しょうの雑記ブログ

ファッション、音楽、プロ野球、食べ物、おすすめの商品などについて書いたブログです。

ツイッターとインスタグラムの比較

 今の時代は、多くの人がSNSをやっていると思います。

 

 手軽にできるSNSというと、「Twitter(ツイッター)」「Instagram(インスタグラム)」がパッと思い浮かぶと思います。

 

 ただ、中には「興味があるけれど、まだやったことがない」という人もいると思います。

 

 また、「ツイッターはやっているけれど、インスタグラムはやっていない」とか「インスタグラムはやっているけれど、ツイッターはやっていない」という人もいます。

 

 自分は、ツイッターとインスタグラムの両方をやっていますが、やってみると、「一見似ているようで、結構違いもあるな」ということに気づきました。

 

 そこで今回は、ツイッターとインスタグラムについて、自分なりに比較してみようと思います。

 

 自分が感じる、ツイッターとインスタグラムの長所と短所を紹介していきます。

 

ツイッターとは

 ツイッターは、「文章」をメインにしたSNSです。

 

 文章に写真を添付することもできますが、あくまで主役は「文章」です。

 

 そして、ツイッターは、「1つの投稿の文字数は、140文字まで」という制限があることが、大きな特徴です。

 

 140字という制限があるため、長い文章は投稿できません。必然的に、短い文章での投稿となります。

 

 ツイッターでの投稿は、「つぶやき」と呼ばれます。つぶやくように、短い文章を投稿するからです。

 

ツイッターの長所

誰でも気軽につぶやける

 ブログを始めるとなると、長い文章を書かなければなりません。

 

 そのため、長い文章を書く人が苦手な人は、なかなかブログを始めにくいでしょう。

 

 しかし、ツイッターは、140字以下の短い文章を投稿するだけでできます。

 

 短い文章であれば、誰でも書けます。

 

 そのため、ツイッターを始めるまでのハードルは、ブログに比べて格段に低いです。

 

 「手軽に始められる」のは、ツイッターの長所です。

 

リツイートで、つぶやきを大きく拡散することができる

 ツイッターの中で特徴的なのは、「リツイート」機能です。

 

 これは、誰かのつぶやきを、自分のフォロワーのタイムラインに出現させられる機能です。

 

 例えば、ツイッターで、みんなに知らせたくなるような、面白いつぶやきを発見したとします。そこで、そのつぶやきを「リツイート」すると、自分のフォロワーのタイムラインにそのつぶやきが出現します。

 

 そして、自分のフォロワーで、そのつぶやきを「面白い」と感じる人がいて、沢山の人にリツイートされると、そのつぶやきはネズミ算式に広がっていきます。

 

 「つぶやきを多くの人に拡散できる」ところは、ツイッターの非常に面白い点だと思います。

 

ツイッターの短所

リツイートで、予想以上に拡散されてしまうことがある

 

 リツイートで、つぶやきを沢山の人に拡散できる点が、ツイッターの面白さだと

先ほど述べました。

 

 しかし、それは、実は良い点ばかりではなく、デメリットもあります。

 

 ツイッターでは、あまり拡散させるつもりがなかったつぶやきが、予想以上にリツーイトされて、多くの人に広がってしまうことがあります。

 

 そうなると、全然知らない人から急に絡まれて、嫌な思いをすることもあります。

 

ユーザー同士で、罵り合いになりやすい

 ツイッターは「文章」がメインのSNSです。

 

 そのため、ツイッター上では、ユーザー同士で、たびたび議論になることがあります。

 

 きちんとした議論であれば、それほど問題にはならないでしょう。

 

 しかし、議論が熱くなると、議論ではなく、「罵り合い」になってしまう場面も時々見られます。

 

 「罵り合い」になってしまうと、お互いに嫌な気持ちになってしまい、お互いにメリットはありません。

 

 ツイッターは、SNSの性質上、他のSNSに比べて、罵り合いになる確率が高いような気がします。

 

 ちゃんとマナーを守ってツイッターを楽しんでいるユーザーもいますが、マナーを守らずに攻撃的になるユーザーが、他のSNSよりも多いように感じます。

 

長文が書けない

 ツイッターは「1つの投稿の文字数は、140字まで」という縛りがあります。

 

 そのため、「長文が書きたい」と思っても投稿できないのは、できないのはデメリットです。

 

 ただ、「どうしてもツイッターに長文を載せたい」という場合は、「長文を書いた画像を貼る」「長文をいくつかのツイートに分けて投稿する」といった裏技もあります。

 

 ですから、全く長文が投稿できない訳ではありません。ただ、長文を投稿するには、あまり向いていないSNSと言えるでしょう。

 

インスタグラムとは

 インスタグラムは、「写真」の投稿をメインにしたSNSです。

 

 写真に文章をつけることもできますが、「主役は、あくまで写真」というところが、ツイッターとの大きな違いです。

 

インスタグラムの長所

写真を投稿するだけでいいので、簡単

 インスタグラムは、写真を投稿するだけでいいので、とても簡単に始められます。

 

 文章は、必ずしも添付する必要はないので、スマホで写真を撮れば、すぐにインスタグラムに投稿できます。

 

 こういった手軽さは、インスタグラムの長所です。

 

