しょうの雑記ブログ

ファッション、音楽、プロ野球、食べ物、おすすめの商品などについて書いたブログです。

「長く着られる洋服」を選ぶためのコツ

 洋服を買う際に、「見た目がとてもいいな」と思って買ったのに、すぐに着なくなってしまったという経験はないでしょうか?

 

 一目ぼれした洋服でも、実際に着用して生活してみると「なんか違うな」と違和感を覚えることがあります。

 

 そういった違和感が強いと、せっかく買った服でも、着なくなり、タンスの肥やしになってしまったりします。

 

 せっかく洋服を買うのならば、長く着られる服を買いたいところですが、長く着られる服をうまく買えないという人は、意外と多いです。

 

 そういう自分も、今まで、結構失敗をしてきました。

 

 しかし、そういった失敗も、実は自分の糧になります。

 

 失敗をすると、「買い物で失敗しないためには、こういったことに気をつければいいのか」ということが、段々わかってきます。

 

 そういったことが積み重なると、買い物での失敗は減り、「長く着られる服」をうまく選べるようになってきます。

 

 そこで、今回は、自分が考える「長く着られる洋服を買うためのコツ」を4つお伝えします。

 

 

 

 

肌触りの良さ

 洋服というのは、一度その服を着ると、身に着けている時間は結構長いものです。

 

 肌触りが悪い服は、いくら見た目だ良くても、最終的に着なくなる確率が高いです。

 

 逆に、肌触りの洋服というのは、着ていて気持ちがいいので、必然的に長く着るようになります。

 

 買い物をする際に、見た目や値段ばかりを気にして、肌触りをあまり気にしない人がいます。

 

 そういった方は、買い物の際、「肌触り」についても、細かくチェックしてみてください。

 

 そうした方が、長く付き合える服を選びやすいです。

 

機能的かどうか

 洋服を着る際、「機能的かどうか」は、非常に重要です。

 

 機能的な服というのは、使い勝手が良いので、必然的に長く着る確率が高くなります。

 

 「機能的」という言葉は、ちょっと漠然としているので、もう少し具体的に考えてみましょう。

 

 洋服を買う際には、以下に挙げる「機能」にも注目して選ぶようにしてみてください。

 

動きやすさ

 まず、服を着るうえで重要な機能と言えば、「動きやすさ」でしょう。

 

 洋服の中には、動きやすいようにゆとりのあるシルエットにしたり、動きやすいカッティングで作られた服があります。

 

 また、動きやすいよう、伸縮性のある素材を使っている場合もあります。

 

 そういった服は、着ていてストレスが少ないので、長く付き合えたりします。

 

 洋服を買う時に試着した場合は、軽く動いてみて「動きやすさ」をしっかりチェックした方がいいでしょう。

 

ポケット数・ポケットの位置

 洋服にはポケットがついているものも多いですが、機能性という面で言えば、ポケットは非常に重要です。

 

 一般的に、ポケットの数が多い服ほど、機能性は高まります。

 

 購入時には「ポケットの数」も気にしてみしょう。

 

 また、ポケットというのは、数だけでなく「位置」も重要です。

 

 ポケットが沢山ついていても、使いずらい位置にポケットが付いていたのでは、いみがありません。

 

 試着の際には、ポケットに手を入れてみて、使いやすい位置についているかも確認しましょう。

 

防水・撥水性

 日本は、元々雨の多い国です。

 

 加えて、最近は、気候変動により、ゲリラ豪雨も増えています。

 

 そういった環境ですと、「防水・撥水機能」のついた服というのは、重宝します。

 

 「防水・撥水機能」が付いていると、その服を着る確率は上がります。

 

 そのため、アウターを買う場合は、「防水・撥水機能」がついているかもチェックしましょう。

 

涼しさ

 夏服の場合、長く着られるかどうかは、「涼しさ」が非常に重要です。

 

 着ていて涼しいと感じるかどうかは、「通気性」と「肌触り」が大きく影響します。

 

 例えば、麻素材の服は、通気性が良く肌触りもさらっとしているので、とても涼しく感じます。

 

 そして、最近は、化学繊維でも、通気性が良く、ひやっとした肌触りの服が出ています。

 

 また、タイトな服より、ゆったりした服を選んだ方が、風を通しやすいため、涼しく感じます。

 

 そして、当然ながら、生地の厚さは、厚いより薄い方が涼しく感じます。

 

 夏服を買う際は「着ていて涼しいかどうか」を、しっかりチェックしましょう。

 

暖かさ

 冬服の場合、「暖かさ」は非常に重要です。

 

 着ていてあまり暖かくないと、着なくなる確率は高いです。

 

 逆に、暖かい服だと、ついつい長く着たくなります。

 

 最近では、色々な中綿素材がありますが、個人的には、冬服の場合、中綿は「ダウン」が一番おすすめです。

 

 ダウンの「包み込まれるような優しい暖かさ」は、着ていてとても心地よいので、一度着ると、なかなか手放せなくなります。

 

味が出るかどうか

 洋服の中には「デニム」や「レザー」など、着込むと経年変化してきて「味」を楽しむことのできるものがあります。

 

 「味の出る服」というのは、大抵、天然素材になります。

 

 天然素材というのは、化学繊維に比べて、どうしても機能的には劣る部分があります。

 

 しかし、多少機能が劣ったとしても、「味の出る服」というのは、ついつい着たくなる魅力があります。

 

 ある程度着込んで、「少し味が出てきたな」ということに気が付くと、「もっと味を出すため、着続けよう」と思うようになります。

 

 そして、自分なりの良い味が出てきた服というのは、なかなか手放せなくなります。

 

 買い物をする段階で、味の出る素材を優先的に選ぶようにすると、長く付き合える服に出会いやすくなります。

 

「見た目第一」では選ばない

 洋服を選ぶ際に、「見た目第一」で選ぶ人は多いです。

 

 洋服というのは、人から見られるものですから、「なるべく見た目が良いものを選びたい」と思いがちです。

 

 しかし、見た目だけで選んでしまうと、着心地が悪かったり、機能的でないために、すぐに着なくなる可能性が高いです。

 

 そうなることを避けるためには、「見た目第一で選ばない」ことが重要です。

 

 洋服というのは、時に「一目ぼれ」する時もあります。

 

 しかし、そんな時こそ、すぐに買うことをぐっとこらえて、見た目以外の部分を吟味してから、購入するかどうかを決めましょう。

 

「見た目第一では選ばない」ことを心がけていると、失敗を減らせるので、長く付き合える洋服に出会える確率は上がります。

 

まとめ

 「長く着られる洋服を買うためのコツ」について説明してきましたが、いかがだったでしょうか。

 

 長く着られる服を選ぶためには、チェックするポイントは意外と沢山あります。

 

 洋服を買う前に、これらのポイントを頭に入れておくと、「長く着られる服」をうまく選べるのではないかと思います。

 

 「長く着られる服を買いたい」と思っている方は、次に洋服を買う時の参考にしてみてください。