しょうの雑記ブログ

物事の考え方、ブログ運営、ファッション、プロ野球、音楽、食べ物などについて書いたブログです。

洋服のサイズは、「1サイズアップ」がおすすめ

 みなさん、洋服を選ぶ時「サイズ選び」はどうしているでしょうか?

 

 洋服というのは、同じ洋服でも、「サイズ」によって、着心地や見え方が大きく変わってきます。そのため、「サイズ選び」というのは非常に重要です。そのため、今回は「洋服のサイズ選び」について語っていきたいと思います。

 

1サイズダウン

 見た目を重視して、「1サイズダウン」のタイトなサイズの洋服を着ている人もいるでしょう。1サイズダウンの服を着ると、体のラインは細く見えて、見た目は良くなります。

 

 ただ、服をサイズダウンして着ると、「窮屈さ」と「動きにくさ」というデメリットが生じます。

 

 服というのは、常に身に着けているものです。活動する際に、常に「窮屈だ」とか、「動きにくい」などと感じているのは、ストレスになります。また、体を締め付けると、健康にも良くありません。

 

 サイズダウンした服を着ると、「見た目が良くなる」というメリットはあるものの、デメリットが多くなります。そのため、服をサイズダウンして着ることは、あまりおすすめできません。

 

ジャストサイズ

 洋服を選ぶ際に、「ジャストサイズを選ぶようにしている」という人は、一番多いと思います。

 

 洋服を買いに行って、色々なサイズを試着すると、店員に「これがお客様にとってはジャストサイズですよ」と言われたりするでしょう。しかし、店員に勧められたジャストサイズも、着た状態で色々動いてみると、「結構、窮屈だな」と思ったことはないでしょうか。

 

 「ジャストサイズ」は、「体にピッタリのサイズ」ということです。しかし、体にピッタリということは「ゆとりがない」ということにもなります。ピッタリすぎてゆとりがないと、窮屈さを感じるものです。そのため、ジャストサイズの服も、長時間着用したり、動く機会が多かったりすると、案外ストレスを感じるものです。

 

2サイズアップ

 「2サイズアップ」の、かなり大きめの服についてです。

 

 2サイズアップすると、ゆとりができて、体を締め付ける感じはなくなります。しかし、2サイズアップした大きい服を着ると、「体にフィットしない」という問題が出てきます。

 

 ボトムスなどは、ベルトで締めたとしても、ずり落ちやすくなります。

 

 また、袖も長くなりすぎるので、それがうっとおしくなったりします。

 

そして、見た目も「だらしなく見える」というデメリットも生じてきます。

 

 こういったことから、「2サイズアップ」の大きすぎる服というのも、あまりおすすめできません。

 

1サイズアップ

 洋服のサイズ選びで、自分がおすすめするのは「1サイズアップ」です。普段、Sサイズがジャストの人はMサイズ、Mサイズがジャストの人はLサイズという風に、1サイズ上げて選んでみるのです。

 

 「1サイズアップ」の服を着ると、「程よいゆとり」ができます。それにより、締め付け感もなくなり、動きやすくなります。また、「1サイズアップ」であれば、2サイズアップに比べて、ある程度のフィット感も保たれます。

 

 見た目は、「ちょっと大きいかな」といった印象になります。しかし、1サイズアップする程度であれば、「大きすぎる」といった印象は持たれないはずです。

 

 そして、「程よく力の抜けた感じ」を出すことができます。

 

 ファッションというのは、「頑張りすぎている感じ」が出てしまうと、どこか痛々しい感じがして、オシャレだとは思えなかったりします。それを防ぐためには、「程よく力の抜けた雰囲気」を出す必要があります。

 

 そういった、「程よく力の抜けた雰囲気」を出すには、「1サイズアップ」のサイズ感がぴったりなのです。

 

 「1サイズアップ」の服を選ぶと、機能的に、「体を締め付けない」「動きやすい」といったメリットがあります。

 

 そして、見た目的にも「程よく力の抜けたオシャレさ」を出せるというメリットもあります。

 

まとめ

 洋服のサイズの好みは、人それぞれなので、「絶対にこれがいい」と言うことはできません。

 

 「どうしても見た目を良くして、シャープな雰囲気を出したい」という人は、1サイズダウンした服を選べばいいでしょう。

 

 また、「ヒップホップ系の雰囲気が大好きだから、2サイズアップしてルーズに着たい」というこだわりがある人は、2サイズアップの服を選べばいいでしょう。

 

 ただ、「1サイズアップ」を選んでおくと、色々な面でメリットがあるので、自分としては、「1サイズアップ」をおすすめします。

 

 ファッションというのは、あまり頑張りすぎると、そのうち疲れてしまいます。服というのは、常に身に着けているものですし、この先もずっと付き合っていくものです。

 

 そのため、「1サイズアップ」の服を選んで、楽に服を着ていった方が、今後も、うまく服と付き合っていけるのではないかと思っています。