しょうの雑記ブログ

物事の考え方、ブログ運営、ファッション、プロ野球、音楽、食べ物などについて書いたブログです。

KEEN(キーン)のUNEEK(ユニーク)

 アウトドア系のファッションが好きな人から、絶大な人気を誇るフットウエアブランドがあります。

 

 それが、「KEEN(キーン)」です。

 

 KEEN(キーン)は、アメリカのフットウエアブランドです。

 

 主に、アウトドアで使用する靴やサンダルを手掛けています

 

 キーンの靴やサンダルは、人間工学に基づいて作られており、履き心地の良い作りになっています。

 

 また、新しい素材やデザインの開発にも積極的で、今までに見たことのないような革新的な商品を、次々と生み出しているブランドです。

 

 デザインも個性的で、デザイン面でも人気があります。

 

UNEEK(ユニーク)について

 そんなキーンの中でも、特に人気があるシリーズがあります。

 

 それが「UNEEK(ユニーク)」というシリーズです。

 

 ユニークの一番の特徴は「アッパーのデザイン」です。

 

 アッパーは、伸縮性のある、2本のポリエステル製のコードで編み込まれています。

 

 コードは、伸縮性があり、足の形にフィットします。

 

 そして、網目が大きいため、通気性もあります。

 

 こちらのアッパーは、機能的に優れていますが、「編み込みによる、独特なデザイン」も魅力です。

 

 コードの色を変えることで、様々な色の組み合わせが楽しめます。

 

UNEEK O2(ユニーク・オーツー)について

 このユニークのシリーズの中でも、自分が特におすすめするのが「オーツー」というモデルです。

 

 


送料無料 KEEN キーン メンズ サンダル ユニーク オーツー 靴 スニーカー スポーツ オープンエアースニーカー UNEEK O2 MEN KEE0081 国内正規品

 

 

 ユニークは、サンダルタイプのものが多いですが、「オーツー」の場合は、はかかとがあり、「靴とサンダルの中間」という雰囲気のモデルです。

 

ユニーク・オーツーのおすすめポイント

かかとがあるので、歩きやすい

 このモデルには、かかとがあります。

 

 そのため、サンダルタイプに比べ、かかとのフィット感が良くなっています。それにより、長時間歩く場合は、歩きやすくなっています。

 

ドローコードで、フィット感を細かく調整できる

 このモデルには、アッパーの中央部分に、「ドローコード」がついています。そのドローコードで、細かい調整ができるので、足にぴったりとフィットさせることができます。

 

サンダルタイプよりクッション性が良い

 自分は、「オーツー」を購入する際に、店頭で、サンダルタイプのものも履いてみたことがあります。

 

 サンダルタイプとオーツーは、ソールの素材が少し違っていました。そして、サンダルタイプより、オーツーの方がソールが厚く、クッション性が高くて、履き心地が良かったです。

 

 この、「クッション性の良さ」も、オーツーを購入する際に魅かれたポイントでした。

 

靴下を履いても、素足でも履ける

 このモデルは、靴下を履いても、素足でも着用できます。

 

 「素足だとまだ寒いかな」という時は靴下を履いて着用できます。

 

 逆に、「暑いので、素足で履きたい」と思った時は、素足で着用できます。

 

 このように、気温に応じて、靴下でも素足でも履けるところは良い点です。

 

 また、靴下を着用してから履くと、靴のような雰囲気になります。

f:id:bamen:20190701215023j:plain

 

 そして、素足で履くと、サンダルのような雰囲気になります。

f:id:bamen:20190701215055j:plain

このように、靴下を履く場合と素足で履く場合で、見た目の変化も楽しめます。

 

着脱しやすい

 こちらのモデルは、アッパー全体に伸縮性があるので、スリッポンのように履けます。

 

 さっと履けて、脱ぐ時もさっと脱げるので、脱ぎ履きが多い人にもおすすめです。

 

