しょうの雑記ブログ

ファッション、食べ物、おすすめの商品、プロ野球、音楽などについて書いたブログです。

モンベル「スペリオダウン・ラウンドネックジャケット」

 インナーダウンのレビューをします。

 

 今回レビューするのは、mont-bell(モンベル)の「スペリオダウン・ラウンドネックジャケット」です。

f:id:bamen:20211208184438j:plain

出典:モンベル公式オンラインショップ https://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1101503

 

webshop.montbell.jp

 

 

 こちらは、「ノーカラーのインナーダウンの定番」と言える商品です。

 

 今では、「ユニクロ・無印良品・ワークマン」などでもノーカラーのインナーダウンは出ています。

 

 しかし、元々はモンベルのインナーダウンの方が先に発売されていました。

 

 ユニクロや無印のインナーダウンも、おそらくこの商品を参考に開発したと思われます。

 

 「インナーダウンの先駆者」という意味でも、こちらは偉大な商品です。

 

 登山でも活躍する商品ですが、自分は、特に登山はしないので、あくまで「タウンユース」の視点でレビューをしていきます。

 

 

 

 

メリット

軽い

 こちらの商品は、重量がとても軽くなっています。

 

 そのため、着ていてとても楽です。

 

暖かい

 このジャケットは、中綿に「800フィルパワー」のダウンが使われています。

 

 「フィルパワー」というのは、ダウンの暖かさを示す数値です。

 

 この数値が高いほど、暖かいダウンが使われています。

 

 「800フィルパワー」というのは、ダウンの中でも高い数値です。

 

 インナーダウンのため、ダウンの量自体は少ないのですが、高品質なダウンが用いられているため、着ていてしっかりと暖かさを感じられます。

 

窮屈さがない

 モンベルはアウトドアブランドなので、「動きやすさ」を重視して物づくりをしています。

 

 こちらのジャケットも、適度なゆとりがあるので、窮屈さは感じません。

畳んでコンパクトになる

 このジャケットには、スタッフサックが付いています。

 

 本体を畳んでスタッフサックに入れると、非常にコンパクトになります。

 

 日中の暖かい時は畳んでカバンに入れておいて、夜になって寒くなってきたらカバンから出して着るということもできます。

 

 コンパクトになるので、とても便利です。

 

同じ商品がいつでも買える

 この商品は、毎年定番で出ている商品です。

 

 今年買い逃したとしても、また来年同じものを買うことができます。

 

 そして、着古してボロボロになったとしても、同じものを買い換えることもできます。

 

 「いつでも同じものが買える」という安心感があるというのは、なかなか嬉しいものです。

 

デメリット

胸に「mont-bell」のロゴが入っている

 このジャケットは、胸に「mont-bell」のロゴが刺しゅうで入っています。

 

 それほど大きくないロゴなので、あまり気にしない人もいます。

 

 しかし、ロゴが入っていることでどこかアウトドアテイストが出てしまいます。

 

 そのため、「なるべくアウトドアテイストは出したくない」という人には、このジャケットは、向いていないかもしれません。

 

カジュアルな雰囲気が強くなる

 このアイテムは、全体的にとてもシンプルなデザインです。

 

 しかし、アウトドアブランドのアイテムであるがゆえ、どこかカジュアルな雰囲気が出てしまいます。

 

 それを考えると、普段きれいめな格好をしてる人には、あまり合わないかもしれません。

 

下に着た時に首元が見える

 インナーダウンだと、「コートの下に着たい」という人もいるかと思います。

 

 しかし、コートの下にこのジャケットを着た場合、ラウンドネックなので、首元がコートの下から見えてしまいます。

 

 きれいめなコートの内側からこのジャケットが見えると、きれいめな雰囲気が崩れてしまう恐れがあります。

 

 そのため、きれいめなコートの下に着る場合は、首元がVネックになるユニクロのインナーダウンの方が良いと思います。

 

アウターとして着ると風を通す

 こちらは、インナーダウンではありますが、一応、アウターとして着ることもできます。

 

 しかし、前がスナップボタンになっているので、アウターとして着ると風を通してしまいます。

 

 また、ノーカラーのため、首元が寒いです。

 

 そのため、「アウターとしてもインナーとしても使えるインナーダウンが欲しい」という方は、このダウンは選ばない方がいいかもしれません。

 

 そういう方には、スタンドカラーで、前がジッパーになっているインナーダウンの方がおすすめです。

 

ユニクロや無印のインナーダウンと比べると値段が高い

 この商品の定価は、「11,880円(税込)」です。(2021年12月現在)

 

 この価格は、アウトドアブランドのインナーダウンとしては、安い方だと思います。

 

 しかし、ユニクロや無印良品の場合は、5,000円くらいでインナーダウンが買えたりします。

 

 もちろん、モンベルの方が品質は高いですが、ユニクロや無印の価格に慣れていると「ちょっと高いな」と感じるでしょう。

 

 そのため、「1万円以下のインナーダウンが欲しい」と思っている方には、この商品は向いていません。

 

まとめ

 モンベルの「スペリオダウン ラウンドネックジャケット」のレビューをしてきましたが、いかがだったでしょうか。

 

 ユニクロや無印のものに比べると割高ではありますが、アウトドアブランドだけあって、品質は間違いありません。

 

 「1万円以上出しても良いので、カジュアルに着れる品質の高いインナーダウンが欲しい」という方には、絶対におすすめできます。

 

 気になった方は、チェックしてみてください。