しょうの雑記ブログ

ファッション、音楽、プロ野球、食べ物、おすすめの商品などについて書いたブログです。

メルカリで売れやすいユニクロの服

 

f:id:bamen:20210328200141p:plain

出典:dポイントクラブ https://dpoint.jp/store/item/index.html?id=327819

 

 ほとんどの人は、「ユニクロ」の服をいくつか持っていると思います。

 

 ユニクロは、値段も手頃で、全国どこでも買うことができます。

 

 また、値段が手頃な割に、品質も高いです。

 

 ただ、色々と買って使っていく中で、「これはもう着ない」というアイテムも出てくるでしょう。

 

 着なくなったユニクロの服がある場合、リサイクルショップで買い取ってもらう人も多いと思います。

 

 しかし、リサイクルショップでユニクロの服を買い取ってもらうと、「10円」「20円」のような非常に安い値段しかつかず、がっかりした経験がある人も沢山いるでしょう。

 

 ただ、着なくなったユニクロの服をメルカリに出品すると、意外に高値で売れるものもあります。

 

 そのため、着なくなったユニクロの服は、まずリサイクルショップに持って行くのではなく、「メルカリで売ること」も検討してみるといいでしょう。

 

 そして、「メルカリで売れそうだ」と思ったら、出品してみましょう。

 

 ただ、注意しなければいけないのは、全てのユニクロの服がメルカリで売れる訳ではないということです。

 

 中には、出品したものの、全然閲覧されず、「いいね」もつかず、売れ残ってしまうものもあります。

 

 最初から、「これはメルカリで売れなそうだ」と分かっている商品の場合は、手間をかけてメルカリで出品するより、安値でもリサイクルショップで買い取ってもらった方が良い場合もあります。

 

 メルカリに出品する前に、「売れそうか、売れなそうかの見極め」をすることが大事です。

 

 出品する前に、それをを自分なりに判断する必要があります。

 

 ただ、自分なりに判断すると言っても、「どういう服が売れやすくて、どういう服が売れにくいのかわからない」という人は多いでしょう。

 

 自分は、普段からメルカリを利用していますが、沢山利用する中で、「こういったユニクロの商品は高値がつきやすい」という傾向がわかってきました。

 

 そこで、今回は、「いらないユニクロの服をメルカリに出すべきか」と迷っている方のため、「メルカリで売れやすいユニクロの服」と「メルカリで売れにくいユニクロの服」の特徴について詳しく解説していきます。

 

 

 

 

メルカリで売れやすいユニクロの服

 まずは、メルカリで売れやすいユニクロの服についてです。

 

アウター系

 トップスに関しては、「インナー」と「アウター」を比べると、「アウター」の方が高値がつきやすいです。

 

 アウター系は、元の値段が高いので、インナーよりも高値で売れやすくなっています。

 

 ちなみにこちらが、自分が過去にメルカリで売ったアウターの画像です。

 

 こちらは、マウンテンパーカーですが「2800円」で売れました。

 

 ユニクロの商品で2800円というのは、なかなか高い価格ではないかと思います。

 

f:id:bamen:20210328200435j:plain

 

 マリンパーカーは、1400円で売れました。

 

 それほど高い値段ではないですが、リサイクルショップで買い取ってもらうよりも、だいぶ割は良いと思います。

 

f:id:bamen:20210403153058j:plain



 

ブロックテック・パーカー

 ユニクロには数多くのアウターがありますが、その中でも「ブロックテック・パーカー」は人気が高い商品です。

 

 「ブロックテック・パーカー」は、防水素材を使っていて、雨の日でも着られるので、非常に機能性が高い商品です。

 

 ただ、新品だと6000円くらいはするので、ユニクロのアウターの中では価格が高めです。

 

 ただ、ユニクロの「ブロックテック・パーカー」は、「経年劣化」するという欠点があります。

 

 そのため、あまり昔に買ったものだと、なかなか買い手がつかないこともあるので注意してください。

 

感動ジャケット

 「感動ジャケット」も、高値で売れやすい商品です。

 

 「感動ジャケット」は、テーラードジャケットですが、ストレッチ性があり、非常に着やすいジャケットです。

 

 また、シワもつきにくく、手入れも楽です。

 

 非常に着心地が良く、「着た時に感動する」ような着心地ということで、「感動ジャケット」と名付けられたようです。

 

 このジャケットは、ビジネスマンや、大人っぽいコーディネートが好きな方から人気があります。

 

 こちらのジャケットは、定価約6000円で、ユニクロのジャケットの中では高めです。

 

 そのため、中古で探している人も多くなっています。

 

自分がメルカリで「感動ジャケット」を売った時の画像です。

 

f:id:bamen:20210329092748j:plain



 3600円で売れました。

 

 ユニクロの商品にしては、なかなかの高額で売れたのではないでしょうか。

 

 

ダウンジャケット

 冬場のシーズンでは「ダウンジャケット」も非常に人気が高い商品です。

 

 ユニクロのダウンジャケットは、軽くて暖かいですが、新品で買うと、ユニクロの中ではやや高めです。

 

