しょうの雑記ブログ

ファッション、音楽、プロ野球、食べ物、おすすめの商品などについて書いたブログです。

ユニクロの「ウルトラライト・ダウンシャツ」

 今回は、冬におすすめのインナーダウンについてです。

 

 紹介するのは、UNIQLO(ユニクロ)の「ウルトラライト・ダウンシャツ」です。

f:id:bamen:20201205214833j:plain

f:id:bamen:20201205214858j:plain

f:id:bamen:20201205214808j:plain

 

 

 この商品は、現行の商品ではありません。

 

 2015年にリリースされたモデルで、現在は、廃番です。

 

 そのため、新品で購入することはできません。

 

 しかし、とても優れたインナーダウンジャケットだと思うので、今回、ブログで紹介します。

 

 ここからは、このジャケットのメリットとデメリットについて解説していきます。

 

 

 

このジャケットのメリット

軽くて暖かい

 このジャケットは、表地と裏地はナイロン素材です。

 

 中綿にはダウンとフェザーが使われており、「ダウン90%、フェザー10%」と理想的な配合です。

 

 そのため、着ていてとても軽く、軽い割に暖かさを感じます。

 

首元が詰まっているので、首元から熱が逃げない

 最近は、様々なインナーダウンが出ています。

 

 インナーダウンの中には、首元が空いているものもあります。

 

 首元が空いていると、すっきりとは見えますが、首元から熱が逃げてしまうというデメリットがあります。

 

 しかし、このジャケットは襟付きのシャツタイプのため、首元が詰まっています。

 

 それにより、首元から熱が逃げません。

 

シャツタイプなので、きれいめな格好とも相性がいい

 こちらのジャケットは、アウターとしても着られますが、基本的には、インナーとして着ることを想定して作られた商品です。

 

 そして、このジャケットは、襟付きのシャツのようなデザインになっています。

 

 この「シャツのようなデザイン」が、インナーとして着る時に、とてもいいのです。

 

 最近は、真冬になると、「コートの下にインナーダウンを着る」という着こなしをしている人も多いと思います。

 

 しかし、インナーダウンにはカジュアルすぎるデザインの物が多いです。

 

 上品なコートを着る場合、中のカジュアルすぎるインナーダウンが見えてしまうと「コーディネートが台無し」になってしまうこともあります。

 

 しかし、このジャケットの場合は、襟付きのシャツタイプなので、中に来ているインナーダウンが見えても、上品な雰囲気を崩しません。

 

 また、カジュアルなアウターを着る場合でも、こちらのジャケットをインナーに着ると、少し上品な雰囲気がプラスされて、おしゃれに見えます。

 

すっきりしたシルエットの割に、窮屈感がない

 このジャケットは、シルエットがすっきりしていてきれいです。

 

 しかし、実際に着てみると、見た目以上にゆとりがあり、着ていてストレスを感じません。

 

 「すっきり見えるのに、着ていて楽」というのは、とてもいいと思います。

 

スナップボタンで、楽に脱げる

 こちらのジャケットは、フロントはボタン式ですが、ボタンは全てスナップボタンとなっています。

f:id:bamen:20201205214918j:plain

 

 そのため、通常ボタンと違い、脱ぐ時はボタンを引っ張るだけですぐに脱げるので、とても便利です。

 

ポケットが多く、収納力が高い

 このジャケットには、「胸ポケット1個、スラッシュポケット2個、内ポケット2個、計5個」のポケットがついています。

f:id:bamen:20201205215139j:plain

f:id:bamen:20201205215200j:plain

f:id:bamen:20201205215221j:plain

 

 インナーダウンの割に、とても収納力が高くなっています。

 

 そして、胸ポケットにはフラップがついていて、スラッシュポケットにはジッパーが付いているので、物を落としにくくなっています。

 

 こういった細かい工夫も、嬉しいポイントですね。

 

スタッフサックに入れて持ち運べる

 こちらのジャケットには、通常のウルトラライトダウンと同じように、スタッフサックが付いています。

f:id:bamen:20201205215300j:plain

 

 スタッフサックにジャケットを入れると、コンパクトに収納できます。

f:id:bamen:20201205215333j:plain

 

 これは、なかなか便利です。

 

 小さくしてカバンに入れて置けるので、寒くなってきた時にこちらのカバンから取り出して着ることもできます。

 

 また、室内に入って暑くなってきた時は、このジャケットを脱いで、スタッフサックに入れてカバンにしまうこともできます。

 

 

このジャケットのデメリット

 次に、多少ではありますが、デメリットもあるので、デメリットについても解説していきます。

 

袖口や裾にリブが付いていない

 こちらのジャケットは、シャツタイプになります。

 

 そのため、通常のインナーダウンと違い、袖口や裾にリブはついていません。

 

 それにより、袖口や裾から風を通しやすくなっています。

 

 通常のインナーダウンと比べると、若干防風性は落ちるかもしれません。

 

スナップボタンなので、前から風を通しやすい

 こちらは、秋であれば、アウターとして着ることもあると思います。

 

 アウターとして着ると、フロントがジッパーではなくスナップボタンのため、前から風が入ってきて寒い場合があります。

 

 ただ、インナーとして着る場合は、アウターにジッパー付きのものを着れば、前から風は通らなくなります。

 

まとめ

 ユニクロの「ウルトラライト・ダウンシャツ」を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

 

 こちらの商品は、デザイン・機能性ともに、とても優れた素晴らしい商品だと思います。

 

 ただ、現在は、廃盤なので、新品で購入できないのが残念なところです。

 

 そのうちまた、復活してほしいですね。

 

 ただ、新品では購入できませんが、ネットやリサイクルショップで探すと、中古で売っていることもあります。

 

 この記事を見て「欲しい」と思った方は、中古を探してみてください。