しょうの雑記ブログ

ファッション、プロ野球、食べ物、おすすめの商品、音楽などについて書いたブログです。

新庄監督がプロデュースしそうな選手

 2022年シーズンから、新庄剛志氏が日本ハムファイターズの監督に就任することが決まり、世間は盛り上がっています。

 

 会見では、「ピッチャー3人、野手4人のタレントを作りたい」と語っていました。

 

 新庄氏としては、「実力があり、なおかつキャラの立った選手を育てていきたい」という気持ちがあるようです。

 

 やはり、そういう選手がいると、チームが注目されます。

 

 そして、チームだけでなく、プロ野球界全体も盛り上がっていきます。

 

 新庄氏は、きっと、「こいつだ!」と思った選手をプロデュースして、キャラ付けをしていくのではないかと思います。

 

 そこで今回は、自分なりに「新庄監督がプロデュースしそうな選手」を予想してみます。

 

 新庄氏が言っていたように、「投手3人」「野手4人」の計7名を選出してみました。

 

 

 

 

投手

吉田輝星

 投手でまずパッと思いついたのが、吉田輝星選手です。

 

 吉田輝星選手は、秋田の金足農業高校出身の選手です。

 

 彼は、高校3年生の時に出場した夏の甲子園で有名になりました。

 

 金足農業は、部員も少なく、下馬評は低い高校でした。

 

 しかし、エースの吉田選手を中心に、チーム一丸となって戦い、名門校を次々と破っていきました。

 

 そして、準優勝まで上り詰めました。

 

 甲子園では、勝った高校が校歌を歌いますが、反り返って全力で歌う、「全力校歌」も話題となりました。

 

 そして、ドラフト1位で日本ハムに指名されました。

 

 しかし、プロに入ってからは、プロの壁にぶつかっています。

 

 彼の一番の売りはストレートですが、まだ1軍の選手を圧倒できる程のストレートは投げていません。

 

 変化球の精度もまだまだで、これからさらに変化球も磨いていく必要があります。

 

 ただ、ドラフト1位で指名された選手ですし、十分な才能は持っています。

 

 また、彼は、ルックスもなかなかもいいです。

 

 ルックスに関しては、栗山前監督が初めて会った際に「かっこええな」と言っていたくらいです。

 

 また、ルックスが良いだけでなく、結構、お調子者キャラのようです。

 

 「甲子園のスター」「ルックスが良い」「お調子者キャラ」ということを考えると、彼は、既に良いキャラを持っています。

 

 そこで、新庄氏がさらにキャラを際立たせて、実力もつけば、スター選手になる可能性は十分です。

 

 新庄氏は、「彼が既に持っているスター性」をクローズアップして、うまくプロデュースしそうです。

 

伊藤大海

 伊藤大海選手は、2020年のドラフトで、1位で指名された投手です。

 

 彼の大きな売りは「北海道出身」ということです。

 

 日本ハムがドラフト1位で指名した選手で、北海道出身の選手は、彼が初めてのようです。

 

 名前も「大海」で、いかにも北海道を想起させる名前です。

 

 いわば、「地元の星」と呼べる選手です。

 そして、実力も申し分ありません。

 

 ルーキーイヤーに2桁勝利をクリアし、防御率も2.90と好成績でした。

 

 新人でありながら、既にチームの主力として活躍をしている選手です。

 

 また、侍ジャパンにも選ばれ、東京五輪にも出場しました。

 

 国際試合でも、堂々としたピッチングを披露しました。

 

 そういう意味では、メンタル的にタフで、気の強い選手だと思います。

 

 実力的には十分なので、あとは、「いかにうまくキャラを付けて売り出すか」が鍵となりそうです。

 

 新庄氏は「北海道出身」「気の強さ」という面を前面に押し出し、うまくプロデュースしそうな気がします。

 

上沢直之

 上沢直之選手は、非常に安定感のある投球をする先発投手です。

 

 2021年シーズンでは、12勝6敗、防御率2.81と、「エース」と呼べるような投球をしていました。

 

 2019年シーズンでは、打球が膝を直撃し、膝の皿が割れる大けがをしました。

 

 「選手生命は大丈夫か?」と心配する声もありました。

 

 しかし、膝を手術し、リハビリをして、2020年シーズンに1軍復帰しました。

 

 そして、2021年シーズンはエースと呼べるような活躍をしましたから、本当に凄い選手です。

 

 2022年シーズンも、おそらく、上沢選手はローテーションの軸になると思います。

 

 そういう選手ですから、実力は既に十分です。

 

 また、色気があるルックスで「イケメン」と言えます。

 

 そして、この見た目にも関わらず、実は結構冗談も言ったりするキャラのようです。

 

 ただ、他球団ファンから見ると「実力はあるけど、キャラがちょっと薄い印象」がある気がします。

 

 新庄氏は、彼を、「イケメンで、なおかつ面白いキャラ」として、うまくプロデュースしそうな気がします。

 

野手

万波中正

 野手で、まず初めに思いついたのは、万波中正選手です。

 

