しょうの雑記ブログ

ファッション、音楽、物事の考え方、おすすめの商品、食べ物、プロ野球などについて書いたブログです。

ユニクロ「イージーテープベルト」

 ベルトのレビューをします。

 

 今回レビューするのは、ユニクロの「イージーテープベルト」です。

 

 2022年春夏シーズンにリリースされた商品です。

f:id:bamen:20220414224429p:plain

f:id:bamen:20220414224442p:plain

f:id:bamen:20220414224454p:plain

f:id:bamen:20220414224505p:plain

出典:ユニクロ公式オンラインストア


www.uniqlo.com

 

 

 

 

メリット

細かい調整ができる

 こちらのベルトは、ベルトの穴で大きさを調整するタイプではありません。

 

 ベルトの穴で大きさを調整するタイプのベルトだと、「ここの穴に合わせるときつい。でも、一つ大きくするとゆるい」という風になりがちです。

 

 しかし、このベルトは、穴がないタイプなので、微調整がきいて、ちょうどいい位置でベルトを留められます。

 

生地の風合いが良い

 このベルトは、本体部部分はポリエステル100%です。

 

 しかし、素材がポリエステルにもかかわらず、化学繊維特有の変な安っぽさがありません。

 

 パッと見は、綿100%のように見えます。

 

 ポリエステルの割に、なかなか生地の風合いが良いと思います。

色味が良い

 こちらのベルトは、「ブラック、ベージュ、オリーブ」「ブルー」の4色展開です。

f:id:bamen:20220414224643p:plain

ブラック

f:id:bamen:20220414224442p:plain

ベージュ

f:id:bamen:20220414224709p:plain

オリーブ

f:id:bamen:20220414224429p:plain

ブルー

出典:ユニクロ公式オンラインストア

 

 どの色も、良い意味で「少しくすんだ色味」です。

 

 少しくすんだ色味のため、ベルトが変に浮かず、コーディネートに馴染んでくれます。

 

 どの色を選んでも大きな外れはないですが、この4色の中では、個人的に、「BLUE(ブルー)」のカラーがイチオシです。

f:id:bamen:20220414224429p:plain

ブルー

出典:ユニクロ公式オンラインストア

 

 いわゆる「水色」といった感じの色味で、様々な色に合わせやすいです。

 

 それでいて、コーディネートの良いアクセントになってくれます。

 

 こういった「ちょうどいい水色」のベルトは、他になかなかない気がしま

 

幅が細いので、腰回りが楽

 このベルトの幅は「2.7cm」で、ベルトとしては細い部類です。

 

 幅が太いベルトだと、ベルトを締めた時に、ベルトでがっちり締められている感じがして、ちょっと不快に感じる場合があります。

 

 しかし、こちらのベルトは、幅が細いので、着用している時も、比較的、腰回りが楽です。

 

 「ベルトでウエスト部分をがっちり締めるのが苦手」という方には、良いベルトだと思います。

 

長いので、垂らしてベルトを見せることができる

 こちらのベルトの長さは「127.5cm」で、ベルトとしては長い部類です。

 

 長いので、ベルトの先を垂らして、ベルトを見せるという使い方ができます。

 

 ベルトがちらっと見えると、コーディネートの良いアクセントになります。

 

価格が安い

 こちらのベルトの価格は、990円(税込)です。(2022年4月現在)

 

 1000円でお釣りがくる価格というのは、なかなか安いのではないでしょうか。

 

 そして、価格が安い割に、品質はしっかりしている印象です。

 

 この辺は、「さすがユニクロ」といった感じです。

 

デメリット

幅が細いので、ホールド感がやや弱い

 前にも述べましたが、このベルトは、幅が細くなっています。

 

 幅が細いと、どうしても、太いベルトに比べると、腰回りのホールド感が弱くなります。

 

 そのため、「腰回りをベルトでがっちりホールドしたい」という方には、このベルトは向いていません。

 

 そういう方は、もっと太い他のベルトを探した方がいいでしょう。

 

まとめ

 ユニクロの「イージーテープベルト」のレビューを行ってきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

 若干のデメリットはあるものの、990円という価格を考えると、非常に良くできた商品だと思います。

 

 手頃な価格のベルトというと、「ガチャベルト」がパッと思い浮かびます。

 

 しかし、「ガチャベルト」と比べると、こちらベルトの方が良くできている感じがしました。

 

 そして、「ガチャベルト」は、どうしても子供っぽくなりがちですが、こちらのベルトは、もう少し大人っぽい印象です。

 

 ミリタリー風のバックル部分が、少し大人っぽさを出しているのかもしれません。

 

f:id:bamen:20220414224454p:plain

出典:ユニクロ公式オンラインストア

 

 そのため、「手頃な価格のベルトが欲しいけど、ガチャベルトは子供っぽくて嫌だな」という方にも、このベルトはおすすめです。

 

 こういった定番ではないタイプのベルトは、次のシーズンになったら廃番になっていることもあるので、気になった方は、買えるうちに買っておいた方がいいでしょう。

 

 価格が安いので、お金に少し余裕のある方は、「多色買い」をするのもありだと思います。

 

 「多色買い」をして、コーディネートに合わせてベルトを着けかえるのもおすすめです。