しょうの雑記ブログ

ファッション、音楽、プロ野球、食べ物、おすすめの商品などについて書いたブログです。

自己啓発セミナーに参加した時の体験談

 自分は、以前、人生に行き詰っていた時、「自分を変えたい」と思って、一度だけ、自己啓発セミナーに参加したことがあります。

 

 ただ、今思えば、自己啓発セミナーというのは、それほど良いものだったとは思いません。確かに、それに参加することで得られるものもありますが、参加費が異常に高く、コストパフォーマンスは悪いです。

 

 しかし、後になって思い返してみると、「あれは、体験としては、なかなか面白かったし、貴重な体験だったな」と思うようになりました。

 

 そこで、今回は、「自己啓発セミナーに参加した時の体験談」を語っていこうと思います。

 

 

 

参加する経緯

 その自己啓発セミナーに参加したのは、知人からの紹介でした。

 

 知人も、そのセミナーに参加した経験があるらしく、「すごくよかったから、将来に迷っているなら、参加してみたら?」と勧められました。

 

 最初は、そのセミナーの参加費が高額だったので、迷いました。

 

 しかし、その知人は、信用できる人柄だったため、思い切って参加することにしました。

 

費用

 費用は、確か、トータルで30万円くらいだったと思います。

 

 今思うと、30万円は、かなり高額です。

 

 しかし、当時は、ある程度の貯金があり、生活にも多少、余裕がありました。

 

 そのため、「30万円なら、出せない金額ではない」と思い、「自分を大きく変えるきっかけになれば」と思い、思い切って30万円を支払いました。

 

日程

 日程は、2泊3日でした。

 

場所

 場所は、山の中にある宿泊施設でした。

 

 自己啓発セミナーとういうのは、「普段の生活とは違う雰囲気の場所」の方が効果的なので、山の中で行っているのだと思います。

 

 その中には、広いホールのようなスペースもありました。

 

 そういったスペースを使って、ワークショップを行っていきました。

 

参加中のこと

セミナーの流れ

 このセミナーには、講師がいます。

 

 講師の教えに従って、期間中にいくつものワークショップを行うという流れで進んでいきました。

 

参加人数

 はっきりとは覚えていませんが、15人くらいだったように思います。

 

自己紹介

 セミナーの最初は、自己紹介をします。

 

 普段、どのような仕事をしているか、どのような目的で、このセミナーに参加したかを、皆の前で発表していきます。

 

ニックネームを決める

 そして、セミナーの中で使用する「ニックネーム」を決めました。

 

 「○○ちゃん」のような、小学校時代に友達から呼ばれていたようなニックネームになることが多かった気がします。

 

 ニックネームを決めることで、「連帯感が高まる」「心を開きやすいようになる」「子供の頃の気持ちに戻りやすい」といった効果があるように思います。

 

参加者の就いている職業

 参加者の就いている職業としては、「社長」が圧倒的に多かったです。

 

 これは、参加費が「30万円」と高額ということもあると思います。

 

 参加費が高額なので、自然と、収入の多い「社長」が多く参加していたのでしょう。

 

 また、会社の経営というのは、色々と悩みがつきものです。

 

 そのため、「何か新しい気づきを得たい」と思って、こういうセミナーに参加するのでしょう。

 

3日間、寝食を共にする

 泊まるところは、大部屋に、男女に分かれて泊まりました。

 

 大部屋に布団を敷いて、雑魚寝というスタイルです。

 

 また、食事は、宿泊施設の方で用意してくれる食事を食べました。

 

 決まった時間に、皆で食べるというスタイルです。

 

 こういった、「合宿」のような形で寝食を共にすることで、初めて会った同士でも、親密感や連帯感が深まる感じがしました。

 

親への気持ちを告白する

 ワークショップの中で印象的だったのは、「親への気持ちを告白する」ワークショップです。

 

 自分が子供に戻ったつもりで、親への気持ちを告白します。そして、親に対して、「こうしてほしかった」などと、気持ちをぶつけるのです。

 

 こういったワークショップでは、感極まって号泣してしまう人もいます。

 

 誰でも、親に対しては、複雑な気持ちを持っているものです。

 

 大人になってからも、「子供の時、ああしてほしかった」という気持ちは残り続けたりします。

 

 そういった気持ちを吐き出すことで、「カタルシス効果」を得られ、すっきりするのだと思います。

 

秘密の告白

 「隠していた秘密を告白する」というワークショップも行われました。

 

 最初は、小さな秘密の告白くらいだったのが、時間が経つにつれ、皆、大きな秘密を告白することになります。

 

