しょうの雑記ブログ

ファッション、音楽、プロ野球、食べ物、おすすめの商品などについて書いたブログです。

和田康士朗選手、3安打・3盗塁の活躍!

f:id:bamen:20200817143018j:plain

出典:サンスポ https://www.sanspo.com/baseball/news/20200816/mar20081622070004-n1.html

 

 2020年の8月16日の千葉ロッテ対日本ハム戦の試合前、スタメン発表を見て驚きました。

 

 それは、千葉ロッテマリーンズの和田康士朗選手が「1番、センター」で出場することになっていたからです。

 

 和田選手は、これがプロ初スタメンです。

 

 しかも、下位打線ではなく「1番」というところに驚きました。

 

 和田選手については、足の速さは1軍でも通用していました。

 

 しかし、1軍ではヒットはなく、打撃はまだまだかなという印象でした。

 

 そのため、「果たして1番で大丈夫なのか?」という不安もありました。

 

 ただ、その一方で「結果が出なくても、良い経験になる」と思っていました。

 

 しかし、試合が始まってみると、和田選手が予想外に活躍します。

 

 そこで今回は、2020年の8月16日の千葉ロッテ対日本ハム戦での、和田選手の活躍についてまとめてみました。

 

 試合の模様

1回裏

 日本ハムの先発は、バーヘーゲン投手です。

 

 バーヘーゲン投手は、2m近い長身から、150km以上の速球を投げ込んでくる投手です。

 

 和田選手からすると、完全に格上の投手です。

 

 しかし、バーヘーゲン投手の初球をいきなりセンターに弾き返し、ヒットにします。

 

 これがプロ初ヒットです。

 

 そして、次のバッターの中村奨吾選手への初球、いきなり盗塁を仕掛け、成功します。

 

 これで一気に先制のチャンスです。

 

 その後、「2アウト2、3塁」になります。そこで井上晴哉選手が2点タイムリーヒットを放ち、ロッテが先制します。

 

3回裏

 和田選手、2回目の打席です。

 

 この回の先頭打者です。

 

 ライト前にヒットを放ちます。

 

 その後、また盗塁を試みて、成功します。

 

 その後、「1アウト1、3塁」から安田尚憲選手が犠牲フライを放ち、和田選手がホームに帰ってきます。これで、3対3で、ロッテが追いつきます。

 

5回裏

 この回も、和田選手が先頭打者です。

 

 バーヘーゲン投手のカーブを打ち、打球は1、2塁間を抜けて、ライト前ヒットになりました。

 

 3安打の猛打賞です。

 

 ここでもまた盗塁を試みますが、判定はアウトになります。

 

 しかし、井口監督がリクエストをすると、判定が覆り、セーフになります。

 

 この試合、3個目の盗塁を成功させました。

 

 「1アウト3塁」の場面で、マーティン選手に打席がまわってきました。

 

 3塁走者は和田選手です。

 

 マーティン選手は、ここでショートゴロを打ち、ショートがバックホームします。

 

 しかし、和田選手がヘッドスライディングで生還します。

 

 ショートのフィルダースチョイスで、4対3とロッテが勝ち越します。

 

 和田選手の足の速さによってもぎとった得点でした。

 

8回裏

 8回裏開始時点では、スコアは5対5の同点でした。

 

 日本ハムのピッチャーは、宮西投手です。

 

 「2アウト2塁」とチャンスを作り、田村選手に打席が回ってきました。

 

 そこで田村選手は、センターへ2塁打を放ち、6対5とロッテが勝ち越します。

 

 その後、「2アウト1、2塁」のところで、和田選手に打席が回ってきます。

 

 しかし、ここでは、残念ながら、空振り三振に終わりました。

 

9回表

 ロッテは、クローザーの益田選手がマウンドに上がります。

 

 見事、3者凡退に打ち取り、ロッテの勝利となりました。

 

ヒーローインタビュー

 8回に決勝打を放った田村選手と、3安打・3盗塁の活躍をした和田選手がヒーローインタビューに呼ばれました。

 

 田村選手は、和田選手が試合前に非常に緊張していたと話していました。

 

 和田選手自身も「緊張で、食べ物も喉を通らなかった」と言っていました。

 

 しかし、それほど緊張していたにも関わらず、見事活躍してヒーローインタビューを受けて、不思議な気分だったようです。

 

 プロ初ヒットのボールについては、「両親にあげたい」と話していました。

 

 初々しい、プロ初のヒーローインタビューでした。

 

 この試合のさらに詳しい情報を知りたい方は、下記のスポーツナビのページを見てみてください。

baseball.yahoo.co.jp

 

 パリーグTVが、この試合の和田選手の活躍をまとめています。

 

 動画を見たい方は、こちらをどうぞ。

 

 試合のダイジェストと、ヒーローインタビューの動画もあります。

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

 また、以前、和田康士朗選手についてまとめたブログ記事を書いているので、興味を持った方は、こちらの記事も読んでみてください。

 

www.bamentekiou.com

 

 

まとめ

 今回の試合は、本当に、和田選手の活躍が目立った試合でした。

 

 もし、この試合の1番が和田選手でなければ、ロッテは負けていたかもしれません。

 

 それくらい、良い働きをしていました。

 

 今回、3盗塁もしましたが、これは、クイックに難のあるバーヘーゲン投手が先発だったというのも影響したかもしれません。また、捕手の宇佐美選手も、それほどの強肩ではありません。

 

 しかし、それを差し引いても、警戒されている中で3盗塁をしたというのは、見事です。

 

 この試合の解説は、辛口で知られるロッテOBの有藤さんでしたが、有藤さんも、和田のプレーを褒めていました。

 

 和田選手は、ポテンシャルが高い選手なので、自分は、いつかは活躍する時がくると思っていました。

 

 しかし、プロ初スタメンでここまで活躍するとは、さすがに予想できなかったです。

 

 まだ21歳と若く、伸び盛りな選手なので、今後さらに成長して、もっと活躍してくれることを願っています。

 

 そして、年齢は若いですが、実はなかなかの苦労人です。

 

 高校入学時は陸上部で、野球部には入っていませんでした。

 

 高校卒業後は、独立リーグのチームに入団し、千葉ロッテから育成選手として指名されます。

 

 そこから地道に努力して、2020年の開幕前に、やっと支配下登録されました。

 

 こういった選手は、余計に応援したくなりますね。

 

 和田選手の今の売りは「足の速さと守備」です。

 

 しかし、打撃も非凡なものを持っています。

 

 思い切りよくしっかりと振り抜く打撃は、魅力的です。

 

 今後は、足と守備だけでなく、「走攻守」の全てが売りとなるような、より魅力的な選手になってもらいたいところです。