しょうの雑記ブログ

ファッション、音楽、物事の考え方、おすすめの商品、食べ物、プロ野球などについて書いたブログです。

ユニクロ+J 「ウールブレンドオーバーサイズシャツジャケット」

 2021年秋冬シーズンの「ユニクロ+J」の商品レビューをします。

 

 今回レビューするのは、「ウールブレンドオーバーサイズシャツジャケット」です。

f:id:bamen:20211201110107j:plain

出典:ユニクロ公式オンラインストア https://www.uniqlo.com/jp/ja/products/E446359-000/00?colorDisplayCode=08&sizeDisplayCode=004

 

www.uniqlo.com

 

 

 定価は14,900円(税込)です。

 

 

 

 

メリット

色味がシックで良い

 このジャケットは「ブラック」「ネイビー」「ダークグレー」の3色展開です。

f:id:bamen:20211201110308j:plain

「ブラック」 出典:ユニクロ公式オンラインストア https://www.uniqlo.com/jp/ja/products/E446359-000/00?colorDisplayCode=08&sizeDisplayCode=004

f:id:bamen:20211201110107j:plain

「ネイビー」 出典:ユニクロ公式オンラインストア https://www.uniqlo.com/jp/ja/products/E446359-000/00?colorDisplayCode=08&sizeDisplayCode=004

f:id:bamen:20211201110411j:plain

「ダークグレー」 出典:ユニクロ公式オンラインストア  https://www.uniqlo.com/jp/ja/products/E446359-000/00?colorDisplayCode=08&sizeDisplayCode=004

 

 どれもシックで、良い色味だなと感じました。

 

 その中でも、自分のイチオシは「ネイビー」です。

 

 上品な雰囲気のネイビーで、とても良い色味だと思います。

 

生地の肌触りが良い

 店頭で初めてこのジャケットを触った時、「肌触りがとてもいいな」と感じました。

 

 素材は「ウール69%、ナイロン29%、ポリエステル2%」とのことです。

 

 ウールが使われてはいますが、チクチク感は少なくなっています。

 

軽い

 こちらのジャケットは、薄手の生地が使われていて、とても軽い着心地です。

 

 裏地が付いていないので、それも軽量な理由の一つかもしれません。

 

 冬場のアウターは重いものが多いので、軽いというのは嬉しいポイントです。

 

ゆったりしていて着心地がいい

 こちらのアイテムは、商品名に「オーバーサイズ」とあることからもわかるように、ゆったりめの作りです。

 

 肩はドロップショルダーになっています。

 

 それにより、見た目にも力の抜けた雰囲気が出て、いい感じです。

 

 柔らかい素材で、シルエットもゆったりしているので、着心地がいいです。

 

 ウールのジャケットですが、リラックスして着られます。

 

「カジュアルさ」と「上品さ」の両方を兼ね備えている

 こちらのジャケットは、左胸と腰部分にパッチポケットが付いていて、「カバーオール」をベースにしたようなデザインになっています。

 

 「カバーオール」というのはワークウエアですので、カジュアルな要素が入ったアイテムと言えます。

 

 しかし、カバーオールのデザインでありながら、素材はウールが用いられているので「上品さ」も備わっています。

 

 そのため、カジュアルな格好にも、上品な格好にも、どちらにも合わせられます。

 

 そういった守備範囲の広さも、このジャケットの魅力です。

 

デメリット

生地が薄い

 このジャケットは生地が薄いため、保温性には劣る部分があります。

 

 また、裏地が付いていないため風も通しやすいです。

 

 正直、真冬に、これ1枚でしのぐのは厳しいです。

 

 ただ、シルエットはゆったりめなので、中に重ね着はしやすくなっています。

 

 そのため、真冬にこのジャケットを着る際は、中に「ナイロン素材のインナーダウン」を着ることをおすすめします。

 

 ナイロン素材のインナーダウンを中に着ると、「防風性」と「保温性」がアップするので、このジャケットの弱点を補えます。

 

デザインがシンプルすぎる

 このジャケットのデザインは、フロントにパッチポケットが3つ付いている程度で、とてもシンプルです。

 

 シンプルで着まわしやすいですが、中には、「シンプルすぎて物足りない」という人もいると思います。

 

 実際、何も考えずにこのジャケットを合わせると、「地味すぎる感じ」になる恐れもあります。

 

 このアイテムは、全身全てダークトーンでまとめてしまうと、少し物足りない印象になりがちです。

 

 そのため、このアイテムを着る場合は、差し色として、どこか1点、明るい色を入れることをおすすめします。

 

 「インナー」「マフラー」「帽子」「靴」などで差し色を取り入れるといいでしょう。

 

 そうした方が、よりおしゃれに着こなせると思います。

 

細身の着こなしには合わせづらい

 こちらのジャケットは、シンプルで着まわしやすいアイテムです。

 

 しかし、ゆったりめのサイズ感のため、「タイトシルエットの服ばかり着ている」という人にとっては、難しいアイテムです。

 

 スキニーパンツを合わせると、上下がチグハグな印象になって、イマイチな着こなしになってしまうこともあります。

 

 ただ、「スキニーパンツには絶対に合わない」という訳ではありません。

 

 あえてスキニーパンツを合わせて、「上下がアンバランスな面白さ」を出して、おしゃれに着こなせる人もいます。

 

 しかし、その難易度は、太身のパンツや標準の太さのパンツを合わせる場合に比べて、格段に上がります。

 

 そのため、自分としては、普段、細身の服ばかり着ている人には、このアイテムはあまりおすすめしません。

 

まとめ

 「ウールブレンド オーバーサイズシャツジャケット」のレビューをしてきましたが、いかがだったでしょうか。

 

 こちらのアイテムは、ネットで画像を見ただけだと、魅力が伝わりづらいアイテムだと思います。

 

 自分も、ネットで画像を見た時には「普通だな」と思い、あまりひっかからなかったです。

 

 しかし、実際に店頭で見て、羽織ってみると「これはすごくいい」と思いました。

 

 そのため、気になった方は、店頭で試着してみることをおすすめします。

 

 実際に着てみると、だいぶ印象が変わるはずです。

 

 こちらは、「素材」と「シルエット」が素晴らしいアイテムです。

 

 商品名には「ジャケット」とありますが、ジャケットというより、軽量なウールのコート感覚で羽織れるアイテムです。

 

 値段も1万円台中盤なので、手の出しやすい価格だと思います。

 

 「シンプルで、ゆったりしていて、大人っぽいコートが欲しい」と思っている方は、是非チェックしてみてください。