しょうの雑記ブログ

物事の考え方、ブログ運営、ファッション、プロ野球、音楽、食べ物などについて書いたブログです。

「マルちゃんの生ラーメン・味噌」の、おいしい作り方

 以前、このブログで、「マルちゃんの生ラーメン・タンメン」の作り方を紹介したことがありました。

 

 今回は、それと同じシリーズの、「マルちゃんの生ラーメン・味噌」を紹介します。このシリーズ、好きです。この商品は、3食入りで、定価は300円です。安くて嬉しいですね。

f:id:bamen:20190120172422j:plain

f:id:bamen:20190120172451j:plain

 

 

 それでは、「マルちゃんの生ラーメン・タンメン」の調理に使う材料と、おいしい作り方を紹介します。

 

材料

・麺(セットに入っているもの)

・スープダレ(セットに入っているもの)

・具材(にんにく、小松菜、しめじ)(具材はお好みで)

・薬味のねぎ(小ねぎ)

・いりごま

・刻みのり

・桜えび

 

f:id:bamen:20190120172750j:plain

f:id:bamen:20190120172534j:plain

f:id:bamen:20190120172554j:plain

f:id:bamen:20190120172616j:plain

f:id:bamen:20190120172646j:plain

f:id:bamen:20190120172721j:plain

 

「マルちゃんの生ラーメン・味噌」の作り方

お湯を沸かしておく(丼を温める用と、スープ用)

 スープを割るためのお湯を早めに沸かしておいてください。ガスコンロで沸かしておいてもいいですが、電気ポットがあれば、電気ポットで沸かすことをおすすめします。その方が、早めにお湯を沸かしても、冷めないからです。

 

 

丼とスープダレをお湯で温める

 お湯が沸いたら、この写真のように、丼にスープダレを袋のまま入れて、丼とスープダレを温めます。こうしておくことで、熱々のまま食べることができます。

f:id:bamen:20190120173029j:plain

 やはりラーメンは温度が重要なので、こういった細かい工夫は大事です。

 

麺を茹でるお湯を沸騰させる

 ラーメンは、大きめの鍋を使った方が、麺がおいしく茹で上がります。そのため、家に大きめの鍋があれば、大きめの鍋を使う方がいいでしょう。また、お湯も、1.5リットル程度のたっぷりのお湯で茹でるといいでしょう。

f:id:bamen:20190117205717j:plain

具材を切る

 今回、ラーメンに入れる具材は「にんにく(1片)、小松菜、しめじ」を使いました。

 

 まず、ニンニクを薄切りにします。小松菜としめじも、適当な大きさに切ります。細かいことは、気にせず、「食べやすい大きさに切る」くらいの感覚でいいでしょう。

f:id:bamen:20190120173206j:plain

 

 最後にかける、薬味の小ねぎも、このタイミングで切っておきましょう。

 

 また、今回は、たまたまこういう具材になりましたが、これは、作る人の好みでいいと思います。

 

具材を茹でる

 麺と一緒に茹でるだけだと、具材の茹で時間が足りない場合があります。そのため、先に具材を茹でましょう。先ほど沸騰させた、麺を茹でるための鍋に具材を入れます。そこで、3分程度、茹でてください。

f:id:bamen:20190120173239j:plain

麺を茹でる

 具材を3分ほど茹でたら、次は、その鍋に麺を入れます。袋には「茹で時間2分30秒」とあるので2分30秒、茹でてください。

 

麺と具材をザルにあげる

 麺が茹で上がったら、麺と具材をザルにあげます。湯切りが甘いと、スープが薄くなるため、湯切り湯切りはしっかりしましょう。

f:id:bamen:20190120173322j:plain

スープダレをお湯で割る

 まず、スープダレを入れます。

f:id:bamen:20190120173348j:plain

 袋の表示を見ると「250mlのお湯を入れる」とあるので、250mlのお湯を入れて、スープをお湯で割りましょう。

 

f:id:bamen:20190120173408j:plain

スープに麺と具材を入れる

 スープが出来上がったら、ザルにあげていた麺と具材をスープに入れます。スープが勢いよく入れると、スープがはねてしまうので、箸も使いながら、そっと入れましょう。

f:id:bamen:20190120173435j:plain

ねぎ、ごま、桜えびなどをトッピングして、完成

 最後に、トッピングをかけます。今回は「小ねぎ」「ごま」「桜えび」をトッピングしました。これは、一例なので、お好みで、別のトッピングに変えてもOKです。

f:id:bamen:20190120173508j:plain

 これで、完成です。

 

 

 ごちそうさまでした。

f:id:bamen:20190120173530j:plain

感想

 今回は、「マルちゃんの生ラーメン・味噌」を作って食べてみました。食べてみて、「値段が安い割に、本格的な味がする」と感じました。味噌自体も、なかなか深い味わいです。この値段で、この味のクオリティならば、大満足です。具材を入れたとしても、1食200円程度ですみます。

 

 この「マルちゃんの生ラーメン」シリーズは、みそ以外にも、「醤油」「タンメン」「とんこつ」など、様々な味が出ているので、色々な味を食べ比べてみるのもいいのではないでしょうか。