しょうの雑記ブログ

ファッション、音楽、物事の考え方、おすすめの商品、食べ物、プロ野球などについて書いたブログです。

ヤクのセーターの魅力

 今回は、「ヤク」のセーターについてです。

 

 冬場になると、セーターを着る人が増えます。

 

 最近、セーターの中では、「カシミヤ」の人気が非常に高まっています。

 

 保温性が高く、肌触りも柔らかいからです。

 

 ただ、ヤクのセーターも、カシミヤに負けない魅力を持っています。

 

 そのため、今回は、ヤクのセーターについて詳しく解説していきます。

 

 

 

 

ヤクとは

 「ヤク」と聞いても、どんな動物なのかピンとこない方も多いと思います。

 

 そこで、ここからは、ヤクという動物について説明します。

 

 ヤクは、ウシ科の動物です。

 

 中国やチベットに生息しています。

 

 標高の高いところに生息しているため、とても保温性の高い毛が生えています。

 

 その毛を刈り取ってセーターにしたものが、ヤクのセーターになります。

 

メリット

 ここからは、ヤクのセーターのメリットについて説明します。

 

肌触りが柔らかい

 ヤク100%のセーターの生地を触ると、とても滑らかで、あまりチクチクしません。

 

 カシミヤのセーターに近い肌触りです。

 

 そのため、「ウールのチクチク感が苦手」という方にも、ヤクのセーターはおすすめできます。

 

保温性が高い

 ヤクのセーターは非常に保温性が高く、着ていて暖かいです。

 

 自分は、ヤクのセーターの他に、同じくらいの厚みのカシミヤのセーターも持っています。

 

 カシミヤのセーターと比べても、ヤクのセーターの方が暖かく感じます。

 

 そのため、「今日は特に寒いな」と感じる日は、カシミヤのセーターではななく、ヤクのセーターを着ることが多いです。

 

 非常に保温性が高いので、寒がりな方におすすめです。

 

デメリット

 ここからは、ヤクのセーターのデメリットについても説明します。

 

価格が高い

 素材が「ヤク100%」のセーターになると、価格は非常に高くなります。

 

 大体、カシミヤと同じくらいの価格帯です。

 

 そうなると、「高くてなかなか手が出ない」という方も多いかと思います。

 

 ヤク100%にすると価格が高いため、中には、「ウールにヤクの毛を一部混ぜたセーター」も売っています。

 

 ただ、ヤクの素材の良さをしっかりと感じたいのであれば、価格が高くても、なるべくヤク100%のセーターを買った方がいいと思います。

 

カシミヤセーターよりも購入しづらい

 最近、アパレルメーカーは「カシミヤセーター」を沢山作っています。

 

 やはり、「カシミヤ」というのは、高級セーターの代名詞ですし、欲しがる人が多いからです。

 

 ヤクのセーターもカシミヤに負けない機能性があるのですが、知名度的には、カシミヤには劣ります。

 

 そのため、アパレルメーカーも、カシミヤセーターに比べると、あまりヤクのセーターを作っていません。

 

 そうなると、いざ、「ヤクのセーターが欲しい」と思っても、商品数が少なく、選択肢が少ないというデメリットがあります。

 

 ただ、今後、消費者がヤクのセーターの魅力に気づけば、もう少し商品数が増える可能性はあると思います。

 

気温が上がった時に、暑くなりすぎる場合がある

 ヤクのセーターには、抜群の保温力があります。

 

 ただ、保温力が高すぎるせいで、気温が上がってくると、着ていて暑くなりすぎる場合があります。

 

 そのため、自分は、冬場で割と気温が高い日は、ヤクのセーターは着ないようにしています。

 

まとめ

 ヤクのセーターについて説明してきましたが、いかがだったでしょうか。

 

 「価格が高い」というデメリットはあるものの、ヤクは、とても優れた素材です。

 

 カシミヤの陰に隠れがちではありますが、「暖かくて肌触りの良いセーターが欲しい」という方は、カシミヤだけでなく、ヤク素材のセーターもチェックしてみるといいと思います。

 

 寒がりで敏感肌の方には、特におすすめできるセーターです。