しょうの雑記ブログ

ファッション、音楽、プロ野球、食べ物、おすすめの商品などについて書いたブログです。

松屋の「シュクメルリ(ジョージア料理)」を食べてきました

 最近、ネットで見て気になっていた松屋のメニューを食べてきました。

 

 それが、「シュクメルリ」です。

 

 「シュクメルリ」は、「ジョージア料理」とのことです。

 

 「ジョージア料理」には馴染みがなかったので、「どういうものか、試しに食べてみたい」という好奇心が湧き、食べてみることにしました。

 

ジョージアとは

 「ジョージア」という国名を聞いても、ピンとこない人が多いでしょう。

 

 ジョージアは、ロシアとトルコの間に位置する国です。

 

 以前は、「グルジア」と呼ばれていましたが、今は「ジョージア」という呼び方になっています。

 

 元々は、ソ連の一部でしたが、ソ連の解体とともに、独立した国です。

 

 ロシアの隣ということで、冬はかなり気温が下がるようです。

 

 ちなみに、ジョージア出身の有名人だと、大相撲の力士、「栃ノ心」がいます。

 

シュクメルリとは

 シュクメルリは、「にんにくとチーズのホワイトソースで、鶏もも肉を煮込んだ料理」です。

 

 「世界一にんにくをおいしく食べるための料理」とも称されているようです。

 

 個人的に、にんにくは好きなので、期待が高まります。

 

https://www.matsuyafoods.co.jp/matsuya/news_lp/200112.html

 

「シュクメルリ、ライスセット」を注文

 松屋の店内に入り、券売機のメニューを見ると、シュクメルリには、「単品」「シュクメルリ鍋定食」「ライスセット」の3種類があるようです。

 

 「シュクメルリ鍋定食」には、『みそ汁、ライス、生野菜』がつくとのこと。

 

 「ライスセット」には、『みそ汁、ライス』がつくとのこと。

 

 シュクメルリ単品でも、結構ボリュームはありそうだったので、今回は「ライスセット」を注文することにしました。

 

 「シュクメルリ、ライスセット」の値段は、730円でした。

f:id:bamen:20200120164057j:plain

f:id:bamen:20200120164126j:plain



味について

 ホワイトソースを一口食べてみると、にんにくが効いているのが、はっきりとわかります。

 

 普通のホワイトソースのシチューより、パンチのある味わいになっています。

 

 そのため、普通のシチューよりも、ご飯と合うようになっています。

 

 ホワイトソースには、チーズもかかっています。チーズの風味も、いい感じです。

 

 鶏肉は、かなり大きめで、食べ応えがありました。ホワイトソースにも、よく合う印象です。

f:id:bamen:20200120164318j:plain

 

 

 また、面白かったのは、具材として「さつまいも」が入っていることでした。

f:id:bamen:20200120164345j:plain

 

 普通、ホワイトシチューには「じゃがいも」が入っています。

 

 しかし、シュクメルリには、そのかわりに、さつまいもが入っていました。

 

 食べる前は「果たして、ホワイトソースにさつまいもが合うのか?」と疑問でした。

 

 しかし、実際に食べてみると、「これは、結構合うな!」と思いました。

 

 にんにくが効いたホワイトソースにパンチがある分、さつまいもの甘さが、それを中和してくれる感じがしました。

 

「シュクメルリ丼」にして食べるのがおすすめ

 自分は、「シュクメルリ、ライスセット」を食べる際に、ライスの上にシュクメルリを乗せて、「シュクメルリ丼」にして食べました。

f:id:bamen:20200120164207j:plain

 

 この食べ方は、非常にいいなと思いました。

 

 「シュクメルリ丼」にすることで、ライスにホワイトソースがよくからんで、よりおいしくライスが食べられる感じがしました。

 

 また、ライスにシュクメルリを乗せることで、シュクメルリの温度が下がるので、食べやすくなりました。

 

気になる点

 食べてみて、「おいしい」と思ったのですが、少し気になる点もありました。

 

熱すぎる

 シュクメルリを店内で食べる場合、鉄鍋に入って出てきて、熱々の状態で提供されます。

 

 ただ、食べてみて、「ちょっと熱すぎる」と思いました。

 

 そのまま食べたら、舌を少しやけどしたので、フーフーして、冷ましてから食べました。

 

 そのため、猫舌の人は、フーフーして冷ましたり、一旦ライスの上にシュクメルリをかけて、少し冷ましてから食べた方がいいです。

 

 また、熱すぎて、冷ますのに時間がかかるため、時間のない人は、このメニューは頼まない方がいいかもしれません。

 

みそ汁と合わない

 このメニューは、「ライスセット」や「定食」を選ぶと、「みそ汁」がついてきます。

f:id:bamen:20200120164239j:plain

 

 しかし、個人的な意見ですが、シュクメルリとみそ汁は、あまり合わないと思います。「みそ汁は、別につけなくてもいいのでは?」と思ってしまいました。

 

 

 そのため、「猫舌」で、「みそ汁はいらない」という人は、「持ち帰り」で買って、家で食べるのがいいかもしれません。

 

 持ち帰りにすると、持ち帰り用の容器に入れてくれるので、シュクメルリの温度は下がります。

 

 また、持ち帰りにするとみそ汁はつかないので、「みそ汁はいらない」という人には、好都合です。

 

 逆に、「みそ汁があってもいい。熱いのは平気だし、できるだけ熱々の状態で食べたい」と思う人は、店内で食べた方がいいでしょう。

 

まとめ

 松屋の「シュクメルリ」を紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

 

 多少気になる点があったものの、味はおいしく、全体的に満足できました。

 

 また、ジョージア料理を食べるのは、これが初めてだったので、なかなか面白い経験でした。

 

 「どこかで食べたことがあるようで、ない」といった独特の味わいが、新鮮でした。

 

 「シュクメルリ、ライスセット」の値段は、「730円」と、松屋にしてはちょっと高めではありますが、クオリティを考えると、この値段でも納得できます。

 

 冬場にぴったりの、体が温まるメニューですね。

 

 期間限定メニューとのことなので、気になった方は、期間限定が終わる前に、早めに食べに行ってみてください。