しょうの雑記ブログ

ファッション、音楽、プロ野球、食べ物、おすすめの商品などについて書いたブログです。

ザ・ノースフェイス「ヌプシブーティー」(おすすめの防寒シューズ)

 季節は冬で、もう、1月になりましたので、気温もだいぶ下がってきました。

 

 寒い季節になると、「足元が冷える」という方は多いと思います。

 

 足の冷えが気になる方だと、暖かい靴が欲しくなるでしょう。

 

 最近は、防寒性に優れた靴も、様々なメーカーからリリースされています。

 

 しかし、探してみると、「ちょうどいい防寒シューズ」は、意外と少ないものです。「暖かいけれど、履き心地が悪い」「履き心地はいいけれど、温かさがいまひとつ」「暖かいけれど、デザインがダサい」など、意外とちょうどいい防寒シューズが見つからなかったりします。

 

 そんな中で、自分がおすすめするのは、ザ・ノースフェイスの「ヌプシブーティー」という防寒シューズです。

 

 冬場は、この靴を愛用しているのですが、使ってみて、「この靴は素晴らしい!」と実感しています。

 

 そのため、今回は、「ヌプシブーティー」について、詳しく説明していきたいと思います。

 

 

 

f:id:bamen:20200104224430j:plain

f:id:bamen:20200104224448j:plain

f:id:bamen:20200104224508j:plain



この靴のメリット

 まずは、この靴のメリットについて説明します。

 

優れた防寒性

 この靴は、中に中綿が入っています。中綿が入ることで、防寒性が高くなっています。

 

 そして、この中綿は、ただの中綿ではありません。「プリマロフト」という中綿を使用しています。

f:id:bamen:20200104224547j:plain

 

「プリマロフト」について、詳しく説明します。プリマロフトは、天全素材である「ダウン」に似せて作られた人工の中綿です。

 

 プリマロフトは、保温性に非常に優れており、「ダウンの8倍、暖かい」と言われています。

 

 ただ、個人的に、ダウンとプリマロフトでは、ダウンの方が「自然な暖かさ」があると感じています。ダウンとプリマロフトを比べると、ダウンの方が「優しく、ほっとする暖かさ」という感じがします。そのため、個人的には、プリマロフトより、ダウンの暖かさの方が好みです。

 

 しかし、プリマロフトが暖かいというのは、間違いありません。なにしろ、「ダウンの8倍」の保温性がありますから。

 

 それだけの保温性がある中綿が入っているので、寒い日でも、この靴を履けば、足をしっかりと温めてくれます。

 

暖かいが、暑くなりすぎない

 暖かい防寒シューズは、世の中に沢山あります。ただ、実際には、「暖かいけれど、暑くなりすぎる」防寒シューズが多いのも事実です。

 

 街で生活する上では、「ずっと寒い場所」に1日中いるということは、あまりないと思います。

 

 生活の中で、外を歩いたりもするでしょうが、時には、暖房のきいた室内に入ることもあるでしょう。そういった際に、足が暑くなりすぎる防寒シューズが多いです。

 

 そうなると、「暑いから、靴を脱ぎたい」と思うでしょう。しかし、公共の場では、人の目があるので、なかなか靴が脱げません。そうなると、「暑くて脱ぎたいのに、履いたまま我慢する」ことになってしまいます。そうなると、せっかく暖かい靴を履いてきたのに、不快になってしまいます。

 

 しかし、「ヌプシブーティー」の場合は、暖房のきいた暖かい場所に入っても、それほど足が暑くなりすぎません。暖かい場所でも、比較的快適に過ごせます。

 

 ではなぜ、ヌプシブーティーは、温かい場所でも、足が暑くなりすぎないのでしょうか?

