しょうの雑記ブログ

ファッション、音楽、プロ野球、食べ物、おすすめの商品などについて書いたブログです。

クラークスの、ゴアテックスのワラビーブーツ(普段履きにおすすめの防水シューズ)

「雨の日に、どのような靴を履くかどうか」で、頭を悩ませている人も多いでしょう。

 

 最近の日本は、温暖化のせいか、急に雨が降ることも増えています。また、その際に、スコールのような強い雨が降ったりします。

 

 そういった際に、水に弱い靴を履いていると、靴の中まで水が浸水し、不快になります。

 

 また、デリケートな革靴なんかを履いていると、水染みができて落胆することもあります。

 

 雨の日が増えている現在の状況を考えると、「雨の日に履ける、防水の靴」を1足持っていると便利でしょう。

 

 しかし、「防水シューズ選び」は、なかなか難しいものです。

 

 防水シューズと聞いて、真っ先に思い浮かぶのは、「長靴」でしょう。長靴は、ゴム製なので、防水性は抜群です。

 

 しかし、長靴というのは、ゴム製であるがゆえ、「蒸れやすい」というデメリットがあります。ゴムは、水を靴の中に入れない反面、靴の中の湿気を逃がしてくれません。そのため、靴に湿気がたまり、また、履いていて不快になってきます。

 

 また、長靴は、デザインがあまりにカジュアルすぎて、シックな格好に合わないというデメリットもあります。最近は、おしゃれなデザインの長靴も出てきているものの、どうしても、「長靴」という感じが出てしまい、落ち着いた格好をしている時は、足元が浮いてしまったりします。

 

 長靴以外の防水シューズというと、「アウトドアブランドの防水シューズ」があります。最近は、アウトドアブランドも「防水・透湿性」のある靴を多くリリースしており、様々な種類があります。当然、機能性も高いです。

 

 しかし、デザイン面に目を向けると、「色が派手」だったり、「デザインがごちゃごちゃしている」ものがほとんどです。

 

 普段から、アウトドア系の洋服を着ている人には、こういったデザインでもいいかもしれません。

 

 しかし、普段、シンプルで落ち着いた格好をしている人だと、靴だけがコーディネイトの中で浮いてしまいがちです。

 

 そのため、「落ち着いた格好にも合わせられるデザインで、透湿性もある、防水の靴」となると、良い商品がなかなか見つからないものです。

 

 そこで、そういった靴をお探しの方に、是非おすすめしたいのが、「クラークスの、ゴアテックスのワラビーブーツ」です。

 

 ここからは、「クラークスの、ゴアテックスのワラビーブーツ」について、詳しく説明していきます。

 

 

 

この靴の良いところ

ゴアテックスを採用している

 まず、この靴の良いところは、裏地に「ゴアテックス」を使用しているところです。

 

 「ゴアテックス」は、ゴアテックス社が開発した「防水・透湿素材」です。ゴアテックス素材は、細かい穴が開いていますが、その穴の大きさは、水滴よりも細かい穴になっています。そのため、穴が開いているにも関わらず、水を通しません。しかし、穴は開いているので、湿気は逃がしてくれます。

 

 この靴は、裏側にゴアテックス素材を張りつけてあります。そうすることで、水が靴の中に入ってこず、なおかつ靴の中の湿気も逃がしてくれます。

 

 ゴアテックスの靴は「防水」と「透湿」の両方の機能があるため、雨の日でも、靴の中を快適に保つことができます。

 

 特に、蒸れやすい梅雨の季節などには、より効果を実感できるはずです。

 

アッパーが革なので、足になじみやすい

 この靴の裏地には、ゴアテックス素材が貼ってありますが、表地は革を使っています。

 

 革というのは、使っていくうちに伸びる性質があります。

 

 そのため、履いているうちに、革が足型に沿って伸びてくれるので、履きこむごとに足になじむようになります。

 

ビブラムソールを採用している

 通常のクラークスのワラビーブーツは、「クレープソール」を採用しています。クレープソールは、クッション性はあるものの、雨の日になると、すべりやすいというデメリットがあります。

 

 また、耐久性に難があり、使用していてすり減りやすいソールでもあります。

 

 しかし、こちらのゴアテックスのワラビーブーツは、「ビブラムソール」を採用しています。ビブラムソールは、ビブラム社が開発しているソールです。裏面を見ると、滑り止めがついていて、雨の日でも、滑りにくくなっています。

 

 また、耐久性があるので、雨の日にガンガン履きこんでも、すり減りにくいソールです。

 

 ゴアテックスに加え、「ビブラムソール」を採用することで、より雨の日に適した靴となっています。

 

取り外し可能なインソールがついている

 通常のクラークスのワラビーブーツには、取り外し可能なインソールはついていません。

 

 しかし、ゴアテックスのワラビーブーツには、取り外し可能なインソールがついています。

 

 取り外し可能なインソールだと、インソールを外して洗うことが可能です。そのため、靴の中を、より清潔に保ちやすくなります。

 

 また、インソールを変えることで、履き心地やフィット感を調整することもできます。

 

落ち着いたデザイン

 こちらの靴は、通常のクラークスのワラビーブーツと、ほとんど変わらないデザインです。

 

 クラークスのワラビーブーツは、大人っぽさがありつつも、カジュアルに履けるということで、根強い人気のあるデザインです。履き心地だけでなく、デザイン面の評価も高い靴です。

