しょうの雑記ブログ

ファッション、音楽、プロ野球、食べ物、おすすめの商品などについて書いたブログです。

千葉ロッテマリーンズ、2020年シーズン、初勝利

 自分は、プロ野球観戦が趣味です。

 

 2020年は、コロナ禍でプロ野球の開幕が送れ、「今年はもうプロ野球が観られないんじゃないか?」と思った時もありました。

 

 しかし、6月19日に、ようやくプロ野球が開幕しました。

 

 自分は、昔から千葉ロッテマリーンズを応援しています。

f:id:bamen:20200620223525p:plain

出典:千葉ロッテマリーンズ・オフィシャルサイト https://www.marines.co.jp/

 

 

 ただ、残念ながら開幕戦は、サヨナラ負けでロッテは敗れました。

 

 しかし、6月20日の2戦目に、ロッテは、今シーズンの初勝利をあげることができました!

 

 待ちに待ったプロ野球開幕だけに、ひいきのチームの初勝利は、例年以上に嬉しかったです。

 

 そのため、「コロナ禍でのロッテの記念すべき初勝利を、しっかりと記事に残そう」と考えました。

 

 そこで、今回の記事では、「ロッテの2020年シーズンの初勝利」を詳しく振り返っていきます。

 

 

ソフトバンクホークス×千葉ロッテマリーンズ 2回戦

球場

PayPayドーム

 

 球場は、ホークスの本拠地のPayPayドームです。

 今年から、ヤフオクドームから「PayPayドーム」という名称に変わりました。

 「ペイペイドーム」という名前は、まだ慣れませんね(笑)

 コロナの影響で、無観客試合でした。

 

試合開始時間

 14時から試合開始です。デイゲームでした。

 

先発投手

 ソフトバンク:和田毅

 ロッテ:種市篤暉

 

 ソフトバンクは39歳のベテラン左腕の和田投手が先発です。

 

 対するロッテは、21歳の若手の右腕の種市投手が先発です。

 

 「技巧派ベテラン左腕」と「若手のパワーピッチャー」という対照的な先発投手になりました。

 

 ロッテは、昔から和田投手を苦手としていたので、試合前はちょっと嫌な予感もしました。

 

試合展開

 1回は、両先発投手とも、0点に抑えました。

 

 試合が動いたのは、2回表です。

 

 和田が投じた高めの変化球をレアードが思い切り引っ張り、レフトスタンドの中段まで持って行きました。ソロホームランで、ロッテが1点先制です。

 

 ちなみに、このレアードのホームランが「今シーズンの、パリーグ1号」となりました。

 

 ホームラン後は、おなじみの「寿司を握るポーズ」も飛び出しました。

 

 ただ、レアードにソロホームランを許したものの、和田の投球は安定していました。

 

 時折、抜け玉はあるもの、ストレートは走っていました。

 

 ベテランならではの味のある投球で、うまくアウトを取っていました。

 

 レアードのホームラン以外は、スコアボードに0を並べていきました。

 

 対する種市も、安定した投球をしていました。

 

 ストレートが走っていて、ソフトバンクの打者は、球威に押されていました。

 

 主軸も、強気のインコース攻めで、途中まではうまく抑えていました。

 

 次に試合が動いたのは、6回裏です。

 

 種市が柳田にストレートを投げましたが、それがシュート回転して、高めの真ん中付近に入ってきました。それを見逃さず、柳田がフルスイングします。

 

 打球は、センターバックスクリーンの中段にまで行きました。柳田らしい、豪快な一発です。柳田のソロホームランで、ソフトバンクは同点に追いつきました。

 

 種市は、6回を投げ切って、1失点に抑えました。柳田のソロホームランによる失点のみなので、なかなか良い2020年シーズン初登板だったと思います。

 

 和田は、7回1アウトまで投げて、松本と交代します。

 

 和田は7回途中まで投げて、「被安打4 1失点 奪三振7」という成績なので、先発としての役割を十分果たしたと思います。39歳で、これだけ三振を取れるのはさすがですね。

