しょうの雑記ブログ

ファッション、音楽、プロ野球、食べ物、おすすめの商品などについて書いたブログです。

栄昇らーめん匠(煮干しらーめんがおすすめ)

 今回は、千葉県にある、おすすめのラーメン屋についてです。

 

 紹介するのは、「栄昇らーめん匠」というお店です。

f:id:bamen:20210121222859j:plain

 

tabelog.com

 

 場所は、JR津田沼駅から徒歩3分です。

 

 新京成線の新津田沼駅からは徒歩1分です。

 

 駅から近いのは嬉しいですね。

 

 津田沼には、元々、「栄昇らーめん」という店がありますが、こちらの店は、その支店です。

 

 魚介系のだしを使ったラーメンを提供しています。

 

 店に入ると、入り口付近に券売機があるので、券を買って、店員に渡します。

f:id:bamen:20210121223031j:plain

 

 こちらのお店は、エプロンも貸してくれるようです。

 

 ラーメンは、汁が服に付くのが気になりますから、こういった配慮は嬉しいですね。

 

 店内は、比較的狭く、カウンターのみの作りです。

 

 こちらの店のラーメンには、いくつか種類があります。

f:id:bamen:20210121223105j:plain

 

 その中でも、一番ベーシックなのが「煮干しらーめん」です。

f:id:bamen:20210121222834j:plain

 

 個人的には、このメニューが一番おすすめです。

 

 値段は、普通盛りで650円です。

 

50円増しで大盛りにできます。大盛りは、1.5玉入っています。

f:id:bamen:20210121223243j:plain

煮干しらーめん、大盛り

 

 普通盛りだとちょっと量が少なめなので、男性の場合は大盛りがおすすめです。

 

 大盛りでも、そこまで多すぎるということはありません。

 

「ちょっと多めかな」くらいの感じです。

 

 スープは、煮干しだしを使った醤油味です。

 

 煮干しは、すっきりしていて飲みやすいです。

 

 油も、それほど多くありません。

 

 しかし、すっきりしていながらも、味わいは深く、ついついスープが進んでしまいます。

 

 麺は中太麺で、硬めです。

f:id:bamen:20210121223349j:plain

 

 しっかりとコシがあって、おいしい麺です。

 

 麺とスープのバランスもとてもいいと思います。

 

 具材は、「なると、白髪ねぎ、穂先メンマ、チャーシュー」が載っています。

 

 白髪ねぎは、シャキシャキしていておいしいです。

 

 穂先メンマは、食感が面白く、味も濃い目についています。

 

 穂先メンマと麺を絡めて食べると、さらにおいしさが増します。

 

 チャーシューは薄めで、あっさりした味付けです。

 

 そのため、食べても、重くなりすぎません。

 

 食べてみると、「すごくバランスがいいラーメンだな」と感じます。

 

 あっさりしてはいますが、煮干しだしがしっかり効いているので、物足りなさはありません。

 

 また、具材もシンプルですが、バランスが取れていて、スープや麺とよく合っています。

 

 そこまで派手さがある味ではないですが、食べるとほっとする味わいです。

 

 そして、しばらく経つと、また食べたくなります。

 

 煮干しらーめんの他には「あごだしらーめん」もあります。

f:id:bamen:20210121223440j:plain

 

 値段は700円です。

 

 こちらは、あご(トビウオ)でだしを採ったラーメンです。

 

 麺は細麺です。

 

 具材は、煮干しラーメンと同じです。

 

 味わいは、煮干しラーメンと似ています。

 

 これはこれでおいしいですが、煮干しらーめんよりも50円高いので、個人的には、「それならば、煮干しラーメンの方がいいかな」とも思ったりします。

 

 ですから、やっぱり煮干しらーめんがイチオシですね。

 

 最近のラーメン屋は、段々と高級化が進んでいるので、1杯1000円以上の店も少なくありません。

 

 そんな中、煮干しらーめんが「1杯650円」というコストパフォーマンスは素晴らしいと思います。

 

 低価格の割には、味もとてもおいしいです。

 

 そのため、「リーズナブルな値段で、おいしい煮干しラーメンが食べたい」と思っている方には、特におすすめです。

 

 津田沼駅周辺に寄った際は、ぜひ食べに行ってみてください。