しょうの雑記ブログ

ファッション、音楽、プロ野球、食べ物、おすすめの商品などについて書いたブログです。

「昔の良い思い出」を思い出すのは、良くないことか?

 人は、ふとした時に、昔を振り返ることがあります。

 

 ついつい、「昔の良い思い出」を思い出して、それに浸ってしまうことがあります。

 

 ただ、世の中には、たとえ良い思い出であっても、「昔を振り返ることは良くない」と言う人もいます。

 

 そういう人は、「昔を振り返るのは、時間の無駄。そんな時間があるなら、今に集中しろ」と言います。

 

 そのような意見を聞くと、「確かにそうかもな」と思ったりします。

 

 昔のことというのは、「過ぎ去ってしまい、今はもうないこと」です。

 

 今はもうないことを思い出して、思い出に浸るのは、確かに無駄な気もします。

 

 しかし、人によっては、「昔の良い思い出」を思い出すことで、気持ちが前向きになることもあります。それは、果たして、良くないことなのでしょうか?

 

 そういったことを考えると、「昔を振り返るのは良くないこと」とは、一概に言えない気がします。

 

 しかし、逆に、「昔の良い思い出」を思い出すことで、気持ちが後ろ向きになることがあります。これは、あきらかに時間の無駄で、良くないことです。

 

 では、「昔の良い思い出」を思い出した時、どういう場合に気持ちが前向きになって、どういう場合に気持ちが後ろ向きになるのかを考えていきます。

 

 今、自分が置かれている現状と関連付けず、「今とは別のこと」と切り離して昔のことを楽しめる場合は、気持ちが前向きになります。

 

 しかし、今、辛い状況に置かれていて、「昔の楽しかった時」と今を比較してしまう場合は、気持ちが後ろ向きになります。

 

 ですから、「昔の楽しい思い出」を思い出した時に、「あの頃はよかった」とか「あの頃に比べて、今はダメだ」という気持ちが湧いてきたら、その思い出に浸るのは辞めましょう。

 

 「あの頃はよかった」とか「あの頃に比べて、今はダメだ」という気持ちが浮かんでくるということは、過去と今とを比較してしまっている証拠です。

 

 そのため、その思い出に浸ってしまうと、今の自分を否定してしまうので、マイナスです。ただの時間の無駄です。

 

 そういった気持ちが湧いてきたら、直ちに過去を思い出すことは辞めてください。

 

 逆に、「昔の良い思い出」を素直に楽しめる場合は、その思い出にどっぷりと浸っていいでしょう。昔のことを素直に楽しめるということは、今と昔を比較していないということです。

 

 それならば、「昔の良い思い出」を思い出すことで、気持ちが前向きになり、自分にとってプラスになります。

 

 人間、なかなか過去からは逃れられないものです。

 

 ただ、逃れるのが難しいのであれば、少し考え方を変えましょう。

 

 無理に逃れようとするのではなく、「過去をうまく利用する」ことを考えましょう。

 

「過去の思い出」をうまく利用して、今の自分の気持ちを、より良い方向に持って行くようにしましょう。