 

 7回表は、替わった松本が、0に抑えます。

 

 7回裏は、ロッテはハーマンが投げました。「2アウト2、3塁」のピンチを作りましたが、バレンティンをセカンドゴロに打ち取り、この回を0に抑えました。

 

 8回表に、また試合が動きます。7回は安定していた松本が、突如乱れます。

 

 まず、先頭打者の藤岡を、フォアボールで歩かせます。

 

 次に、荻野が送りバントを決め、「1アウト2塁」となります。

 

 続く角中は、ファーストゴロに打ち取り、「2アウト3塁」となります。

 

 次の安田を、フォアボールで歩かせ、「1、3塁」となります。

 

 このあたりから、制球が定まらなくなります。

 

 レアードと対している時に暴投し、3塁ランナーが生還し、「1対2」でロッテが勝ち越します。

 

 その後、レアードがセンター前にヒットを打ち、2塁から安田が帰り、「1対3」でロッテがさらに突き放します。

 

 その後、松本にかわって泉がマウンドに上がって、後続を断ちました。

 

 「1対3」で迎えた8回裏、ロッテはジャクソンが登板します。

 

 8回に、明石がソロホームランを打ち、「2対3」とソフトバンクが詰め寄ります。これで、試合がわからなくなりました。

 

 9回表は、泉が0点に抑えました。

 

 9回裏は、ロッテの守護神の益田が登板しました。

 

 今季初登板で、1点差で勝っている場面なので、プレッシャーはすごかったと思います。

 

 自分も、「大丈夫かな?」という気持ちで見てました。

 

 しかし、それは杞憂に終わりました。

 

 益田の出来は素晴らしく、3者連続で空振り三振に仕留め、「2対3」でロッテが勝ちました。

 

 無事、ロッテが、今季初勝利をおさめました。

 

 この試合のヒーローは「1ホームラン、2安打、2打点」のレアードで、ヒーローインタビューを受けていました。

 

 ちなみに、「さらに詳しい試合展開が知りたい」という方は、下記の、スポーツナビの試合結果のページを見てみてください。より詳しい情報が載っています。

 

baseball.yahoo.co.jp

 

 

まとめ

 監督や選手は、「シーズン初勝利」をするまで不安があると思いますが、それはファンも同じです。

 

 開幕戦を黒星で終えてしまうと、「最悪、このまま1勝もできずにシーズンが終わってしまったらどうしよう」と考えてしまったりします。

 

 もちろん、シーズン1勝もできないケースは過去に一度もないですが、確率としては0ではないので、ついそんなことを考えてしまいます。

 

 やはり、ファンとしては、「実際に1勝する」までは、安心できないのです。

 

 2020年シーズンは、コロナ禍により、当初は、開幕できるのかどうかすらわからない状態でした。

 

 それを考えると、試合結果はどうであれ、「試合を観れるだけ幸せ」と言うこともできます。

 

 しかし、せっかくスポーツ観戦をする以上は、できればひいきのチームに勝ってもらいたいものです。

 

 野球を観られない時期が長かったため、長らく「ひいきのチームが勝つ」という経験ができずにいました。

 

 しかし、今回のロッテのシーズン初勝利で、「ああ、やっぱり、ひいきのチームが勝ってくれるのは、格別に嬉しいものだな」と改めて感じました。

 

 コロナ禍においては、「ひいきのチームが勝ってくれる喜び」を、今まで以上に強く感じます。

 

 シーズンはまだ始まったばかりですが、こういった喜びを、なるべく多く味わいたいですね。

 

 ロッテの選手や監督・コーチの皆さん、色々大変な状況だと思いますが、なるべく沢山、勝利の場面を見せてもらえると、ファンとしては嬉しいです。

 

 今年のロッテは、補強もして、戦力も整ってきたので、例年以上に期待しています。

 

 頑張ってください!