 

 それは、おそらく、この靴に「透湿機能」があるからでしょう。靴の中を湿気を逃がしてくれるので、蒸れずに、暑くなりすぎないのだと思います。

 

 意外に見逃されがちですが、防寒シューズを選ぶ際に、「暑くなりすぎないかどうか」は重要なポイントです。この靴は、「暖かいけれど、暑くなりすぎない」ので、優れた靴だと思います。

 

幅広で履きやすい

 日本人には、足の幅が広い人が多いです。

 

 そのため、足幅が広い人だと、防寒シューズを選ぶ際にも、「足幅が合わない」と断念する場合があるでしょう。

 

 しかし、このヌプシブーティーは、足幅が広い作りとなっています。そのため、足幅が広い人でも、快適に履いていただけると思います。

 

そこそこクッション性がある

 防寒シューズというのは、結構、「クッション性が弱い」ものが多いです。そのため、防寒シューズを持っていても、「暖かいけれど、クッション性がないので、履いていて疲れる」と感じている人は多いはずです。

 

 しかし、この靴は、そこそこクッション性がある作りとなっています。

 

 横から見ると、ソールにかなりボリュームがあります。

f:id:bamen:20200104224714j:plain

 

 そのため、防寒シューズの割に、クッション性があるのです。

 

 正直、ハイテクスニーカーに比べると、クッション性は劣るかもしれません。

 

 しかし、防寒シューズの中では、高いクッション性がある靴ですから、街で普通に履くには、十分なクッション性だと思います。

 

取り外し可能なインソールが入っている

 この靴には、取り外し可能なインソールが入っています。

f:id:bamen:20200104224748j:plain

f:id:bamen:20200104224801j:plain

f:id:bamen:20200104224813j:plain



 インソールが取り外せると、インソールを外して洗えるので、靴の中を清潔に保ちやすくなります。

 

 また、さらにクッション性の高い中敷きに変えると、クッション性をさらにアップさせることも可能です。

 

そこそこフィット感がある

 この靴は、長靴のような形をしています。長靴のようなブーツタイプの防寒シューズだと、「フィット感が悪くて、パカパカするのではないか?」と不安になる人もいるでしょう。

 

 しかし、この靴は、履き口がドローコードで絞れる仕様となっています。ドローコードをしっかり締めれば、フィット感が高まります。

f:id:bamen:20200104225053j:plain

f:id:bamen:20200104225109j:plain

 

 そのため、長靴タイプの靴にも関わらず、意外とフィット感が良いのも、メリットの一つです。

 

脱ぎ履きしやすい

 この靴は、靴紐がなく、長靴のようにスポッと履けるタイプです。そのため、脱ぎ履きがしやすいのも、大きなメリットです。

 

 冬場の座敷席での飲み会に行くことがあっても、この靴を履いていけば、ストレスなく脱ぎ履きできるでしょう。

 

防水性がある

 この靴には、「TEKWPROOF」という素材が使われています。

f:id:bamen:20200104224859j:plain

 

 「TEKWPROOF」というのは、ノースフェイス独自の防水素材です。ゴアテックスほどの防水性はないかもしれませんが、雨の日でも、十分に水を弾いてくれます。また、中綿も入っているので、大雨でも、靴の中にまで水が浸水することは、そうそうありせん。

 

 また、前述の通り、この靴には、プリマロフトが用いられています。プリマロフトは、ダウンに似せて作られた人工の中綿ですが、ダウンにない、大きなメリットがあります。それは「水に濡れても、保温性が保たれる」点です。

 

 ダウンというのは、水に濡れると、ぺしゃんこになってしまいます。そうなると、保温性が一気に低下します。

 

 しかし、プリマロフトの場合は、水に濡れても、中綿があまりぺしゃんこになりません。水に濡れた状態でも、暖かさは保たれます。

 

 そのため、豪雨で、プリマロフト中綿にまで浸水してしまったとしても、暖かさは保たれます。そういう意味でも、防水の防寒シューズに、ダウンではなくプリマロフトを使うというのは、理にかなっています。

 