 そのため、中古で探している人も多いので、メルカリではよく売れます。

 

 ただ、最近の冬は暖冬傾向ですので、あまり分厚すぎるダウンジャケットよりも、薄手のダウンジャケットの方が人気かもしれません。

 

インナー系

 では「インナー系は全く売れないのか」と言うと、そうではありません。

 

 中には、インナーであっても、高値で売れる商品もあります。

 

カシミヤセーター

 ユニクロでは、冬場に「カシミヤセーター」を出しています。

 

 カシミヤセーターは、普通のセーターよりも肌触りが柔らかく、上質なセーターです。

 

 ユニクロのカシミヤセーターは、他のブランドに比べると値段は安くなっています。

 

 しかし、新品だと1万円くらいするため、中古で探している人が多いです。

 

 そのため、メルカリでもよく売れます。

 

 自分が過去にメルカリで売ったカシミヤセーターの画像です。

 

f:id:bamen:20210328200535j:plain

 

 2500円で売れました。

 

 これも、なかなか悪くない価格だと思います。

 

 ただ、出品したのが3月だったので、これくらいの価格に落ち着いてしまいました。

 

 真冬に出品していたら、さらに高値がつくと思います。

 

 

コラボ商品

 ユニクロでは、「デザイナーとのコラボ」「アーティストとのコラボ」「キャラクターとのコラボ」など、様々なコラボ商品が出ています。

 

 そういった商品は、ワンシーズン限りで販売終了となるものが多くなっています。

 

 そのため、「あの商品が欲しかったけど、買い逃したので中古で探そう」という人も多く、メルカリでも売れやすくなっています。

 

売れにくい商品

 メルカリでユニクロの商品が売れると言っても、どんな商品でも売れる訳ではありません。

 

 出品しても、全く買い手がつかず、売れ残ってしまう商品もあります。

 

 ここからは、そういった商品の特徴について説明していきます。

 

 やはり、「元の価格が安くて、デザインにインパクトがなく、どこでも買える商品」というのは、なかなか買い手がつかない傾向にあります。

 

 では、それは具体的にどういった商品なのか、詳しく解説していきます。

 

無地のスウェット

 普段、無地のユニクロのスウェットを愛用している人は多いと思います。

 

 ユニクロのスウェットは、良い商品だと思いますが、メルカリでは売れにくい商品です。

 

 無地のスウェットは、元々の値段が安く、デザインにインパクトもありません。

 

 どこのユニクロでも買えて、痛むのも早い商品です。

 

 そのため、わざわざ「中古をメルカリで買おう」という人はあまりいないので、なかなか売れません。

 

無難なデザインのシャツ

 「無地のシャツ」「地味なチェックシャツ」といったような無難なデザインのシャツは、なかなかメルカリで売れません。

 

 元の値段が安くて、どこでも買えるからです。

 

 しかも、新品でセールになることも多いので、わざわざ「メルカリで中古を買おう」と思う人はあまりいません。

 

 ただ、無難なデザインのシャツであっても「デザイナーとのコラボ商品」であれば、買い手がつく場合もあります。

 

ボトムス全般

 ユニクロの商品の場合、トップスに比べて、ボトムスはメルカリで売れにくい傾向があります。

 

 ユニクロのボトムスは元々の値段が安いため、中古を探している人はあまりいません。

 

 また、ボトムスというのは、トップスに比べて、「商品を見ただけでは着用したイメージがつかみにくい」という部分があります。

 

 メルカリでは、商品の着用画像を載せている人はほとんどいません。

 

 そうなると、「着た後にどんな感じになるのか、イメージしにくい」と思って、買うのを敬遠されてしまします。

 

 そのため、いらなくなった中古の「定番のジーンズ」や「定番のチノパン」がある場合は、無理にメルカリに出品せず、リサイクルショップで買い取ってもらった方がいいかもしれません。

 

 ただ、限定の商品であったり、デザイン的に大きな特徴がある商品の場合は、ボトムスであっても買い手がつくこともあります。

 

 また、定番のボトムスでも、「タグ付きの新品未使用品」であれば、ボトムスでも買い手がついたりします。

 

まとめ

 「ユニクロで売れやすい服」と「売れにくい服」について詳しく解説してきましたが、いかがだったでしょうか。

 

 一般的に、「ユニクロの服は、メルカリで売っても大したお金にならないだろう」と諦めている人が多いです。

 

 しかし、ユニクロの服であっても、中には高値で売れるものもあるので、そういった考え方はもったいないと思います。

 

 いらなくなったユニクロの服がメルカリで高値で売れれば、新たな洋服を買う資金にもできますし、おいしいものを食べに行ったりもできます。

 

 いらなくなったユニクロの商品があって、「これはメルカリで売れそうだ」と思ったら、試しに出品してみましょう。

 

 出品してみると、思わぬ高値が付く商品もあると思います。

 

 ユニクロの服をメルカリに出品するべきか迷った際は、是非この記事を参考にしてみてください。