しょうの雑記ブログ

ファッション、音楽、プロ野球、食べ物、おすすめの商品などについて書いたブログです。

カインズ「フッ素コートはさみ」

 今回は、商品レビューを行います。

 

 レビューするのは、カインズの「フッ素コートはさみ」です。

 

f:id:bamen:20210614220945j:plain

f:id:bamen:20210614220959j:plain

f:id:bamen:20210614221051j:plain

f:id:bamen:20210614221034j:plain

f:id:bamen:20210614221014j:plain

 

 

www.cainz.com

 

 以前、このブログでカインズの「ステンレスはさみ」を紹介しました。

 

www.bamentekiou.com

 

 今回レビューする「フッ素コートはさみ」は、「ステンレスはさみ」の関連商品です。

 

 そのため、所々、「ステンレスはさみ」と比較しながらレビューをしていきたいと思います。

 

 ここからは、このはさみのメリットやデメリットについて、詳しく解説していきます。

 

 

 

 

メリット

テープなどを切ってもベタつかない

 こちらのはさみは、名前の通り、フッ素コートが施されています。

 

 そのため、テープなどのベタベタするものを切っても、ベタベタが刃に付きにくい仕様となっています。

 

 普段、テープなどのベタベタするものをよく切る方には、ありがたい機能だと思います。

 

手にフィットしやすい形状

 このはさみは、手に持った時に、手にフィットしやすい形状となっています。

 

 そのため、長時間使っていても、疲れにくくなっています。

 

 これは「ステンレスはさみ」と共通する点です。

見た目が大人っぽい

 こちらのはさみは、色はオールブラックになっています。

 

 このマットな黒の色味が、シックで良いと思います。

 

 部屋を黒ベースのシックなインテリアにしている方は、白の「ステンレスはさみ」よりも、真っ黒な「フッ素コートはさみ」の方が合うと思います。

 

価格が手頃

 こちらの定価は298円(税込)です(2021年6月現在)。

 

 フッ素コートが施されたはさみが300円以下というのは、なかなか安いと思います。

 

デメリット

 ここからは、このはさみのデメリットについても解説していきます。

 

開閉があまりスムーズではない

 こちらは、フッ素加工がされているせいか、開閉があまりスムーズではないように感じます。

 

 「ステンレスはさみ」の方は、非常に開閉がスムーズなので、それと比べると、余計にそう感じてしまいます。

 

 「なるべく開閉がスムーズなはさみが欲しい」と思っている方には、あまり向かないかもしれません。

 

「ステンレスはさみ」よりも100円高い

 このはさみは、298円で、価格はまずまず安いと思います。

 

 ただ、「ステンレスはさみ」が198円なので、それより100円高くなっています。

 

 そのため、「なるべく安くて、切れるはさみが欲しい」と思っている方には、「ステンレスはさみ」の方が良いのではないかと思います。

 

まとめ

 カインズの「フッ素コートはさみ」のレビューを行ってきましたが、いかがだったでしょうか。

 

 「日常的に、テープなどのベタベタするものをよく切る」という方は、このはさみを持っていても悪くないと思います。

 

 ただ、実際に使ってみると、「開閉がスムーズではない」というデメリットが、少し気になりました。

 

 持っているはさみがこれだけだと、開閉がスムーズでなくて、少しストレスを感じるかもしれません。

 

 そのため、このはさみ1本で全てまかなうということは、あまりおすすめしません。

 

 しかし、「サブのはさみ」として使う分には、悪くないと思います。

 

 日常的にテープなどのベタベタするものを切る機会が多い方の場合、「サブのはさみ」としてこちらを持っていても損はしないと思います。

 

 ただ、メインのはさみとして使うなら「ステンレスはさみ」の方が、個人的にはおすすめです。

 

 ベタベタするものを切る機会があまりない方は、「ステンレスはさみ」を買った方がいいと思います。