しょうの雑記ブログ

物事の考え方、ブログ運営、ファッション、プロ野球、音楽、食べ物などについて書いたブログです。

大人っぽく着こなすための、ボーダー柄の選び方

 季節は、夏に近づいてきて、気温も段々と上がってきました。

 

 夏になると、「ボーダー柄を着たくなる」という人も多いと思います。自分自身も、ボーダー柄は好きで、よく着ます。

 

 ボーダー柄というのは、夏の定番の柄です。夏が近づくと、様々なブランドから、ボーダー柄のシャツが出ます。

 

 ボーダー柄というのは、シンプルな柄ではあるものの、インパクトのある柄です。そして、色の組み合わせによって、印象を大きく変えることができます。

 

 ボーダー柄は、「手軽に取り入れられる割に、インパクトがある」ので、非常に人気があります。

 

 ただ、ある程度の年齢になると、ボーダーをあまり着なくなる人もいます。それは、ボーダー柄を取り入れると、「子供っぽくなりがち」だからです。ボーダー柄というのは、インパクトがあるため、大人っぽく着ることが難しいです。そのため、段々着なくなっていったりするのでしょう。

 

 ただ、大人でも「ボーダー柄が好きで、大人っぽく着たい」と思う人もいるでしょう。

 

 ボーダー柄というのは、確かに子供っぽくなりがちです。ただ、いくつかの点に注意してボーダー柄を選ぶと、大人っぽくボーダー柄を着こなすことができます。

 

 そこで今回は、「大人っぽく着こなすための、ボーダー柄の選び方」について解説していきます。

 

インパクトのある色は避ける

 当たり前ではありますが、「赤」「黄色」「ピンク」「オレンジ」などのインパクトのある色を選ぶと、子供っぽくなります。

 

 そのため、ボーダー柄を大人っぽく着こなしたいなら、インパクトのある色は避けて、落ち着いた色を選びましょう。

 

 一例として、自分が持っているボーダーTシャツを取り上げます。

 

 発色の良いグリーンと、白のボーダー柄です。

f:id:bamen:20190620214251j:plain

 グリーンがややインパクトがあるので、少し子供っぽい印象のボーダー柄となっています。

 

トーンが近い色同士のボーダー柄を選ぶ

 トーンが近い色同士のボーダー柄を選ぶと、ボーダー柄のコントラストが薄くなるため、大人っぽく着こなせます。

 

 いくつか、例を挙げます。

 

黒と紺のボーダー柄

f:id:bamen:20190605195435j:plain

 

紺とダークブルーのボーダー柄

f:id:bamen:20190620214443j:plain

 

白とグレーのボーダー柄

f:id:bamen:20190620214519j:plain

 

水色とベージュのボーダー柄

f:id:bamen:20190620214559j:plain

 

ライトグリーンと白のボーダー柄

f:id:bamen:20190620214704j:plain

 

 どうでしょうか。どれも、落ち着いていて、大人っぽく着こなしやすい色の組み合わせになっていると思います。

 

幅の細いボーダー柄を選ぶ

 ボーダーというのは、「幅の太さ」によっても、印象が大きく変わります。

 

 細い幅のボーダーを選ぶと、大人っぽい印象になります。

 

太幅のボーダー柄

f:id:bamen:20190620214251j:plain

f:id:bamen:20190620214519j:plain

 

細幅のボーダー柄

f:id:bamen:20190620214443j:plain

f:id:bamen:20190620214829j:plain

f:id:bamen:20190620214704j:plain

 

 見比べてみると、細幅のボーダー柄の方が、大人っぽい印象になっていると思います。

 

まとめ

 「大人っぽく着こなすための、ボーダー柄の選び方」について解説してきましたが、いかがだったでしょうか。

 

 「インパクトのある色は避ける」、「トーンが近い色同士のボーダー柄を選ぶ」、「幅の細いボーダー柄を選ぶ」といったポイントを押さえておけば、大人っぽく着こなせるボーダー柄を、すっと選べると思います。

 

 「ボーダー柄は、若い人の柄」という先入観があるかもしれませんが、そんなことはありません。大人に似合う、大人っぽいボーダー柄というのも沢山あります。

 

 自分の年齢に合わせて、その時の雰囲気に合うボーダー柄を選ぶのも楽しいと思います。これから、夏本番になりますから、ある程度年齢が上がってきたとしても、臆せずに、ボーダー柄のシャツをどんどん着こなしていきましょう!