチックの臭いがします。

 

 お湯で飲むと、プラスチックの臭いが特に目立ちます。

 

 コーヒーやお茶を飲む際は、プラスチックの臭いは薄まりますが、敏感な人だと気づくかもしれません。

 

 また、プラスチックの臭いがするということは、少量ながら、プラスチックが溶け出している可能性があります。

 

 それにより、体内にプラスチックが入ってしまう可能性もあります。

 

温度調整ができない

 この商品は、温度調整機能ができないモデルです。

 

 沸かす際は、100度で沸かすことしかできません。

 

 そのため、「90度で沸かしたい」「70度で沸かしたい」といったように、細かい温度調整をしたい方には向いていません。

 

 そういう方は、温度調整機能が付いたモデルを選ぶようにしましょう。

 

 ちなみに、ティファールからも、温度調整機能が付いた「ジャスティンプラス・コントロール・1.2L」という商品が出ています。

 

 温度調整機能が付いたモデルがいい方は、そちらもチェックしてみてください。

 

 ただ、温度調整機能が付いたモデルだと、値段は結構上がってしまいます。

 

www.t-fal.co.jp

 

 

蓋を取り外せる電気ケトルと比べると、洗いづらい

 前述のように、こちらの電気ケトルは蓋が外せません。

 

 そのため、蓋を外せる電気ケトルに比べると、本体を洗う際に、少し洗いづらいかもしれません。

 

 ただ、蓋を外せない電気ケトルの中では、割と洗いやすい商品ではあると思います。

 

目盛りが少し見にくい

 この電気ケトルには、サイドに目盛りの付いた小窓が付いているため、中にどれだけお湯が入っているかわかります。

 

 ただ、窓が小さいので、少し見にくいです。

 

f:id:bamen:20220215133223j:plain

 

 ガラス製の電気ケトルの方が、中に入っている水の量は明らかに見やすいです。

 

まとめ

 ティファール「ジャスティンプラス・1.2L」のレビューをしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

 こちらのモデルには、メリットが沢山あります。

 

 ただ、一つ大きなデメリットもあります。

 

 それは、「沸かした際に、少しプラスチックの臭いがする」という点です。

 

 そのため、プラスチックに臭いが気になる方や、プラスチックを体内に入れたくない方は、このモデルではなく、ガラス製の電気ケトルを選ぶようにしましょう。

 

 ちなみに、ティファールからも、ガラス製の電気ケトルは出ています。

 

 値段は高いですが、プラスチックの臭いが嫌な方は、こちらもチェックしてみてください。

 

 

 また、「もっと安いガラス製の電気ケトルが欲しい」という方は、アイリスオーヤマの電気ケトルもおすすめです。

 

 こちらも、安い割に温度調整機能も付いていて、かなりコストパフォーマンスが良い商品だと思います。

 

 

 色々とデメリットについても解説してきましたが、ティファールの「ジャスティンプラス・1.2L」は、トータルで見ると、なかなか良くできた商品だと思います。

 

 値段が安い割に作りがしっかりしていて、コストパフォーマンスの高いモデルです。

 

 定番として売れ続けているのも頷けます。

 

 気になった方は、チェックしてみてください。

 

 「多少、プラスチックの臭いがしても構わない」という方には、非常におすすめできる商品です。