しょうの雑記ブログ

物事の考え方、ブログ運営、ファッション、プロ野球、音楽、食べ物などについて書いたブログです。

ユニクロとEGのコラボ・ポロシャツのセルフ・リメイク

 先日、ユニクロとEngineered Garments(エンジニアード・ガーメンツ)のコラボ・ポロシャツを購入しました。

 

www.uniqlo.com

 

www.bamentekiou.com

 

 デザインは気に入っているのですが、1つ気になる点がありました。

 

 それは、「襟の肌触りが気になる」という点です。

 

 襟の素材がごわごわしているので、着ていると、どうしても首元の肌触りが気になってしまいます。

 

 そうなると、デザインが気に入っていても、積極的に着ようという気が起きません。

 

 「なんとかならないかな」と考えてみました。

 

 そこで、「だったら襟を切ってしまってもいいのではないか?」という考えが浮かびました。

 

 ただ、最初は「失敗したら嫌だな」と思いました。しかし、よく考えてみれば、この商品の値段は3000円程度です。「3000円程度なら、失敗してもいいか」と思い、襟をカットしてみました。

 

 その結果がこちらです。

 

セルフ・リメイク前と、後の比較

セルフ・リメイク前

 こちらが、セルフ・リメイク前の写真です。

f:id:bamen:20190605195435j:plain

 

セルフ・リメイク後

 そして、こちらが、セルフ・リメイク後の写真です。

f:id:bamen:20190617190042j:plain

f:id:bamen:20190617190106j:plain

f:id:bamen:20190617190126j:plain

f:id:bamen:20190617190146j:plain

 

 襟をカットしたことで、ポロシャツというより、ヘンリーネックTシャツのような雰囲気になりました。

 

 パッと見ても、あまりデザインの違和感は感じません。

 

 このポロシャツは、袖口にリブがついていないので、よりTシャツっぽくなっていると思います。

 

 実際に着てみると、襟部分の肌触りも気にならなくなりました。

 

 また、襟をカットしたことで、見た目もすっきりして、重ね着もしやすくなりました。

 

 ポロシャツというのは、襟がついているので、上に襟のついたものを重ね着しづらい傾向があります。

 

 しかし、襟をカットすると、上に襟付きのシャツを重ね着することもできます。それにより、コーディネートの幅が広がりました。

f:id:bamen:20190617190224j:plain

f:id:bamen:20190617190245j:plain


 

 このセルフ・リメイクは、自分的には大成功で、満足しています。

 

まとめ

 「ポロシャツの襟をカットする」というリメイクは、簡単ではあるものの、効果は絶大で、服の雰囲気が一気に変わります。

 

 「襟のデザインが気に入らない」とか、「襟の肌触りが好きではない」というポロシャツがあったら、思い切って切ってしまうと、すごく良くなることもあります。

 

 ただ、失敗する可能性もあるので、「失敗しても惜しくない服」でやるのがいいでしょう。

 

 洋服というのは、ちょっとしたセルフリメイクを加えるだけで、ぐっと自分好みの1着になることがあります。

 

 そのため、「ここが気に入らない」という服があれば、積極的にセルフ・リメイクをしてみるといいでしょう。