しょうの雑記ブログ

ファッション、音楽、プロ野球、食べ物、おすすめの商品などについて書いたブログです。

千葉ロッテマリーンズ、8連勝&同一カード6連勝

  プロ野球ではロッテを応援してますが、2020年シーズンは、ロッテが開幕ダッシュに成功しました。

 

f:id:bamen:20200620223525p:plain

出典:千葉ロッテマリーンズ・オフィシャルサイト https://www.marines.co.jp/

 

 

 6月28日のオリックス戦では、井口政権初の8連勝と、同一カード6連勝を果たしました。

 

 それを祝して、6月28日の試合を詳しく振り返っていきます。

 

 

千葉ロッテマリーンズ×オリックスバファローズ 6回戦

球場

ZOZOマリンスタジアム

 

試合開始時間

14時開始

デイゲーム

 

先発投手

千葉ロッテマリーンズ:美馬学

オリックスバファローズ:山本由伸

 

試合内容

 梅雨の時期で、雨天中止が心配されていましたが、14時前に雨も上がり、定刻通りに試合が始まりました。

 

 6月23日からロッテ対オリックスの6連戦が始まりましたが、この試合が始まる前は、ロッテがオリックスに5連勝していました。

 

 6連戦の最後は、「ロッテが6タテするのか、それともオリックスが意地を見せるのか?」と、注目が集まっていました。

 

 ロッテの先発は、楽天から移籍した美馬です。

 

 ロッテに移籍後、ZOZOマリンで投げるのはこれが初めてです。

 

 対するオリックスの先発は山本由伸です。

 

 山本は、若いながらも、日本のプロ野球を代表するようなピッチャーに成長しました。

 

 特に、前回登板した楽天戦で完璧なピッチングを見せていたため、試合前は、「勢いに乗るロッテでも、山本相手を打ち崩すのは厳しいのでは?」と見る人が多かったです。

 

1回表

 ロッテの先発の美馬は、不安定な立ち上がりでした。

 

 初回は、全体的に球が高めに浮いていました。

 

 先頭打者の中川に、いきなり二塁打を打たれます。

 

 安達をファーストゴロに打ち取りますが、ランナーが3塁に進みます。

 

 そして、吉田正尚がファーストゴロを打つ間に、3塁ランナーが生還しました。

 

 これで、0対1とオリックスが先制します。

 

 続くジョーンズがヒットを打ちます。

 

 そして、T-岡田が2ランホームランを打ち、0対3と、オリックスがさらにリードを広げます。

 

1回裏

 立ち上がりが不安定だった美馬に対して、山本由伸の立ち上がりは素晴らしかったです。

 

 荻野をセカンドフライに打ち取ると、続く福田光輝、清田を連続三振に仕留めました。

 

 オリックスがいきなり3点先制して、山本由伸の立ち上がりも素晴らしかったので、「さすがに、今日はオリックスが勝つか」という雰囲気になりました。

 

 しかし、試合はそう簡単にはいきませんでした。

 

2回裏

 レアードがヒットを打ち、マーティンもファーストT-岡田のエラーで出塁します。

 

 これで、無死2、3塁です。

 

 中村はショートフライで1アウトです。

 

 続く井上は、四球を選び、満塁となります。

 

 そして、田村が、しぶとくセンター前にヒットを打ち、2人が生還します。

 

 2対3と、ロッテが追い上げます。

 

3回裏

 先頭の荻野が2塁打を打ちます。

 

 福田光輝がセカンドゴロを打つ間に、ランナーが3塁に進みます。

 

 清田のショートゴロの間に、3塁の荻野がホームに帰り、3対3となります。

 

 これでロッテが同点に追いつきました。

 

4回裏

 先頭のマーティンと中村が打ち取られ、2アウトになります。

 

 井上が四球を選び、2アウト1塁となります。

 

 田村も四球を選び、2、3塁となります。

 

 続く藤岡がライトへのタイムリーヒットを放ち、4対3と、ついにロッテが勝ち越します。

 

6回裏

 レアードがショートフライで1アウトです。

 

 マーティンは、四球で1塁に歩きます。

 

 中村は、ライトフライで2アウトです。

 

 井上は、ヒットを放ち、1、3塁となります。

 

 井上にヒットを打たれた時点で、山本は降板します。

 

 山本にかわって、澤田が登板します。

 

 続く田村が、澤田からセンターへタイムリーヒットを打ち、5対3と、ロッテが突き放します。

 

7回表

 立ち上がりは悪かった美馬ですが、徐々に修正し、7回もマウンドに上がります。

 

 山足、後藤、中川を3者凡退に打ち取りました。

 

8回表

 先発の美馬にかわり、同じく楽天から移籍してきた小野がマウンドに上がります。

 

 しかし、この日の小野は、あまり良くありませんでした。

 

 先頭の安達にヒットを許すと、続く吉田に四球を与え、無死1、2塁となります。

 

 ジョーンズは、レフトフライに打ち取ります。

 

 しかし、続くT-岡田にタイムリーヒットを打たれます。

 

 一人ランナーが帰り、5対4とオリックスが追い上げます。

 

 ここでピッチャーが東條にかわります。

 

 東條は、ロドリゲスにタイムリーヒットを打たれ、5対5と、オリックスが追いつきます。

 

8回裏

 オリックスは、増井がマウンドに上がります。

 

 しかし、先頭のレアードに、スタンドギリギリに入るセンターへのホームランを打たれます。

 

 これで、6対5と、再びロッテが勝ち越します。

 

9回表

 東條にかわり、ジャクソンがマウンドに上がります。

 

 ロッテのいつものクローザーは益田ですが、この日はジャクソンがクローザーを務めました。

 

 これは、益田に休養を与えようという、ベンチの意図だと思います。

 

 この日のジャクソンは、素晴らしい出来で、特にスライダーが切れていました。

 

 伏見、後藤、中川を、三者連続空振り三振に仕留め、ゲームセットとなりました。

 

 6対5で、ロッテが勝ちました。

 

 ロッテが8連勝で、オリックスとの6連戦は、ロッテが全て勝つという結果になりました。

 

 ロッテベンチは、大盛り上がりです。

 

 それに対して、オリックスのジョーンズは、呆然とした表情になっていました。

 

 ちなみに、「さらに詳しい試合展開が知りたい」という方は、下記の、スポーツナビの試合結果のページを見てみてください。より詳しい情報が載っています。

 

baseball.yahoo.co.jp

 

まとめ

 今年のロッテは、補強もして「今年はちょっと違う」という雰囲気がありましたが、まさかここまでのスタートダッシュを決めるとは思いませんでした。

 

 しかも、「今の日本球界最高の投手」とも言われている山本由伸を打っての勝利です。

 

 オリックスの試合運びのまずさもありましたが、この試合を観て、改めて、「今年のロッテは、かなりいいところまで行くのではないか」と期待が持てました。

 

 まだシーズンが始まったばかりなので、このままの調子がずっと続くとは思いません。

 

 しかし、去年に比べてチーム力がアップしているのは間違いないので、これからも、また楽しませてくれそうです。

 

 今後も、引き続き、千葉ロッテを応援しています。

 

 選手の皆さん、怪我には気をつけて、頑張ってください!