しょうの雑記ブログ

ファッション、音楽、プロ野球、食べ物、おすすめの商品などについて書いたブログです。

Nulbarich(ナルバリッチ)「NEW ERA」

 2020年の元旦の朝、車に乗り、ラジオをつけました。当日の天気は、晴れでした。

 

 すると、ラジオから、ナルバリッチ(Nulbarich)の「NEW ERA」という曲が流れてきました。聴いていると、「元旦の朝に、バッチリはまる曲だな」と思いました。

 

 この曲が、自分にとって、2020年に入って、初めて聴いた曲でした。ラジオから流れてきたので、偶然ではありましたが、「2020年の最初に聴いた曲が、この曲でよかった」と思いました。

 

 すごく良い曲なので、この曲を、このブログの読者の方にも、紹介したいと思います。

 

ナルバリッチ(Nulbarich)とは

 曲の説明をする前に、「ナルバリッチ(Nulbarich)」というミュージシャンについて説明します。

 

 ナルバリッチは、2016年に結成された、日本のバンドです。シンガーソングライターのJQを中心に、構成されています。

 

 ただ、バンドといっても、JQ以外のメンバーは、はっきりとは固定されていないようです。そういう意味では、バンドというより、JQのソロプロジェクトと言った方がいいのかもしれません。

 

 音楽性は、ファンクなどのブラック・ミュージックをベースに、ロック、ジャズ、ポップスの要素も混じります。

 

 音楽的には、ジャミロクワイからの影響もかなり強く感じますが、ただの物真似には終わらず、しっかりとしたオリジナリティを感じます。

 

 ファンクをベースにしているにも関わらす、土臭くならず、都会的で、おしゃれな曲が多いです。

 

「NEW ERA」

 では、本題の「NEW ERA」という曲についてです。

 

 公式のYouTubeチャンネルに、曲がアップされているので、まずはこちらを聴いてみてください。

www.youtube.com

 

 聴いてみると、「サウンド全体が爽やかだな」という印象を受けると思います。夜よりも、朝が似合う雰囲気です。

 

 ギターの音もクリーンで、シンセの音も軽やかです。きれいなコーラスも入ります。

 

 爽やかな音を使った心地よい演奏に、JQの伸びやかな歌声が乗るのが、なんとも気持ちいい曲です。

 

 歌詞は、英語と日本語が半々といった感じです。

 

 パッと聴いて、意味は入ってきづらいものの、英語と日本語が違和感なく並べられていて、うまく曲に乗っています。そこも、聴いていて気持ちいいポイントの一つです。

 

 また、「NEW ERA」というタイトルも、いいなと思いました。「NEW ERA」というのは、日本語に訳すと、「新しい時代」という意味です。

 

 曲のタイトル通り、この曲には、「新しい時代の幕開け」という雰囲気がありますね。

 

 新年は、「新しい年の始まり」ですし、曲のタイトルも、新年に聴くのにぴったりです。

 

まとめ

 ナルバリッチの「NEW ERA」について説明してきましたが、いかがだったでしょうか。

 

 爽やかで、新年の始まりにはまる曲ですので、この曲で、新年をスタートしてみるのも、いいのではないでしょうか。

 

 ちなみに、この曲は、「Guess Who?」というアルバムに収録されています。下に、アマゾンのリンクを載せておきます。

 

 「NEW ERA」を聴いて、気に入ったら、ナルバリッチの他の曲も、色々聴いてみてください。他にも、良い曲が沢山あるので。

 

 


Guess Who?

 

 


Blank Envelope