しょうの雑記ブログ

ファッション、音楽、プロ野球、食べ物、おすすめの商品などについて書いたブログです。

ウーフォス「ウーオリジナル」

 今回は、おすすめのサンダルを紹介します。

 

 紹介するのは、「OOFOS(ウーフォス)」というブランドのサンダルです。

 

 まずは、ウーフォスがどのようなブランドなのかを説明します。

 

 

 

 

ウーフォスとは

 ウーフォスは、アメリカのフットウエアブランドです。一部シューズも出しているようですが、メインとなる商品は、サンダルです。

 

 ウーフォスのサンダルは、「リカバリーサンダル」というカテゴリーのサンダルです。

 

 「リカバリーサンダル」というのは、スポーツなどをした後、足が疲れた際に、足の疲れを回復させる目的で作られたサンダルです。そのため、とても履き心地が良いという特徴があります。

 

 スポーツ後の疲労回復を目的として作られたサンダルではありますが、とても履き心地が良いため、スポーツをやらない人にも、おすすめできるサンダルです。

 

 「足が疲れやすい」という方にも、適したサンダルだと思います。

 

ウーフォスのサンダルの特長

 ウーフォスのサンダルは、「素材」に大きな特長があります。

 

 このサンダルは、「ウーフォーム」という特殊素材を使って作られています。

 

 ウーフォームは、とても柔らかく、歩行時の衝撃を吸収してれるので、体にかかる負担を減らしてくれます。

 

 また、このサンダルは、「フットベッド」にも特長があります。

 

 「フットベッド」というのは、サンダルの中で、足裏が触れる部分です。

 

 ウーフォスのフットベッドは、人間工学に基づいて作られており、足裏にフィットする形になっています。

 

 土踏まず部分が盛り上がっており、足をしっかりと支えてくれるため、長時間履いても、疲れにくくなっています。

 

「OOriginal(ウーオリジナル)」について

 ウーフォスのサンダルには、いくつか種類があります。

 

 その中でも、個人的に特におすすめなのが、「OOriginal(ウーオリジナル)」というモデルです。

 

oofos.jp

 

 ここからは、ウーオリジナルというモデルを詳しく説明していきます。

 

 こちらは、トングタイプのサンダルになります。

 

 とてもシンプルなデザインのモデルです。

 

 そのため、様々な格好に合わせやすくて便利です。

 

 購入して、日常的に履いてみると、改めて、その履き心地の素晴らしさに感銘を受けました。

 

 今となっては、自分にとって、夏場に欠かせないサンダルとなりました。

 

 自分は、ウーオリジナルを2足所有しています。

 

 グレーとブラックのカラーを持っています。

 

 どちらも、合わせやすくて気に入っています。

f:id:bamen:20210802154610j:plain

ブラック

f:id:bamen:20210802154229j:plain

グレー

 

 これ以外にも、様々なカラーがあるので、自分の好きなカラーを選べるのも魅力です。

 

このサンダルのメリット

 ここからは、このサンダルのメリットについて説明していきます。

 

とにかく柔らかい

 このサンダルは、「柔らかさ」が一番の特徴だと思います。

 

 履いた瞬間、みんな、「うわ、これは柔らかい」と感じるはずです。

 

 このサンダルは「ウーフォーム」という、柔らかいゴムのような素材でできています。

 

 そのため、ソフトな肌触りが、とても気持ちいいサンダルです。

 

 この感覚は、ウーフォスのサンダル以外では、なかなか味わえないと思います。

 

柔らかいのに、しっかり支えてくれる

 ソールが柔らかいとなると、「ふにゃふにゃで、頼りないのでは?」と思う人もいるでしょう。

 

 しかし、ウーフォスのサンダルは、とても柔らかいにも関わらず、足をしっかりと支えてくれる感覚もあります。

 

 本来、「柔らかさ」と「足をしっかり支える」というのは、なかなか両立しづらいものです。

 

 しかし、ウーフォスのサンダルは、それがしっかりと両立できていると感じます。

 

 こういったところは、本当に素晴らしいです。

 

歩行時の衝撃を吸収してくれる

 このサンダルは、立っている時だけでなく、歩いていても、「優れたサンダルだな」と感じます。

 

 歩いている時も、ソールが衝撃をしっかり吸収してくれているのを実感します。

 

 普通、サンダルでアスファルトの上を歩くと、すぐに疲れてしまいます。

 

 しかし、このサンダルの場合は、なかなか疲れません。

 

 アスファルトの上を長時間歩いても、疲れにくいサンダルと言えます。

 

足指の間が痛くならない

 自分は、トングタイプのサンダルを履くと、足指の間がよく痛くなっていました。

 

 しかし、このサンダルは、「ウーフォーム」という素材がとても柔らかいため、トングタイプなのに、長時間履いても、足指の間が痛くなりません。

 

 そのため、「トングタイプのサンダルを履きたいけれど、足指の間が痛くなるのは嫌」という方にもおすすめです。

 

洗濯機で洗濯ができる

 このサンダルは、履き心地がいいだけではなく、「汚れた際に、洗いやすい」というメリットもあります。

 

 このサンダルは、なんと、「洗濯機で洗濯が可能」ということです。汚れても、洗濯機に入れて洗えばよいので、便利ですね。

 

 また、洗濯機だけでは汚れが落としきれなかったとしても、洗剤をつけて水洗いして、ブラシでこすれば、すぐに汚れが落ちます。

 

また、「ウーフォーム」は、濡れてもすぐに乾きます。

 

室内履きとしても使える

 ウーフォスのサンダルのソールは、とても柔らかいため、室内で履いてもフローリングを傷つけません。

 

