しょうの雑記ブログ

ファッション、音楽、物事の考え方、おすすめの商品、食べ物、プロ野球などについて書いたブログです。

ユニクロ「シャンブレー・ワークシャツ」(2022年春夏モデル)

 ユニクロの「シャンブレー・ワークシャツ」のレビューをします。

 

 2022年の春夏シーズンのモデルです。

 

 正式な商品名は「シャンブレーワークシャツ(長袖)」です。

 

f:id:bamen:20220413224149p:plain

出典:ユニクロ公式オンラインストア

 

www.uniqlo.com

 

 

 

 

メリット

生地の質感が良い

 ファストファッションブランドのシャンブレーシャツというのは、一般的に、生地を見て「生地感がイマイチ」と感じる場合が多いです。

 

 しかし、このシャンブレーシャツの場合は、一目見て、「生地の風合いがなかなか良いな」と感じました。

 

 昔のユニクロのシャンブレーシャツは、生地の風合いがイマイチなイメージでしたが、だいぶ生地感が改良されているように思います。

 

着丈がちょうどいい

 ユニクロのシャツは、昔から「着丈が長すぎる」と感じていました。

 

 しかし、このシャツに関しては、着丈が長すぎず、ちょうどいいです。

 

 着丈がちょうどいいと、重ね着をした時にも、ジャケットの下からシャツの裾が出すぎないので、コーディネートもしやすくなります。

 

「細すぎず、太すぎず」といったシルエット

 このシャツを着てみると、シルエットが「細すぎず、太すぎず」といった感じになっています。

 

 様々な人が着やすいシルエットだと思います。

 

 極端にタイトだったりオーバーサイズだったりするわけではないので、流行り廃りに関係なく、長く着られそうです。

 

薄い色と濃い色がある

 こちらのシャンブレーシャツは、薄いブルー濃いブルーの2色展開です。

 

f:id:bamen:20220413224352p:plain

f:id:bamen:20220413224415p:plain

出典:ユニクロ公式オンラインストア


 どちらも、なかなか良い色だと思います。

 

 ファストファッションブランドがシャンブレーシャツを出す場合は、1色しか展開していないことが多いです。

 

 しかし、ユニクロは2色展開しているので、好みに合わせて選べるが嬉しいです。

 

 また、この2色はどちらも合わせやすいので、2色買いして、コーディネートによって使い分けるのもありだと思います。

 

細部にもこだわっている

 こちらのシャツは、細部をじっくり見てみると、「なかなかこだわっているな」と感じます。

 

 「昔ながらのシャンブレーシャツのディテール」をうまく取り入れています。

 

 まず、所々、「3本針」が使われています。

 

f:id:bamen:20220413224526p:plain

f:id:bamen:20220413224543p:plain

出典:ユニクロ公式オンラインストア

 

 また、裾のサイドの部分には「マチ」と呼ばれる補強が付いています。

 

f:id:bamen:20220413224622p:plain

出典:ユニクロ公式オンラインストア

 

 ファストファッション系のシャンブレーシャツは、コストダウンのためにこういったディテールを省きがちですが、省かずに細部にまでこだわっている点は好印象です。

 

価格が手頃

 こちらの商品の価格は、2990円(税込)です。(2022年4月現在)

 

 これだけしっかり作られているシャツが約3000円というのは、なかなか安いと思います。

 

汚れをあまり気にせず着られる

 一般的に、シャツというのは、「汚れがつかないように気を付けながら着る」ということが多いです。

 

 しかし、シャンブレーシャツというのは、元々がワークウエアなので、汚れをあまり気にせずに着られるというメリットがあります。

 

 シャンブレー生地というのは、多少汚れても、極端に目立つ汚れでなければ、汚れが逆に「味」になってくれる場合もあります。

 

 そのため、「汚れを気にしないでシャツを着たい」という方には、シャンブレーシャツは凄くおすすめです。

 

まとめ

 ユニクロの「シャンブレー・ワークシャツ」のレビューを行ってきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

 ユニクロでは、シャンブレーシャツは「定番」としてずっとリリースされていました。

 

 しかし、これまでのユニクロのシャンブレーシャツは、「生地感がイマイチ」「着丈が長すぎる」「シルエットが野暮ったい」など、どこか気に入らない点がありました。

 

 しかし、2022年の初夏モデルのシャンブレーシャツは「生地感」「着丈」「シルエット」が良い感じで、目立った欠点はありません。

 

 ユニクロがこれまで出してきたシャンブレーシャツと比較すると、かなり良くできたシャンブレーシャツだと思います。

 

 もちろん、アメカジ復刻ブランドのシャンブレーシャツと比べると、見劣りする部分はあります。

 

 しかし、アメカジ復刻ブランドのシャンブレーシャツは大体1万円以上するのに対して、ユニクロの方は約3000円です。

 

 約3000円という価格を考えると、「この価格でこの完成度は凄い」と感心してしまいます。

 

 1着持っていても損はないアイテムだと思うので、「日常的に使えるシャンブレーシャツが欲しい」と思っている方には、非常におすすめです。

 

 クタクタになるまで着込んだりすると、味が出て、さらにかっこよくなると思います。