しょうの雑記ブログ

ファッション、音楽、物事の考え方、おすすめの商品、食べ物、プロ野球などについて書いたブログです。

ワークマン、「メリノウール長袖Tシャツ」

 2022年の12月に、ワークマンで、防寒対策として、メリノウールのインナーTシャツを購入しました。

 

 ネットで評判が良かったので、「どんなものだろう」と思い、試しに買ってみました。

 

出典:ワークマン公式オンラインストア

 

 

 

workman.jp

 

 

 しばらく着てみたので、今回は、このTシャツのレビューをします。

 

 黒と紺のカラーがありましたが、自分は、黒のカラーを購入しました。

 

 

 

 

メリット

 まずは、こちらの商品のメリットについて説明していきます。

 

チクチク感が少ない

 こちらの商品は、素材がメリノウール100%になっています。

 

 そのため、ウールにありがちなチクチク感があまりありません。

 

薄手の割に暖かい

 このTシャツは、生地はかなり薄手です。

 

 着る前は、「こんなに薄くて、果たして暖かいのか?」と疑問でした。

 

 しかし、洋服の中に着てみると、しっかりと暖かさを感じました。

 

 同じくらいの厚みの綿のTシャツと比べると、暖かさは段違いです。

 

 薄手なので、「めちゃくちゃ暖かい」という程ではないですが、「こんなに薄いのに、しっかりと暖かいな」と驚きました。

 

蒸れにくい

 メリノウールには、「湿気を逃がしてくれる」という特性があります。

 

 そのため、インナーとして着ていても、蒸れにくく、快適です。

 

伸縮性があって着やすい

 こちらのTシャツは、ニットのような素材になっていて、かなり伸縮性があります。

 

 そのため、着ていて突っ張らず、着心地は良好です。

 

 また、袖はラグランスリーブになっているので、腕も動かしやすくなっています。

 

タイト過ぎないので、1枚で着られる

 一般的に、インナーのTシャツというのは、タイトなものが多いです。

 

 必ずインナーとして着るのであれば、少しタイトでも、問題はありません。

 

 しかし、「1枚で着たい」という場合は、タイトすぎると、見た目がかっこ悪くなってしまうことがあります。

 

 ただ、こちらのTシャツは、タイトすぎないサイズ感なので、1枚で着ても、見た目が変にならないというメリットがあります。

 

袖口がリブで、フィット感が良い

 インナー用のTシャツの中には、袖口がリブになっていないものもあります。

 

 袖口がリブになっていないと、重ね着をした時に袖口がフィットせずに、着心地が悪くなってしまうことがあります。

 

 しかし、このTシャツの場合は、袖口がリブになっているのでフィット感が良く、重ね着した時でも、袖口部分に不快感がありません。

 

臭いが付きにくい

 メリノウールには、「臭いが付きにくい」という素材の特性があります。

 

 汗をかいても、臭いづらいのは、なかなか嬉しい点です。

 

洗濯機で手軽に洗える

 このTシャツは、素材はウールですが、洗濯機で洗うことが可能です。

 

 汚れても、手軽に洗濯機で洗えるというのは、嬉しいポイントです。

 

 ただ、洗濯機で洗濯する際は、なるべくネットに入れることをおすすめします。

 

 生地が薄手なので、ネットに入れないと、穴が開いてしまうリスクがあるからです。

 

価格が非常に安い

 こちらの商品の価格は、1900円(税込)です。(2023年1月現在)

 

 メリノウールのインナーTシャツというのは、一般的には高級品です。

 

 中には、1枚1万円くらいするものもあります。

 

 そんなメリノウールのTシャツが、2000円以下で買えるというのは驚きです。

 

 ここまで安いメリノウールのTシャツは、他にはないと思います。

 

 そして、安いだけでなく、品質もある程度しっかりしているのは、「さすがワークマンだな」と感心してしまいます。

デメリット

 ここからは、この商品のデメリットについて説明していきます。

 

素肌に着ると、少しザラザラ感がある

 こちらの商品は、生地のチクチク感はほとんどありません。

 

 ただ、メリノウールを使っているので、素肌に着ると、少しザラっとした感じがあります。

 

 自分は、この感触が苦手で、素肌に着るのは、少し抵抗がありました

 

 ただ、素肌に着ずに、綿の長袖Tシャツの上からこのTシャツを着ると、感触は気にならなくなりました。

 

 伸縮性があるため、中に綿の長袖Tシャツを着ても、それほど窮屈にはなりませんでした。

 

 このTシャツの肌触りが苦手だという人は、中に綿の長袖Tシャツを着ると、肌触りを気にせず着ることができます。

 

 使用していて気になったデメリットはこれくらいなので、かなりデメリットの少ない商品だと言えます。

 

サイズ感について

 こういったインナーのTシャツを購入する場合、サイズで悩む方も多いと思います。

 

 インナーのTシャツというのは、パックに入っています。

 

 そのため、試着ができないので、サイズで失敗しがちです。

 

 サイズで悩んでいる方のために、アドバイスをします。

 

 このTシャツは、インナーとして作られたものですが、その割にゆとりのあるサイズ感です。

 

 これはおそらく、1枚でも着られるように、そういったサイズ感にしているのだと思います。

 

 インナーの割に特にタイトではないので、普段着ているサイズを選べば間違いないと思います。

 

 普段、LサイズのTシャツを着ている人はLサイズといった感じで、普段のサイズを選べば良いと思います。

 

 また、かなり伸縮性があるので、ぴったりサイズを選んでも、それほど窮屈感はありません。

 

 逆に、サイズアップしてオーバーサイズで着るのはおすすめしません。

 

 オーバーサイズだと、服とTシャツの間に隙間ができて、熱が逃げてしまうからです。

 

 また、オーバーサイズだと、中に着た時にごわついてしまうというデメリットも出てきます。

 

 この商品は、「普段のサイズでジャストに着る」ことをおすすめします。

 

まとめ

 ワークマンのメリノウール長袖Tシャツのレビューをしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

 この商品は、メリノウールを使っているにも関わらず、非常に低価格のため、ワークマンの中でも人気のある商品です。

 

 実際に使うまでは、「こんなに安くて大丈夫か?」と思いましたが、実際に使ってみると、とても機能的で、使い勝手の良さに驚きました。

 

 そして、「これは、非常に良い商品だな」と感じました。

 

 人気があるのも納得です。

 

 真冬になると、売り切れてしまうこともあるようなので、気になった方は、早めに購入するようにしてください。