しょうの雑記ブログ

ファッション、食べ物、おすすめの商品、プロ野球、音楽などについて書いたブログです。

モンベル「ブリーズスパン・ワークキャップ」

 今回は、キャップのレビューをします。

 

 レビューするのは、mont-bell(モンベル)の「ブリーズスパン・ワークキャップ」です。

 

 自分は、ネイビーのカラーを所有しています。

 

f:id:bamen:20211202094717j:plain

f:id:bamen:20211202094731j:plain

f:id:bamen:20211202094754j:plain

f:id:bamen:20211202094811j:plain

 

webshop.montbell.jp



 

 

 

メリット

通気性が抜群

 このキャップの大きな売りは「通気性の良さ」です。

 

 まず、生地の厚さはかなり薄手です。

 

 そして、メッシュ生地ではないものの、メッシュ並みの通気性の良さを誇ります。

 

 非常に通気性が良いので、暑がりの方や、汗っかきの方には、特におすすめできます。

 

 また、裏側の額の当たる部分に凹凸のある柔らかい素材が貼られており、額の部分が蒸れにくいのも嬉しいです。

 

 ワークキャップというのは、一般的に、厚手のコットン素材のものが多いです。

 

 しかし、そうなると、かぶっていて、結構蒸れます。

 

 また、最近、アウトドアブランドからは、ナイロン素材のワークキャップも出ています。

 

 しかし、ナイロン素材も、結構蒸れます。

 

 「通気性の良いワークキャップ」というのは、探してもなかなか見つからなかったりします。

 

 そういう意味では、ありそうでない商品だと思います。

 

生地の風合いが良い

 こちらのキャップの生地は、「ポリエステル90%、綿10%」となっています。

 

 主にポリエステルが使われているにも関わらず、見た目はマットで、落ち着いた雰囲気です。

 

 パッと見は、まるでコットン100%生地のような風合いです。

 

 そのため、普段着にも合わせやすくなっています。

 

シワが付きにくい

 また、この生地は、シワが付きにくい仕様となっています。

 

 全くシワが付かない訳ではありませんが、かなりシワになりにくい生地だと思います。

 

 シワを気にしなくてよいので、取り扱いに気を使いません。

 

折りたたんで持ち運べる

 このキャップは、薄手なので、折り畳むとコンパクトになります。

 

 そのため、かぶらない時は、カバンにいれて持ち運べます。

 

 畳んでカバンに入れておいても、しわくちゃになりません。

 

手軽に洗える

 このキャップに用いられている素材は、綿とポリエステルなので、手洗いであれば、手軽に洗えます。

 

 帽子は、汗などで汚れやすいので、手軽に洗えるのは嬉しいポイントです。

 

洗っても乾きやすい

 素材にポリエステルが90%も入っているので、速乾性があります。

 

 生地自体も薄手なので、洗ってもすぐ乾きます。

 

 洗ってもすぐ乾くのは、なかなか便利です。

 

合わせやすいデザイン

 こちらのワークキャップのデザインは、非常にベーシックです。

 

 クセのないデザインなので、様々な格好に合わせやすくなっています。

 

 また、「mont-bell」のロゴが小さく、控えめなのも嬉しいポイントです。

 

 位置もサイドに付いているので、あまりロゴが目立ちません。

f:id:bamen:20211202095059j:plain

f:id:bamen:20211202095115j:plain

 

 アウトドアファッションだけでなく、様々な服装に合わせられるキャップだと思います。

 

丈夫で長持ちする

 このハットの生地は薄手ですが、ポリエステルが多く含まれているので、薄い割になかなか丈夫です。

 

 そのため、ラフに扱っても、なかなかへたりません。

 

 このあたりは、「さすがアウトドアブランド」といった感じです。

 

細かいサイズ調整が可能

 こちらのキャップは「S/M」「M/L」という2つのサイズ展開です。

 

 そして、バックアジャスターが付いているので、サイズ調整が可能です。

f:id:bamen:20211202094811j:plain

 

 細かいサイズ調整が可能なのは、なかなか嬉しいですね。

 

 サイズ選びについては、『頭が小さい人は、「S/M」サイズ』『頭が大きい人は、「M/L」サイズ』といった感じで選べばいいと思います。

 

価格が手頃

 こちらのキャップの価格は、2750円(税込)です。(2021年12月現在)

 

 ワークキャップで2000円台というのは、なかなか安いのではないでしょうか。

 

デメリット

かぶりの深さがやや深い

 このキャップをかぶってみると、「かぶりの深さがちょっと深いな」と感じました。

 

 個人的には「もう少し浅い方が好みだな」と思いました。

 

 ただ、この辺は、好みの問題だったりするので、「このくらいの深さがちょうどいい」という方もいると思います。

 

 しかし、浅いキャップが好みの方は、「ちょっとしっくりこない」と思うかもしれません。

 

まとめ

 モンベルの「ブリーズスパン・ワークキャップ」のレビューを行ってきましたが、いかがだったでしょうか。

 

 世の中にワークキャップは沢山ありますが、これだけ通気性の良いワークキャップは、なかなかないと思います。

 

 「通気性が良く、カジュアルな格好に合わせやすいワークキャップ」を探している方には、おすすめできる商品だと思います。

 

 ワークキャップなので、アウトドアファッションだけでなく、アメカジ系のファッションとも相性がいいです。