しょうの雑記ブログ

ファッション、音楽、プロ野球、食べ物、おすすめの商品などについて書いたブログです。

人とは比べず、「最悪だった時期の過去の自分」と比べる

 人はどうしても、つい、「自分と他の人」を比べてしまったりします。

 

 そして、人と比べると、つい、「他の人の優れている点」や「自分が劣っている点」を見つけてしまいます。

 

 そうなると、「自分はダメだ」と自己嫌悪に陥りがちです。

 

 世の中には、沢山の人がいます。

 

 そのため、「自分は、これはそこそこ才能があるな」と思うことがあっても、周囲を見渡すと、自分より才能を持った人がいたりします。

 

 そして、ネットやテレビを見ると、その周囲の人よりもさらに才能がある人を見つけて、愕然とします。

 

 そうすると、「自分は井の中の蛙だった」と感じ、「才能があると思っていたけれど、実は才能がなかった」と落ち込んでしまったりします。

 

 しかし、これは、よく考えると、とてももったいないことです。

 

 他の人と比べなければ、「自分は、これに関してはそこそこ才能があるな」と自信を持ち続けられた訳です。

 

 自信を持ち続けていれば、もっとその才能を伸ばせたかもしれません。

 

 下手に人と比べてしまい、自信を失ってしまうと、なかなか才能というのは伸びません。

 

 そうなってしまうのならば、最初から人と比べない方が得策です。

 

 しかし、「人と比べるな」と言っても、それができる人はなかなかいません。

 

 比べる対象がないと、何かに集中して取り組んでいても、張り合いがなくなってしまいます。

 

 やはり、比べる対象があるからこそ、「今、うまくできているぞ」とか「もっと工夫が必要だぞ」と感じる訳です。

 

 そして、比べる対象として一番手軽なのが「他人」なので、ついつい人と比べてしまうのです。

 

 しかし、人間は「自分を何かと比べなければ気が済まない生き物」であるとするなら、人とは比べず「自分」と比べるようにしましょう。

 

 人と比べるより、「過去の自分」と比べた方が、どれくらい上達したか、はっきりわかるので、自信を持ちやすくなります。

 

 しかし、過去の自分と比べると言っても、注意しなければならないのは、「一番良かった時期とは比べない」ということです。

 

 過去を振り返ると、「すごく輝いていた時期」があったりします。

 

 そうした時期と今を比べてしまうと、「あの頃は良かった」と思ったり、「あの頃に比べると、今の自分はダメだ」と自己嫌悪に陥ってしまったりします。

 

 過去の自分と比べて、自信を無くしてしまったら、意味がありません。

 

 そこでおすすめなのが、「最悪だった時期の自分」と「今の自分」を比べることです。

 

 人間、誰しも、過去を振り返ると「あの頃は酷かった」「あの頃は最悪だった」「もうあの頃に戻りたくない」という時期があるでしょう。

 

 そういう時期と今を比べると「あの頃に比べると、今の方がだいぶましだ」とか「今の自分も、案外悪くないな」と思えたりします。

 

 「最悪だった時期」と比べると、今の自分に対して、自信がつきます。

 

 そうなると、前向きな気分で物事に取り組めるようになったりします。

 

 しかし、中には、「最悪だった時期のこと」を思い出すと、その時のことを思い出して、気分が落ち込んでしまう人もいます。

 

 そういう人は、無理に「最悪だった時期の自分」と比べる必要はありません。最悪だった時期ではない過去の自分と比べましょう。

 

 ただ、「最悪だった時期」を思い出しても落ち込んだりしない人は、「最悪だった時期」と「今の自分」を比べることをおすすめします。その方が、今の自分に対して、より自信が持てるからです。

 

 やはり人間、「自信を持つこと」というのは非常に大事です。

 

 自信がないと、物事はなかなかうまくいきません。

 

 自信を持って興味のあることに取り組んでいると、人はどんどん才能を伸ばせます。

 

 そして、才能を伸ばした方が、人生は楽しくなります。

 

 人と比べて自信が持てなくなっているのなら、人と比べるのはやめましょう。

 

 そのかわり、「最悪だった時期の自分」と比べて、自信を持ちましょう。

 

 どんな形であれ、「今の自分」に対して自信を持っていた方が、今後うまくいく確率は高まります。