 また、これから、さらに寒くなると、「雪」の降る可能性が高くなってきます。また、住んでいる場所によっては、もう既に、雪が積もっているところもあるでしょう。

 

 このブーツは、防水性があり、暖かいので、「雪の日」に大活躍します。また、ソールに滑り止めがついているため、雪道でも滑りにくくなっています。

 

耐久性がある

 自分が、この靴を買ったのは、数年前ですが、冬になると、毎年ガシガシ履いています。街履き程度ではありますが、数年履いても、全く壊れる気配はありません。

 

 やはり、アウトドアブランドだけあって、耐久性は十分です。

 

 耐久性に優れていて、何年も使えるので、そういう意味では、お得感があります。

 

この靴のデメリット

 この靴には、様々なメリットがありますが、デメリットもあります。デメリットについても、説明していきます。

 

カジュアルすぎるデザイン

 この靴のデザインは、非常にカジュアルです。カジュアルな格好には合いますが、シックな格好にはあまり合いません。

 

 そのため、普段、シックな格好をしている方は、この靴を合わせると、カジュアルすぎて、足が浮いてしまうかもしれません。

 

 ちなみに、自分の場合、少しでも落ち着いて見えるよう、真っ黒の色を選びました。こちらは、ノースフェイスのロゴも真っ黒となっています。

f:id:bamen:20200104225009j:plain

 

足元にボリュームが出すぎる

 中綿が入っているため、仕方のないことですが、この靴は、かなりボリュームのある見た目になっています。

 

 この靴には、様々なカラーバリエーションがありますが、色によっては、さらに足が大きく見えてしまったりします。

 

 膨張色を選ぶと、さらに足が大きく見えるため、足の大きさが気になる人は、黒や紺などの、引き締まって見える色を選ぶ方がいいでしょう。

 

 ちなみに、自分の場合は、足元のボリューム感を少しでも抑えたいと思い、真っ黒のものを購入しました。

 

ヌプシブーティーのバリエーションについて

 ヌプシブーティーには、いくつかの型があります。ブーツの筒の長さが長いものもあれば、短いものもあります。

 

 アウトドアでの使用を考えている場合や、豪雪地帯に住んでいる人は、筒が長めのモデルがいいと思います。

 

 しかし、街履きがメインで、雪があまり振らない地域の人は、筒が短めのモデルがいいと思います。筒が長すぎると、見た目のカジュアルさが増しますし、履いていて、暑くなりすぎるおそれもあるからです。

 

 ちなみに、自分は、千葉県在住で、筒が短めのモデルを使用していますが、「短めのものにして正解だった」と思っています。首都圏にお住まいの人ならば、筒が短めのモデルでも、防寒性は十分だと思います。

 

価格について

 2020年の1月時点で、筒が短いタイプの場合、定価は「16,500円+税」となっています。

 

 それほど安くはありませんが、機能性の高さを考えると、十分納得できる価格だと思います。

 

まとめ

 ザ・ノースフェイスの「ヌプシブーティー」について説明してきましたが、いかがだったでしょうか。

 

 「防水性があり、履き心地が良い防寒シューズを探している」という方には、この靴はぴったりだと思います。

 

 実際に履いて使って見ると、この靴の良さを、さらに実感できるはずです。

 

 防寒シューズを探している方は、一度、この靴を試してみてはいかがでしょうか。

 

 


ノースフェイス ヌプシ ブーティー ウォータープルーフ VI ショート メンズ ユニセックス TNFブラック NF51874

 

 


ノースフェイス ヌプシ ブーティー ウォータープルーフ VI メンズ ユニセックス TNFブラック NF51873

 

 


ノースフェイス スノーブーツ メンズ レディース Nuptse Bootie Wool V Short ヌプシブーティーウール5ショート ユニセックス NF51979 C THE NORTH FACE

 

 


■新春初売り目玉商品■ノースフェイス ウインターブーツ メンズ レディース ヌプシ ブーティー NF51873 / NT [スノー ブーツ]