 そのため、このサンダルは、「室内履き」としてもおすすめです。

 

 案外、室内履きを履いて過ごす時間というのは、1日の中でも長いものです。そのため、履き心地の良い室内履きを選ぶと、1日のうち、多くの時間を快適に過ごせるというメリットもあります。

 

 また、このサンダルは、ソールが柔らかいので、室内履きとして使っても、フローリングを傷つけることはありません。そういう意味でも、室内履きに向いています。

 

 そして、家で使うだけでなく、「会社の室内履き」として使うのも、いいと思います。

 

このサンダルのデメリット

 このサンダルには、メリットだけでなく、わずかながらデメリットもあります。

 

 そこでここからは、デメリットについても解説していきます。

 

真夏に履くと少し暑い

 ウーフォスのサンダルは、とても柔らかい素材で作られており、足裏にぴったりとフィットします。

 

 しかし、ぴったりとフィットしすぎるがゆえに、真夏に履くと、「フィットしすぎて、足裏が暑い」と感じます。

 

 ただ、メリットが非常に多いため、このデメリットも、そこまで気にはなりません。

 

価格がやや高い

 こちらのサンダルの定価は、6380円です。(2021年8月現在)

 

 これは、サンダルの中では、かなり高い部類だと思います。

 

 ホームセンターなどに行くと、これと似たような見た目のサンダルが1000円くらいで売っていたりします。

 

 そういうことを考えると、余計に「高いな」と感じると思います。

 

 そのため、「サンダルに高いお金はかけたくない」という方には向いていないかもしれません。

 

 しかし、個人的には、非常に履き心地が良く、耐久性も高いので、品質を考えると、この値段もそこまで高いとは思いません。

 

3年後の経年変化について

 ここまでは、このサンダルの「メリット」や「デメリット」について見てきましたが、ここからは、「ウーオリジナル」の経年変化について見ていきます。

 

 これからウーオリジナルを購入しようと思っている方は、「値段が高いけれど、すぐにダメになったりしないか?」ということが気になるでしょう。

 

 そこで、自分が履いているサンダルを用いで、経年変化の具合を詳しく見ていきます。

 

 自分は、2018年の6月に「ウーオリジナル」のブラックを購入しました。

 

 そこから、2021年の7月まで、約3年間履きました。

 

 全て室内での使用で、屋外では使用していません。

 

 冬場は履いていませんでしたが、夏場は、ほぼ毎日のように履いていました。

 

 しかし、それにもかかわらず、全体的には、大きな型崩れは見られません。

f:id:bamen:20210802154610j:plain

 

f:id:bamen:20210802154733j:plain

 

 アウトソールは、室内で使用しているためか、ほとんど減っていません。

f:id:bamen:20210802154807j:plain

f:id:bamen:20210802154837j:plain

 

 

 フットベッドの部分は、親指とかかとの部分の滑り止めが、一部すり減って無くなっています。

f:id:bamen:20210802155018j:plain

f:id:bamen:20210802155038j:plain

f:id:bamen:20210802154918j:plain

f:id:bamen:20210802154950j:plain

 

 

 それにより、新品の時よりも、若干、滑りやすくなっている気がします。

 

 また、新品の素材と比べると、履き込んだものの方が、明らかに柔らかくなっています。

 

 これは、履き比べると、はっきりとわかります。

 

 柔らかくなった分、足へのフィット感は、やや落ちた気がします。

 

 新品の方が、足にぴったりフィットする感じがありますが、履き込んだものだと、若干フィット感が落ちています。

 

 そのため、新品と履き比べると「新品の方が履き心地が良いな」と感じます。

 

 「より履き心地が良い方がいい」という方は、3年くらいで買い換えるのもありだと思います。

 

 新品を買ったら、古いサンダルはフリマアプリで売ればいいと思います。

 

 ただ、3年経過した後でも、まだまだ履ける印象です。

 

 「まだ履けるのに、新品を買うのはもったいない」と思う方は、そのままもう少し履き続けてもいいでしょう。

 

 「ウーオリジナル」は、3年経つと、履き心地がやや劣化していました。

 

 しかし、履き心地は少し落ちたとしても、サンダルで3年履いてもまだ履けるというのは立派です。

 

 3年使ってみて、改めて、「しっかりした物づくりをしているブランドだな」と感心しました。

 

 値段はやや高いですが、価格に見合った耐久性のあるサンダルだと思います。

 

まとめ

 ウーフォスの「ウーオリジナル」について詳しく解説してきましたが、いかがだったでしょうか。

 

 このサンダルは、わずかにデメリットはあるものの、総合的に見て、本当に素晴らしいサンダルだと思います。

 

 このサンダルは、パッと見は、安そうに見えます。

 

 そういった見た目のサンダルが、「6380円」と聞くと、「高い」と思う人もいるかと思います。

 

 しかし、そう思った人は、実際に履いてみてください。実際に履いてみると、あまりの履き心地の良さに、「6380円でこんなに履き心地の良いサンダルが買えるのなら、むしろ安い」と思うはずです。

 

 特に、疲れやすい方や、腰痛を持っている方にはおすすめです。

 

 今の時代は、様々なブランドが、履き心地の良いサンダルをリリースしています。しかし、ウーフォスのサンダルは、そんな中でも、群を抜いて履き心地の良いサンダルだと思います。こういった履き心地のサンダルは、他にはなかなかありません。

 

 「とにかく履き心地の良いサンダルが欲しい」と思っている方は、一度、ウーフォスのサンダルを試してみてはいかがでしょうか。

 

 カラーバリエーションも色々あるので、お金に余裕のある方は、色違いで持っていても良いと思います。