場面緘黙症だった僕の、その後の人生

小学校時代に場面緘黙症を経験。社会に出た後も、仕事になじめずに苦しむ。社会にうまく適応できないという悩みあり。このブログが、同じような悩みを持っている方の参考になれば幸いです。

鶏ささみ肉をゆでて、冷蔵庫で保存する方法(ダイエット中の人や、筋トレをしている人におすすめ)

 最近は、「健康に気を使って、ダイエットをしている」という人も多いでしょう。そして、ダイエットには食事も重要です。ダイエットをしている人がよく食べている食品が「鶏ささみ肉」です。

 

 ただ、「鶏ささみ肉」と聞いて、「鶏のどこの部位なんだろう?」と、ピンとこない人もいるでしょう。「鶏ささみ肉」は、「胸肉のさらに内側についている肉」です。鶏ささみ肉は、「高たんぱくで、脂質が少なく、カロリーが少ない」ので、ダイエットに適している食品と言えます。また、「筋トレをしている人」にも人気の食材です。高たんぱくで脂質が少ない食材なので、筋トレをした後にささみ肉を食べると、筋肉がつきやすくなります。

 

 しかし、「鶏ささみ肉がいいと言われも、どうやって調理すればいいんだ?」と思う人もいるでしょう。また、「毎日、鶏ささみ肉を調理するのがめんどくさい」と思う人もいるはずです。

 

 そんな人には、「鶏ささみ肉をゆでて、冷蔵庫で保存しておく」方法をおすすめします。鶏ささみ肉は、ゆでて冷蔵庫に入れておけば、3日くらいはもちます。

 

 そして、何か料理を作った際には、冷蔵庫から鶏ささみ肉を出して、料理に入れてしまえばいいのです。鶏ささみ肉は、クセのない味なので、大抵の料理に合います。だから、作った料理に適当に鶏ささみ肉を入れても、そこそこおいしく食べられます。

 

 また、鶏ささみ肉は、塩やしょうゆをかけて、単体で食べることもできます。単体で食べるのも、素材の味がはっきりわかって、なかなかいいものです。

 

 このように、鶏ささみ肉を茹でて冷蔵庫に常備しておけば、毎回、鶏ささみ肉を調理する手間が省けます。そうすることで、鶏ささみ肉を継続して食べやすくなります。

 

 それでは、ここからは、「鶏ささみ肉のゆで方」と「冷蔵庫での保存方法」について説明していきます。使用する材料、調理道具、作り方、冷蔵庫での保存方法についてです。

 

材料

・鶏ささみ肉(または、胸肉を使用してもよい)(細切れではないものの方が良い)

・水1リットル

・塩5㏄(小さじ1杯)

 

 鶏肉の中で一番脂質が少ない部位は、鶏ささみ肉ですが、胸肉もかなり脂質が少ないので、胸肉でも代用可能です。ただ、胸肉を使う場合は、皮に脂質が多く含まれているので、皮は取りましょう。

 

 スーパーに行くと、「細切れ」の鶏ささみ肉が売っている場合がありますが、細切れの肉を買うことはやめましょう。細切れの肉を使うと、肉の触感が失われて、あまりおいしくありません。また、細切れの肉は、火が通りやすすぎて、硬くなりやすいです。

 

 また、使用する水の量が少ないと、鶏肉がくっつきやすいので、1リットルくらいの多めの水を使ってゆでましょう。

 

 塩を使うのは、下味をつけるためです。ほんのわずかな塩味ですが、うっすらとでも、下味がついていた方がおいしくなります。

 

 

調理道具

・鶏肉をゆでる鍋と蓋

・小さじ(塩を測るため)

・菜箸

・穴の開いたおたま(アク取り用)

・アクを入れる器

・タッパー(冷蔵庫での保存用)

 

 ゆで終わった後、余熱で火を通すので、鍋だけでなく、蓋も用意しましょう。

 

 ゆでると結構アクが出るので、アク取り用の、穴の開いたおたまも用意してください。アクをしっかり取っておくと、鍋にもアクがつかなくなるので、鍋を洗う時も楽です。

f:id:bamen:20190131151422j:plain

 

作り方

 鶏ささみ肉には、「白い筋」がありますが、硬くて触感が悪いので、筋は取り除いてください。筋を取り除いたら、鶏ささみ肉を、一口大に切ります。

f:id:bamen:20190131151208j:plain

 

 「白い筋」は、こちらです。

f:id:bamen:20190131151249j:plain



 鍋に1リットルの水を用意します。そこに、塩を5cc(小さじ1杯)入れます。

f:id:bamen:20190131151321j:plain

f:id:bamen:20190131151354j:plain



 お湯が、沸騰してきたら、一口大に切った肉を入れます。そこで、3分間茹でましょう。肉がくっつかないように、菜箸で肉を混ぜましょう。

f:id:bamen:20190131151529j:plain

 

  肉をゆでていると、次第に白いアクが表面に浮いてきます。穴の開いたおたまを使って、アクをとりましょう。事前に、アクを入れる器も用意しておきましょう。

f:id:bamen:20190131151559j:plain

f:id:bamen:20190131151622j:plain

 


 火を止めて、蓋をします。そして、しばらくそのまま置きます。余熱で、中までしっかり火を通します。

f:id:bamen:20190131151707j:plain

f:id:bamen:20190131151732j:plain

 

 

保存方法

 しばらく置いて温度が下がったら、タッパーに肉を入れます。その際は、肉が浸かるくらいの量のゆで汁を、一緒にタッパーに入れてください。

 

 ゆで汁も一緒に入れておくことで、時間が経っても、鶏肉がぱさつきにくくなります。

f:id:bamen:20190131152308j:plain

f:id:bamen:20190131152331j:plain

 タッパーを冷蔵庫に入れて、保存しておきましょう。

 

 

まとめ

 鶏ささみ肉の作り方や保存方法を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

 

とても簡単なので、普段あまり料理をしない人でもできると思います。ただ、単純ではありますが、適当に作ると、失敗することもあります。そのため、ここで紹介したポイントを押さえて作ってみてください。そうすれば、きっとおいしくできると思います。

 

 鶏肉は、ゆですぎると硬くなっておいしくないので、特に、ゆですぎには注意してください。

 

 冷蔵庫に、ゆでた鶏ささみ肉を常備しておけば、健康にいい鶏ささみ肉を手軽に食べられますし、料理にも使えて、とても便利ですよ。興味を持った方は、一度試してみてはいかがでしょうか。