 そして、そういった告白を言う方も、聞く方も、号泣といった雰囲気になります。

 

 こういった「言えなかった秘密」を言うことで、言う側は、すっきりします。

 

 そして、聞く側も「よくぞ、そんなことを言ってくれた!」という気分になり、グループの親密感や連帯感が高まっていきます。

 

ワークショップ中に、スキンシップを多くとらせる

 自己啓発セミナーに参加して、印象的だったのは、「スキンシップを多くとらせる」ということでした。

 

 ことあるごとに、ハグをしたり、手をつないだりします。

 

 参加者は、最初は、照れてぎごちないのですが、繰り返すうちに、スキンシップを取ることに、抵抗がなくなってきます。

 

 スキンシップを多くとらせるのは、「参加者の連帯感を高める」「参加者が自己解放しやすくなる」といった目的なのだと思います。

 

トンネルをくぐるワークショップ

 自己啓発セミナーの終盤には、「トンネルをくぐるワークショップ」を行いました。

 

 参加者は、「トンネルを作る人、大勢」と「トンネルをくぐる人、一人」に分かれます。

 

 「トンネルを作る人」は、四つん這いになって、トンネルを作ります。

 

 「トンネルをくぐる人」は、その中を、四つん這いでくぐっていきます。

 

 トンネルを作る人は、トンネルを通る人が簡単に通れないように、トンネルと通る人が来ると、道を狭くします。

 

 トンネルを通る人は、それに負けないように、なんとかトンネルをくぐって、ゴールに向かいます。

 

 参加者は、全員、必ず1回は「トンネルをくぐる人」になって、トンネルをくぐる体験をします。

 

 これはおそらく、「苦労して何かを達成させる」ということを目的としたワークショップだと思います。

 

 実際にやってみると、確かに、達成感がありました。

 

 苦労してゴールまで辿り着いた時は、なんだか生まれ変わったような気分になりました。

 

「将来の夢」を書くワークショップ

 自己啓発セミナーの一番最後には、「将来の夢」を書くワークショップがありました。

 

 大きな紙に、自分が将来やりたいことや、夢を、どんどん書いていくのです。

 

 このワークショップの前に、「トンネルをくぐるワークショップ」を行っていたので、皆、気分はかなり高揚していました。

 

 そのため、何を書こうか考え込んでいる人は少なく、皆、すらすらと、やりたいことを書き込んでいました。

 

 そして、その紙は、自分で持って帰ってよいということになりました。

 

 そんな形で、自己啓発セミナーは終わりました。

 

参加し終わった直後

 参加し終わった直後は、やる気がみなぎっていて、高揚感があり、活動的に過ごしていたように思います。

 

参加し終わって、少し時間が経った後

 前述のように、自己啓発セミナーに参加して、1ヵ月くらいは、気分が高揚し、活動的に動いていました。

 

 しかし、1ヵ月を過ぎると、段々、気分も元に戻りました。

 

 人によって違いはあると思いますが、自分の場合、気分が高揚するのは、せいぜい1ヵ月くらいでした。

 

 その後は「普段の自分」に戻ってしまいました。

 

まとめ

 「自己啓発セミナーに参加した時の体験談」について語ってきましたが、いかがでしょうか。

 

 「お金にかなり余裕があって、すぐにやる気を出したい」という人は、自己啓発セミナーに参加してみてもいいかもしれません。

 

 しかし、自分の意見としては、30万円分の価値があるかといったら、微妙です。

 

 確かに、参加した後の1ヵ月は、やる気が出ました。しかし、その後は、元の自分に戻ってしまいました。

 

 「1ヵ月のやる気を出すために、30万円を払う」というのは、コストパフォーマンスが悪いなという印象です。

 

 また、世の中には、「宗教がらみの、非常に怪しい自己啓発セミナー」もあります。

 

 そのため、あまり調べずに、よく知らない自己啓発セミナーに参加するのは危険です。

 

 そういったセミナーに下手に参加すると、洗脳されて、抜け出せなくなる恐れもあります。

 

 実際、こういった自己啓発セミナーの手法が、新興宗教に取り入れられていることもあります。

 

 もし、「この自己啓発セミナーに参加してみたい」と思ったら、まずは、ネットでそのセミナーについての評判を調べてみることをお勧めします。

 

 そして、評判を調べてみて、怪しくなさそうだったら、参加してみてもいいのではないでしょうか。

 

 ただ、そんなことを言いながらも、自分は、もう二度と自己啓発セミナーには参加しないと思いますが(笑)。

 

 しかし、「人生経験」という意味では、なかなか興味深い経験でした。