しょうの雑記ブログ

物事の考え方、ブログ運営、ファッション、プロ野球、音楽、食べ物などについて書いたブログです。

幸楽苑の中華そば

 今回は、ラーメンについてです。


 最近は、様々なラーメン屋があり、色々なメニューが置いてあります。


 そのため、ある程度の金額を出せば、おいしいラーメンは、食べられます。 

 

 しかし、「値段が安いけれど、おいしいラーメン」を探すと、なかなかいいものがなかったりします。


 値段が安いと、どうしても味がチープになり、おいしいと思えないものも多いです。
 そこで今回は、自分が思う、「コストパフォーマンスが一番高いラーメン」を紹介します。


 自分が一番コストパフォーマンスが高いと思うのは、「幸楽苑の中華そば」です。
 ここからは、幸楽苑の中華そばについて、詳しく説明します。

 

f:id:bamen:20191114213237j:plain

 

スープについて

 スープは、醤油味で、あっさりした味つけです。あっさりしてはいますが、ダシがきいていてコクもあるので、あっさりしすぎて物足りない感じはありません。


 油の量も、あまり多くなく、飲みやすいスープです。


 非常に、バランスのいいスープだと思います。

 

 麺について

 麺は、「多加水麺」を使用しており、水分が多く、モチモチしています。


 太さは中太で、縮れ麺です。


 食べていて、モチモチした食感が心地よい麺です。

 

 

具材について

 具材は、「ねぎ、メンマ、チャーシュー、なると」が入っています。


 チャーシューは、薄切りのチャーシューです。


 具材で地味に嬉しいのが、「なると」です。最近のラーメンには、なるとはあまり入らなくなっています。しかし、なるとが入ると、見た目が「どこか懐かしい雰囲気」になります。


 なるとが入っていると、味以上に、「ラーメンの見た目」がいい雰囲気になるので、僕は好きです。

 

f:id:bamen:20191114213311j:plain

値段

 このラーメンの一番の売りは、「値段だと思います。2019年11月現在で、値段は、税込で「440円」になります。


 このラーメンは、食べてみると、「麺、スープ、具材」のバランスが良く、全体的にクオリティの高いラーメンだとわかります。


 そんなラーメンが、440円という、ワンコイン以下で食べられるのは衝撃的です。


 正直、もっと高い値段を出せば、もっとおいしいラーメンは食べられるでしょう。


 しかし、「440円以下」の値段で、これだけクオリティの高いラーメンを出しているところは、他にないと思います。

 

まとめ

 幸楽苑の中華そばは、「昔ながらの中華そば」といった雰囲気で、食べると「懐かしい」と感じられる、おいしいラーメンです。


 値段が440円と破格ですし、チェーン店ですので、全国で食べられます。
 「昔ながらのシンプルな醤油ラーメンが食べたい」と思ったら、一度、幸楽苑の中華そばを食べてみてはいかがでしょうか?


 「チェーン店だし」と、軽く見る人もいるかもしれませんが、一度このラーメンを食べてみると、コストパフォーマンスの高さに驚くと思いますよ。


 おすすめのラーメンです。