しょうの雑記ブログ

ファッション、音楽、プロ野球、食べ物、おすすめの商品などについて書いたブログです。

千葉ロッテ、ホークスに3連勝して、貯金10!

 2020年の9月6日(日)の試合で、千葉ロッテは、ホークスに3連勝して、貯金10としました。

 

 これで、首位のホークスに0.5ゲーム差と迫りました。

 

 今回は、この試合を、詳しく振り返っていきます。

 

f:id:bamen:20200620223525p:plain

出典:千葉ロッテマリーンズ・オフィシャルサイト https://www.marines.co.jp/

 

 

 

福岡ソフトバンクホークス×千葉ロッテマリーンズ 12回戦

球場

PayPayドーム

 

試合開始時間

13時開始

デイゲーム

 

先発投手

福岡ソフトバンクホークス:石川柊太

千葉ロッテマリーンズ:二木康太

 

試合内容

1~4回

 1回から4回までは、両チームともに無得点でした。

 

 石川は、四球や死球でランナーを出しながらも、ロッテ打線をノーヒットに抑えていました。

 

 二木は、安定した投球で、こちらも得点を許しませんでした。

 

5回表

 試合が動いたのは、5回表です。

 

 先頭の田村に四球を与えると、続く藤岡が送りバントを決めます。

 

 その後、加藤が、センターへタイムリーヒットを放ちます。

 

 0対1と、マリーンズが先制します。

 

 これが、チーム初ヒットです。

 

 そして、2アウトになったところで、菅野に打席が回ってきます。

 

 菅野も、レフトにタイムリーヒットを放ち、0対2と、マリーンズがリードを広げます。

 

 その後、4番に座っている安田が打席に入ります。

 

 石川のカーブを見事にとらえ、右中間に2ランホームランを放ちます。

 

 これで、0対4と、マリーンズがさらにリードを広げました。

 

6回裏

 この回、ホークスも反撃します。

 

 「1アウト 1、3塁」から、中村晃がセンターへタイムリーヒットを放ちます。

 

 これで、1対4となります。

 

 さらに、ランナー「1、3塁」の状態で、柳田がツーベースを打ち、2対4と、さらにホークスが追い上げます。

 

9回裏

 マリーンズは、ハーマンがマウンドに上がります。

 

 本来、マリーンズのクローザーは益田ですが、前日まで3連投していたため、この日はハーマンがクローザーを務めました。

 

 吉井投手コーチが、4連投以上はさせないよう、しっかり管理しているようです。

 

 まず、先頭の松田から三振を取り、1アウトとなりました。

 

 続く川島には、四球を与えました。

 

 甲斐にかわり、上林が代打で出てきます。

 

 しかし、上林はセンターフライで、2アウトです。

 

 次も、川瀬にかわり、牧原が代打で出てきました。

 

 しかし、牧原もセンターフライで、ゲームセットとなりました。

 

 0対4で、マリーンズが勝ちました。

 

 さらに詳しい試合内容を知りたい方は、下記のスポーツナビのページを参照してください。

baseball.yahoo.co.jp

 

まとめ

 今回のホークスとの3連戦の前は、「2勝1敗で勝ち越せたら上出来」と思っていたので、3連勝したことについては、驚きました。

 

 そして、すごく嬉しかったです。

 

 去年から、千葉ロッテは、ホークスに対してすごく相性がいいですね。

 

 現在、千葉ロッテは、「荻野、種市、福田、西野、松永、レアード、田中靖洋」を怪我で欠いている状態です。

 

 特に、不動の1番バッターの荻野と、エース格の種市を欠いているのは、非常に痛いところです。

 

 しかし、これだけ主力メンバーを欠いている中で、貯金10で、首位と0.5ゲーム差の2位につけているというのは、大健闘といっていいでしょう。

 

 そして、今後、種市と荻野が怪我から復帰したら、さらに強くなるのではないでしょうか。

 

 まだまだ気が早いですが、今シーズンは、この調子が続けば、シーズン1位での優勝も夢ではないのではないでしょうか。

 

 千葉ロッテマリーンズのシーズン1位での優勝は、まだ実現していないので、今年こそは期待しています。

 

 コロナの影響もあり、大変なシーズンだとは思いますが、頑張ってください!

 

 これからも、応援しています。