しょうの雑記ブログ

ファッション、音楽、プロ野球、食べ物、おすすめの商品などについて書いたブログです。

「成長すること」より「楽しむこと」を一番の目標にする

 今の日本社会においては「成長すること」が常に求められます。

 

 学生の時は、常に「成績を上げること」が求められます。

 

 そして、社会人になって会社に入ると「売り上げをどんどん伸ばしていくこと」が求められます。

 

 今の日本社会は、資本主義社会ですから、そういった社会である以上、「成長すること」がどうしても最重視されてしまうという側面があります。

 

 しかし、今は、高度経済成長期とは違います。

 

 「物を作れば、作っただけ売れる」という時代ではありません。

 

 少子化で人口は減っているので、当然、買い手の数は減っています。

 

 また、それに加え、日本社会には、既に沢山の物が溢れかえっているので、物はなかなか売れません。

 

 そのため、今の社会の状況では、社員が必死で頑張ったところで、なかなか売り上げは上がりません。

 

 しかし、そういう状況でも、会社や社会は、個人に対して「常に成長をしていけ」というプレッシャーをかけてきます。

 

 その中で、多くの人は、自分を磨き、成長するよう常に努力しています。

 

 ただ、努力し続けられる人がいる一方、プレッシャーに押しつぶされて、うつ状態になってしまう人もいます。

 

 そして、それが酷くなると、うつ病になってしまいます。

 

 うつ病になってしまうと、毎日が楽しくないですし、直すまでに相当時間がかかります。

 

 人によっては、一生直らないような人もいます。

 

 そうなってしまうのは、悲しいことです。

 

 確かに、「成長すること」には、良い面もあります。

 

 しかし、今の社会では、「成長すること」へのプレッシャーが非常に強いため、うつ病になる人が沢山いるのも事実です。

 

 そのため、最近は、「成長すること」を一番の目標にすることに対して、疑問を持つようになりました。

 

 そして、「成長すること」よりも、「楽しむこと」を一番の目標にして生きていった方がいいのではないかと考えるようになりました。

 

 やはり、生きている中で一番充実しているのは、「楽しい」と感じる瞬間だと思います。

 

 それならは、「いかに楽しむか」を最重視して生きていった方が、充実した人生になるのではないでしょうか。

 

 結局、みんなが成長したがっているのは、「成長を実感できると楽しい」からです。

 

 成長するということは、「今までできなかったことができるようになる」ということです。

 

 今までできなかったことができれば、人は「楽しい」と感じます。

 

 その楽しさを得るために、人は成長しようとするのです。

 

 本来、人間が成長することを目指すのは、「成長する楽しさを得るため」だと思います。

 

 しかし、その本来の目的を忘れ、「成長」を一番の目標にしてしまうと、成長できなかった時に「何で成長できなかったんだ」と自分を責めてしまいます。

 

 そして、日々の生活の中で楽しいことがあっても、「成長できないなら、楽しくても意味がない」と楽しいことを否定してしまいます。

 

 せっかく楽しめることがあったのに、素直に楽しめないというのは、非常にもったいないことです。

 

 しかし、「成長すること」を一番の目標にしてしまうと、こういうことがよく起こります。

 

 そうならないためには、「成長すること」を一番の目標にするのではなく、「楽しむこと」を一番の目標にして生きてみましょう。

 

 ただ、「楽しむことを一番の目標にしていると、全く成長できなくなるのではないか?」と不安になる人もいるでしょう。

 

 確かに、成長を一番の目標にした方が、楽しむことを一番の目標にするより、成長はしやすくなります。

 

 ただ、楽しむことを一番の目標にしたからといって、全く成長できなくなる訳ではありません。

 

 「楽しいと思うことばかりしていたら、気づいた時には、昔よりだいぶ成長していた」ということもよくあります。

 

 ですから、「楽しみながら成長する」ということは、十分可能です。

 

 ただ、楽しむことが最優先なので、成長することは、あくまでおまけだと思ってください。

 

 「楽しむことを最優先して、結果的に成長できればラッキー」くらいの気持ちで臨むのがいいと思います。

 

 一方で、何か物事に取り組む中で、「成長はしているが、全然楽しくない」ということもあると思います。

 

 こういう時、「成長することが一番の目標」と考えていると、「楽しくないけれど、成長できているからいいや」と考えたりします。

 

 しかし、もし、そう考えているなら、その考えは捨てましょう。

 

 「成長できても、楽しくなければ意味がない」と考え、何か楽しめることを探しましょう。

 

 ただ、そう言うと、「成長できてるんだから、楽しくなくてもいいじゃん」と反論する人もいるでしょう。

 

 そう言う人は、よく考えてみてください。

 

 いくら成長できているからといって、全く楽しくないことを続けるのは苦痛です。

 

 そして、成長できているのに楽しめていないということは、今取り組んでいることが、本質的に自分に合っていない可能性が高いということです。

 

 本質的に自分に合っていないことをずっと続けていって、果たして幸せな人生だと思えるでしょうか?

 

 自分は、それが幸せな人生だとは、とても思えません。

 

 そんなことをするくらいなら、たとえ成長できなかったとしても、楽しいと思うことをやり続ける方が、よっぽど幸せな人生だと思います。

 

 やはり、「成長すること」よりも「楽しいこと」を一番の目標にした方が、心を健康に保ちやすくなり、充実した毎日を送りやすくなります。

 

 人間は、たとえ成長できなかったとしても、毎日楽しいことがあり、それを素直に楽しめるのであれば、充実感を感じられるものです。

 

 そのため、今まで「成長すること」を一番の目標にして生きてきた人は、その考え方を捨てて、「楽しむこと」を一番の目標にする生活を送ってみましょう。

 

 その方が、きっと、より良い人生になると思います。

 

 せっかくこの世に生まれてきたのですから、なるべく沢山、楽しいことをして生きていきましょう。