 写真を撮るだけでいいので、ある意味、ツイッターよりも気軽に投稿できます。

 

写真がきれいに見える

 インスタグラムは、写真をメインにしたSNSです。

 

 そのため、ツイッターよりも、写真が大きく、きれいです。

 

 また、写真の加工ツールがインスタグラム内にあるので、加工してさらにきれいにすることができます。

 

 「写真が、よりきれいに見える」ところは、インスタグラムの長所です。

 

 また、写真がメインなだけあって、写真映えする「グルメ」「ファッション」あたりのジャンルと、相性がいいような気がします。

 

投稿した写真を一覧で見られる

 インスタグラムでは、自分の投稿した写真を、一覧で見ることができます。

 

 これは、なかなか良い部分だと思います。

 

 投稿した写真の一覧を改めて見ると、自分の好きなものや興味のあるものが一目でわかって面白いです。

 

 また、自分の好きな写真で埋め尽くされている一覧を見るのは、なかなか気分の良いものです。

 

 自分が投稿した写真の一覧を見ていると、「なんだか、コラージュアートのようだな」とも思ったりします。

 

 また、投稿した写真が一覧で見れるため、アルバムがわりにも使えます。

 

 例えば、食べた物の写真を、こまめに撮って投稿しておくと、「食べ物の記録」が作れます。

 

 一覧で見返せば、「あ、あの時、あれを食べたんだった」というのを、すぐに思い出せます。

 

長文が書ける

 インスタグラムは、写真をメインにしていますが、意外なことに、長文を添付できます。

 

 なんと、1つの投稿に対して、最大で「2200文字」まで書けます。

 

 ツイッターと違って長文が書けるので、「写真に長文を添付したい」と思った時は、ツイッターよりも、インスタグラムの方が便利だったりします。

 

ツイッターに比べて、議論になることが少ない

 ツイッターは「文章」をメインにしたSNSなので、ユーザー同士で、たびたび議論になったりします。

 

 しかし、インスタグラムは、あくまで「写真」がメインで、「文章」はおまけのような扱いです。

 

 そのため、ユーザー同士のコメントでのやりとりはありますが、「議論」にまで発展することは少ない印象です。

 

 そのため、「議論はせずに、のんびりとSNSをやりたい」という方には、インスタグラムは良いのではないでしょうか。

 

インスタグラムの短所

リツイートのような機能がないので、拡散しにくい

 インスタグラムには、ツイッターで言う「リツイート」のような機能はありません。

 

 そのため、「この写真を多くの人に見てもらいたい」と思っても、フォロワー数が少ないと、その写真を拡散しづらいというデメリットがあります。

 

ツイッターより、ユーザー同士の距離を縮めにくい

 インスタグラムは、「写真」がメインなので、ユーザー同士のコメントでのやりとりは、そこまで活発ではありません。

 

 コメントのやりとりが活発でないということは、のんびりとSNSを行えるというメリットはあります。

 

 しかし、裏を返すと、コメントでのやりとりが活発ではないため、「ユーザー同士の距離を縮めにくい」というデメリットがあります。

 

 ツイッターは、顔の知らないフォロワーの人でも、頻繁にコメントのやり取りをしていると、その人のキャラクターが段々わかってきたりします。

 

 それにより、その人との距離がぐっと縮まることがあります。

 

 しかし、インスタグラムは、そういったコメントでのやりとりが活発ではありません。

 

 そうなると、「この人、面白そうだな」と思っていても、その人との距離がなかなか縮まりにくい気がします。

 

まとめ

 ツイッターとインスタグラムを比較してみましたが、いかがだったでしょうか。

 

 ツイッターとインスタグラムは、どちらも気軽にできるSNSですが、どちらも、異なった長所と短所があることがわかります。

 

 そうなると、「自分にはどっちが合うんだ?」と悩んでしまう人もいるかもしれません。

 

 ただ、そう悩んだとしても、どちらも気軽にできるSNSですので、両方やってみて、合う方を続けていけばいいと思います。

 

 そして、「合わない」と思った方は、辞めてしまっていいと思います。

 

 そもそも、SNSというのは、無理にやる必要があるものではありません。

 

 楽しければやればいいですし、楽しくなければ、やる必要はありません。楽しい方をやりましょう。

 

 そして、やってみて、「両方、楽しい」と思った方は、ツイッターとインスタグラムの両方をやってもいいと思います。

 

 趣味が色々ある人は、「この趣味はツイッターに投稿する」「この趣味はインスタグラムに投稿する」という感じで、ジャンルを分けて投稿してもいいと思います。

 

 例えば「音楽鑑賞と料理」が趣味の人は、「音楽のことはツイッターに投稿」「料理のことはインスタグラムに投稿」といったように。

 

 やはり、SNSは、無理にやったり、義務感でやるのではなく、楽しんでやるようにしましょう。その方が、自分のためになります。

 

 また、楽しんでやっていると「この人、面白そう」という感じで、色んな人が寄ってくるようになります。やはり、楽しんでいる人の周りには、人が集まってくるものです。

 

 そこで、「今まで全く知らなかったけれど、趣味が合うフォロワー」が沢山できてくると、自分の趣味の幅も広がって、さらにSNSが楽しくなってくると思います。