しょうの雑記ブログ

ファッション、音楽、プロ野球、食べ物、おすすめの商品などについて書いたブログです。

モンベル「U.L.サーマラップ・パーカ」

 最近、近所のショップで、アウトドア系のジャケットを見ていたのですが、すごく良いジャケットを見つけたので紹介します。

 

 mont-bell(モンベル)の「U.L.サーマラップ・パーカ」です。

webshop.montbell.jp

 

f:id:bamen:20201123221355j:plain

出典:モンベル公式オンラインショップ https://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1101538

 

 こちらは、中綿入りのフード付きジャケットになります。

 

 ショップで見て、まず「黒にオレンジのラインという、カラーリングがいいな」と思いました。

 

 そして、実際に羽織ってみると、軽くて着心地も良く、「これは素晴らしい」と感じました。

 

 ここからは、このジャケットについて、詳しく見ていきます。

 

 

おすすめポイント

見た目が良い

 このジャケットは、いくつかカラー展開がありますが、「黒にオレンジのライン」のカラーが圧倒的におしゃれだと思います。

f:id:bamen:20201123221355j:plain

出典:モンベル公式オンラインショップ https://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1101538

 

 胸に入ったオレンジのラインが差し色になって、黒ベースのカラーでも重くなりすぎません。

 

 そして、胸に「mont-bell」のロゴが白ベースのカラーで入っているのも、良いカラーバランスだと思います。

 

 こちらのジャケットは、本来は山用に開発されたものです。

 

 しかし、このカラーリングは、街で着てもおしゃれだと思います。

 

 モノトーン系のファッションに、よく合います。

 

 また、アウトドアブランドのアイテムの割にはすっきりしたシルエットなので、街でもスタイリッシュに着られます。

 

軽い

 こちらのジャケットは、羽織ってみると、まず「軽い」という印象を持つと思います。

 

 商品の平均重量は、わずか252gとのことです。

 

 冬場のジャケットは、重くなりがちなので、軽いのは嬉しいポイントです。

 

軽い割に丈夫

 軽いジャケットの場合、どうしても「耐久性」が低くなることが多いです。

 

 軽さを追求するため、薄い生地を使うと、どうしても耐久性は落ちる傾向があります。

 

 しかし、このジャケットは「バリスティック・エアライト」という素材を使っており、軽い割には強度もあって丈夫です。

 

暖かい中綿を使っている

 こちらのジャケットの中綿には、モンベルが独自開発した「エクセロフト」という素材が使われています。

 

 この中綿は、3種類の繊維をブレンドしており、それにより空気をたっぷり含むことができるようです。

 

 そのため、化繊の中綿の中では、だいぶ暖かいようです。

 

 ただ、正直、暖かさで言うと、ダウンの方が上だと思いますが。

 

 また、このジャケットは、そこまで沢山中綿が入っているわけではないので、真冬に着るには厳しいかもしれません。

 

 ただ、関東地方で着る場合、12月くらいまでなら、このジャケットで十分いけると思います。

 

 「エクセロフト」についてさらに詳しく知りたい方は、下記のページを参照してください。

www.montbell.jp

 

濡れても保温性が低下しづらい

 ダウンジャケットは、とても暖かいのですが「水に弱い」という弱点があります。

 

 水に濡れると、ダウンがぺしゃんこになり、保温力が一気に低下してしまうのです。

 

 しかし、このジャケットに使われている「エクセロフト」は、吸水しないため、濡れても中綿がぺしゃんこになりません。

 

 そのため、濡れても、暖かさをキープできます。

 

 冬場に急な雨が降っても、このジャケットならば安心できます。

 

ストレッチがきいていて、動きやすい

 こちらのジャケットは、外側の生地に、ストレッチ性のある素材を使っています。

 

 そしてなんと、中綿の素材も、ストレッチ性があるようです。

 

 外側も中綿もストレッチ性のある素材を使っているため、非常に動きやすくなっています。

 

透湿性がある

 中綿ジャケットの場合、「蒸れる」製品は結構多いです。

 

 透湿性が低い製品だと、ジャケットの内部が蒸れて、着ていて不快になることがあります。

 

 しかし、このジャケットは、透湿性が高いため、運動して体が汗をかいても、その湿気を外に逃がしてくれます。

 

 この機能は、山だけでなく、街で着るのにも重宝します。

 

 街で中綿ジャケットを着る場合、外は寒くてちょうどよくても、暖房の入った電車内に入った瞬間、蒸れて急に暑くなることはよくあります。

 

 そして、電車内が込んでいると、ジャケットをなかなか脱げず、汗だくになることもあります。

 

 そんな時でも、このジャケットを着ていれば、湿気を逃がしてくれるので、電車内でも暑くなりすぎません。

 

洗濯機で洗うことができる

 中綿入りジャケットの場合、「洗濯」が悩みの種だったりします。

 

 頻繁に着ていると、汚れでくるので、どうしても洗いたくなります。

 

 しかし、洗濯機で洗えなかったりすると、面倒で洗わずに過ごしてしまったりします。

 

 ただ、そうなると、不衛生で、良くありません。

 

 しかし、このジャケットの場合、嬉しいことに、洗濯機で洗うことができます。

 

 洗濯機で気軽に洗えれば、洗濯回数も増え、清潔さをキープできます。

 

 洗濯機で気軽に洗えるというのは、かなり嬉しいポイントです。

 

値段が手頃

 こちらの定価は、12,200円+税です。(2020年11月現在)

 

 アウトドアブランドの中綿入りジャケットで、1万円台前半の価格というのは、非常に安いと思います。

 

 そして、値段が安い割にしっかりした作りなのは、「さすがモンベル」といったところです。

 

 非常にコストパフォーマンスに優れたジャケットだと思います。

 

まとめ

 モンベルの「U.L.サーマラップ・パーカ」を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

 

 こちらのジャケットは、値段が安い割に、見た目も良く機能性に優れた良い商品だと思います。

 

 モンベルの商品は、毎年同じ製品がリリースされることが多いですが、年によって、微妙にカラーが変わったりします。

 

 おそらく、この商品自体は、来年もリリースされると思いますが、「黒にオレンジのライン」のカラーがまたリリースされるかわかりません。

 

 ですから、このカラーが気に入った方は、来年になって「あのカラーが欲しかったのに」と後悔しないよう、今年買っておくことをおすすめします。