しょうの雑記ブログ

ファッション、音楽、プロ野球、食べ物、おすすめの商品などについて書いたブログです。

ニトリ「大判バスタオル」

 最近、新たにバスタオルを買ったので、その商品レビューをします。

 

 今回買ったのは、ニトリの「大判バスタオル」です。

 

f:id:bamen:20210601212611j:plain

f:id:bamen:20210601212638j:plain

f:id:bamen:20210601212701j:plain

f:id:bamen:20210601212723j:plain

 

www.nitori-net.jp

 

 価格は、999円でした。

 

 70cm×140cmという大きめのサイズです。

 

 

 

 

良い点

表面の肌触り

 タオルの表面は、パイルの毛足が長くて、肌触りがなかなか良い感じです。

 

値段が安い

 このバスタオルは、999円で、1000円を切る価格です。

 

 大判なのにこの値段というのは、なかなか安いと思います。

 

生地は肉厚

 こちらの商品は、結構厚みがあります。

 

 値段の安いバスタオルは、一般的に、ペラペラなものが多いです。

 

 しかし、こちらは、値段が安い割にしっかり厚みがあるので、その点は良いのではないでしょうか。

 

カラーバリエーションが豊富

 こちらの商品は、暗い色から明るい色まで、様々な色があります。

 

 色展開は、11色もあります。

 

 人によって好みの色は違うので、自分の好きな色を選べるというのは、良い点だと思います。

 

悪い点

裏面の肌触りがイマイチ

 このバスタオルの表面は、なかなか肌触りが良かったです。

 

 しかし、裏面は、パイルの毛足が短くて、肌触りはイマイチでした。

 

 確かに、表面だけで拭けば、そこまで肌触りは気にならないかもしれません。

 

 ただ、タオルを拭く前に、わざわざ裏表を確認する人はあまりいないと思います。

 

 そうなると、1/2の確率で、肌触りが悪い面で拭くことになります。

 

 だからといって、拭く前に毎回裏表の確認をするというのも、煩わしい作業です。

 

 そのため、「裏面の肌触りが悪い」というのは、かなり大きなマイナスポイントです。

 

まとめ

 ニトリの「大判バスタオル」のレビューをしましたが、いかがだったでしょうか。

 

 個人的には、裏面の肌触りが悪いというマイナスポイントが大きかったため、そこまで気に入りませんでした。

 

 もう少し価格が上がったとしても、裏面も表側と同じように作ってほしかったです。その点は、非常に残念でした。

 

 ただ、そこまで肌触りを気にせず、「安い価格で、厚みのあるバスタオルが欲しい」という方には良いと思います。