 万波選手は、横浜高校出身の若手選手です。

 

 吉田輝星選手と同学年です。

 

 コンゴ出身の父を持ち、非常に高い身体能力を持っている選手です。

 

 「走攻守」に優れ、並外れたパワーを持つ外野手です。

 

 そういった意味では、新庄氏の現役時代と重なる部分が多い選手です。

 

 また、彼も新庄氏も右打ちなので、おそらく新庄氏が直接指導もするでしょう。

 

 今はまだ、1軍では良い成績は残せていませんが、新庄氏の指導により、覚醒する可能性は十分です。

 

 また、性格的にも明るいキャラのようです。

 

 「高い身体能力を持った外野手で、性格も明るい」となると、新庄氏は彼に力を入れてプロデュースしそうな気がします。

 

 十分な実力が付いて、しっかりとキャラ立ちしたら、新庄氏は「万波が俺の後継者だ」と言い出すかもしれません。

 

 新庄氏がプロデュースしそうな選手の大本命です。

 

清宮幸太郎

 清宮幸太郎選手は、高校では、歴代最多となる111本塁打を打った内野手です。

 

 その実力がプロにも評価され、ドラフト時は、ドラフト1位で7球団も指名する注目選手でした。

 

 くじ引きの結果、日本ハムが引き当て、日本ハムに入団しました。

 

 また、父親は元ラグビー選手の清宮克幸氏であることも話題になりました。

 

 ドラフト時は非常に注目されましたが、プロに入ってからは思うような結果が残せていません。

 

 2軍では結構ホームランを打っていますが、1軍に上がるとなかなか打てません。

 

 また、打率に至っては、2軍ですらあまり良い成績を残せていません。

 

 怪我が多いのも、良い成績を残せない原因の一つだと思います。

 

 プロでの成績では、同期のヤクルトの村上選手に大きな差をつけられてしまいました。

 

 本人も球団側も「こんなはずでは」と悩んでいると思います。

 

 しかし、7球団競合した選手ですから、潜在能力が凄いのは間違いありません。

 

 「ホームランを打つセンス」は、プロの中でも優れたものを持っていると思います。

 

 また、性格的には、「おっとり系の弟キャラ」といった感じで、多くの人から愛される要素もあります。

 

 新庄氏は、「彼の持ち前のスター性」と「おっとり系の弟キャラ」という面をうまく組み合わせてプロデュースしそうです。

 

野村佑希

 野村佑希選手は、打撃が売りの、若手の内野手です。

 

 恵まれた体格で、長打も打てて、スケールの大きさを感じる選手です。

 

 ポジションは、主にサードを守っています。

 

 球団としては、「将来の大砲候補」として非常に期待している選手だと思います。

 

 また、野球に関すること以外では、「アメリカ生まれ」ということも話題になりました。

 

 ミドルネームは「ジェームス」ということで、ファンからは「ジェームス」と呼ばれていたりします。

 

 ただ、野球の面を見ると、実力的には、まだまだといった感じです。

 

 1軍の試合に出たりはしていますが、胸を張って「レギュラー」と呼べるような選手になるには、さらにレベルアップする必要があるでしょう。

 

 また、有望株ではありますが、キャラクターがちょっと弱い気がするので、新庄氏がうまくキャラ付けしていってほしいところです。

 

近藤健介

 近藤健介選手は、巧みなバッティング技術を持つ外野手です。

 

 「天才」と言われるようなバッティングセンスの持ち主で、選球眼の良さにも定評があります。

 

 一時期は、「近藤は、そのうち4割を打つのではないか?」と言われたりもしました。

 

 ただ、2021年シーズンの打率は.298でした。

 

 これも悪い数字ではないですが、「天才」と言われているような選手が3割に乗らないのは、ちょっと物足りない気がします。

 

 近藤は、天才的な打撃センスを持っている割には、圧倒的な成績を残せていません。

 

 そのため2022年シーズンは「安打製造機」として、最低3割はクリアしてほしいところです。

 

 また、野球の面以外だと、近藤選手には、ファンから「こんちゃん」と呼ばれるような親しみやすさがあります。

 

 ルックスも、良い意味で「近所のお兄ちゃん」ぽさがあります。

 

 近藤選手は、実力の割に知名度がそこまで高くない印象があるので、「親しみやすさ」を前面に出して、新庄氏にうまくプロデュースしてもらいたいものです。

 

まとめ

 「新庄監督がプロデュースしそうな選手」を7名選出してみましたが、いかがだったでしょうか。

 

 この予想は、もしかしたら当たるかもしれませんが、完全に外れるかもしれません。

 

 新庄氏のすることは、なかなか予想がつきません。

 

 「え、そんな選手をプロデュースするの?」という選手になる可能性もあります。

 

 そういう意味では、この予想が当たっても当たらなくても、楽しむことができそうです。

 

 新庄監督の采配に関しては、みんなが注目していると思います。

 

 しかし、それだけでなく、「プロデューサー新庄」の手腕にも注目していくと、さらに面白くプロ野球が観られると思います。