かかとを踏んで、サンダルのようにも履ける

 オーツーには、かかとはあるものの、芯は入っておらず、柔らかい素材です。そのため、かかとを踏んで、つっかけサンダルのようにも履くことができます。

 

 ただ、かかとを踏むと、「かかとが傷んでダメにならないのか?」と思う人もいるでしょう。

 

 しかし、自分は、かかとを頻繁に踏んで着用していますが、それでも、かかと部分がそれほど傷んだような様子はありません。かかとは、芯が入っていなくとも、しっかりした素材でできているので、踏んで着用しても問題はないと思います。

 

簡単に洗えて、乾きやすい

 こちらのモデルは、アッパーがポリエステル素材で、ソールがラバー素材です。

 

 そのため、汚れたら、気軽に洗うことができます。

 

 また、アッパーもソールも、乾きやすい素材なので、洗ってもすぐ乾くというメリットがあります。

 

自分が所有している、ユニーク・オーツーの紹介

 ユニークには、様々なカラーバリエーションがあります。

 

 カラフルなモデルが多いですが、自分はあえて「オールブラック」のシンプルなモデルを買いました。

f:id:bamen:20190701215142j:plain

f:id:bamen:20190701215208j:plain

f:id:bamen:20190701215228j:plain

 

 ユニークというのは、アッパーが編み込みになっていて、デザイン面のインパクトが強いモデルです。そのため、カラフルなモデルを選ぶと、デザイン的にゴテゴテしすぎるかなと思い、オールブラックを選びました。

 

 オールブラックを選んでも、編み込みのアッパーのデザインが程よく主張してくれるので、シンプルになりすぎることはありません。

 

 そして、オールブラックだと様々な服装に合わせやすいというメリットもあります。そのため、オールブラックを選んで正解だったなと思っています。

 

ユニークのサイズ選びのポイント

 ユニークは、全体的に、小さめの作りになっています。

 

 このシリーズは、フィット感が良いので、小さめのサイズを選んでしますと、締め付けられて、窮屈に感じる場合があります。

 

 そのため、サイズを選ぶ際は、普段のサイズから、1~2サイズ上げた方がいいと思います。

 

ユニーク・オーツーのデメリット

 ユニーク・オーツーは、非常に優れたモデルだと思いますが、わずかながら、デメリットもあります。

 

真夏に履くには、ちょっと暑い

 このモデルは、通気性は良いですが、フィット感が良いモデルです。ただ、フィットしすぎるせいか、真夏に履くと、「少し暑い」と感じます。

 

 また、「オーツー」の場合は、かかとが全て覆われるので、余計に暑さを感じます。そのため、真夏は、こちらのモデルではなく、もっと涼しいサンダルを履いた方がいいかもしれません。

 

価格がやや高い

 ユニーク・オーツーの定価は、「10,800円」です(2019年7月現在)。

 

 「サンダル」として考えると、「ちょっと高い」と思う人もいるかもしれません。

 

 ただ、値段はやや高めですが、耐久性もあり、長く履けるので、それほど極端に高いというわけではないと思います。

 

まとめ

 キーンのユニークについて説明してきましたが、いかがだったでしょうか。

 

 僕がおすすめする「オーツー」というモデルは、サンダルと靴の中間のようなモデルです。そのため、非常に汎用性が高いです。

 

 「サンダルのように通気性がいい方がいいけど、あんまりだらしなくなるのは嫌」という人におすすめです。「サンダルと靴の、いいとこ取りのモデル」なので。

 

 ユニークシリーズは、見た目が特徴的なので、見た目に魅かれて購入する人も結構いると思います。

 

 ただ、見た目だけでなく、機能性にも優れています。

 

 見た目も機能も素晴らしい「ユニーク・オーツー」は、非常におすすめのフットウエアです。

 

 気になった方は、近くの店舗で、実際に履いてみるといいと思います。実際に履いてみると、その素晴らしさに気づくはずです。