しょうの雑記ブログ

ファッション、食べ物、おすすめの商品、プロ野球、音楽などについて書いたブログです。

ウーフォス「ウーアー」

 サンダルのレビューをします。

 

 今回レビューするのは、OOFOS(ウーフォス)のOOahh(ウーアー)というモデルです。

f:id:bamen:20211201211652j:plain

f:id:bamen:20211201211708j:plain

f:id:bamen:20211201211721j:plain

f:id:bamen:20211201211737j:plain

 

www.oofos.jp

 

 ウーフォスは、リカバリーサンダルで有名なブランドです。

 

 この「ウーアー」もリカバリーサンダルになります。

 

 ウーフォスの数あるモデルの中でも「ウーオリジナル」と並ぶ、ウーフォスの定番モデルになります。

 

 

 

 

メリット

クッション性が良い

 このサンダルには「ウーフォーム」というウーフォス独自の素材が使われています。

 

 それにより、クッション性がとても良く、歩行時でも衝撃が伝わりにくくなっています。

 

足裏にフィットする

 このサンダルは、フットベッドの形状が立体的になっていて、足裏にフィットするようになっています。

 

 足裏にフィットするので、長時間立っていても疲れにくいです。

 

靴下を履いていても履ける

 「ウーアー」は、スライドタイプのサンダルなので、靴下を履いていても履けます。

 

 ウーフォスには「ウーオリジナル」というモデルのもありますが、そちらはトングタイプなので、靴下を履いていると履けません。

 

着脱がしやすい

 スライドタイプのサンダルなので、パッと履けて、パッと脱げます。

 

 そのため、玄関のつっかけとして使うのもいいと思います。

 

デメリット

幅がやや狭い

 「ウーアー」のアッパーは、両サイドを覆うような形状になっています。

 

 そのため、足幅が広い人は、小指の部分が当たる可能性があります。

 

歩いている時、足が動きやすい

 ホールド感が強くないので、歩いていると、足が前に動きやすくなります。

 

 足が前に行き過ぎると、フットベッドの凹凸部分が足裏にフィットしなくなり、履き心地は悪くなります。

 

デザインがややダサめ

 このサンダルは、お世辞にも「デザインがいい」とは言えません。

 

 いかにも「つっかけサンダル」といった感じの、ややダサめのデザインです。

 

 そのため、「ファッション性が高いサンダルが欲しい」と思っている方には、このサンダルはおすすめしません。

 

 ウーフォスのサンダルだと、トングタイプの「ウーオリジナル」の方がファッション性は高いと思います。

 

値段が高い

 このサンダルの定価は「6,380円」です。

 

 作りはしっかりしているものの、スライドサンダルでこの値段というのは、かなり高めだと思います。

 

まとめ

 ウーフォスのリカバリーサンダル「ウーアー」のレビューをしましたが、いかがだったでしょうか。

 

 非常にクッション性の良いサンダルですが、いくつかデメリットがあるのが少し気になるところです。

 

 合う人には素晴らしいサンダルですが、合わない人も結構いるような気がします。

 

 ただ、「幅がやや狭い」「歩いている時に足が動きやすい」「デザインがダサめ」という点が気にならないのであれば、買っても損はないと思います。