 

 そのため、こちらの靴も、「大人っぽいカジュアルな服装」に合わせるのに、ぴったりのデザインだと思います。

 

この靴のデメリット

クッション性が弱い

 この靴は「ビブラムソール」を採用しています。ビブラムソールは、クレープソールに比べて、硬いソールです。

 

 そのため、通常のワラビーブーツに慣れている方には、「ちょっと硬くて、クッション性が弱いな」と感じるかもしれません。

 

 ただ、こちらの靴には、取り外し可能なインソールが入っています。そのため、インソールを変えることで、クッション性をアップさせることも可能です。

 

 そのため、履いてみて、「ちょっと硬いな」と思う方は、クッション性の高いインソールに交換するのも、一つの手ではないでしょうか。

 

価格が高い

 こちらの商品の価格は、2020年1月現在で、定価が「29,000円+税」となっています。この価格を見て「高い」と思う人もいるかもしれません。

 

 ただ、通常のワラビーブーツも、定価は「24,000円+税」と、そこそこのお値段はします。「通常のワラビーブーツに、5000円加えるだけで、防水機能がつく」と思えば、「29,000円+税」という価格も、そこまで高くはないのではないでしょうか。

 

 それに、耐久性があるので、長く履くこともできます。

 

 物としてのクオリティを考えると、個人的に、この値段は、そこまで高くは感じません。

 

自分が所有しているモデルの紹介

 自分は、ゴアテックスのワラビーブーツを3足所有しているので、そちらを紹介します。

 

ナナミカ別注(ベージュスエード)

 2013年にリリースされた、「ナナミカ」というショップが別注したモデルです。自分は、こちらのモデルは、中古で購入しました。紐は、丸紐にかえています。

 

 アッパーは、ベージュのスエード素材です。

f:id:bamen:20191231205748j:plain

f:id:bamen:20191231205806j:plain

f:id:bamen:20191231205827j:plain

 

 「ベージュのアッパーに、レンガ色のソール」という色合わせに、ナナミカのセンスを感じます。

 

 シンプルなカラーリングですが、レンガ色のソールが、ちょっとしたアクセントになってくれます。

 

 様々な洋服に合わせやすく、気に入っています。

 

 ただ、使い続けているうちに、少しかかとが減ってきたので、「シューグー」でソールを盛ったりしながら、使っています。

 

 履き口部分には「GORE-TEX」のタブがつきます。

f:id:bamen:20191231205857j:plain

 

 内側のグレーの部分が、ゴアテックスのライニングです。

f:id:bamen:20191231205926j:plain

 

 取り外し可能なインソールです。

f:id:bamen:20191231205949j:plain

 

 インソールの裏側です。

f:id:bamen:20191231210012j:plain

 

 インソールの厚さは、このくらいです。

f:id:bamen:20191231210042j:plain

 

インラインのモデル(ブラック・レザー)

 ナナミカ別注のブーツを何年も使っていましたが、使い込んでいくうちに、少しずつボロくなってきました。

 

 そのため、「もう1足欲しい」と思い、2019年の12月に、2足目を購入しました。

 

 2足目に購入したのは、ショップの別注商品ではなく、インラインのモデルです。「1足目とは、雰囲気の違うものが欲しい」と思い、色はブラックで、表革を使ったモデルを購入しました。紐は、丸紐にかえています。

f:id:bamen:20191231213536j:plain

 

 表革には、シボが入っています。

f:id:bamen:20191231213616j:plain

 

 紐を丸紐にかえていますが、元々は、このような紐がついていました。白の模様の部分は、リフレクターになっています。

f:id:bamen:20191231213646j:plain

 

 オリジナルの紐をつけると、こんな感じです。これだと、ちょっとスポーティすぎる気がして、真っ黒の丸紐にかえました。

 

 また、丸紐の方が、締めたり、緩めたりしやすいというメリットもあります。

 

 ただ、オリジナルの紐は、リフレクターになっていて、夜の歩行時は目立つので、安全を重視したい方には、オリジナルの紐もいいかもしれません。

f:id:bamen:20191231213710j:plain

 

 取り外し可能なインソールです。

f:id:bamen:20191231213737j:plain

 

 ソールの裏は、こんな感じです。

f:id:bamen:20200101200420j:plain

 

 箱は、こんな感じです。

f:id:bamen:20191231213859j:plain

 

 こちらのモデルは、アッパーもソールもブラックなので、非常に落ち着いた雰囲気です。

 

 ナナミカの別注モデルよりも、よりシックな格好に合います。

 

 革は、履き始めから柔らかくて、いい感じです。履きこんでいくと、さらになじみそうです。

 

インラインのモデル(ネイビー・レザー)

 こちらも、インラインのモデルです。

 

 ネイビーレザーに白ソールというカラーリングが気にっています。

 

 こちらも、黒の丸紐に交換しています。

f:id:bamen:20201028213515j:plain

f:id:bamen:20201028213541j:plain

f:id:bamen:20201028213608j:plain

 

まとめ

 クラークスの、ゴアテックスのワラビーブーツについて説明してきましたが、いかがだったでしょうか。

 

 こちらの靴は、「多少、お金を出しても、良い防水シューズが欲しい」と思っている方におすすめです。値段は少ししますが、耐久性があるので、長く愛用できます。そう言う意味では、価格に見合った価値のある靴だと思います。

 

 こちらの靴は、2020年1月現在、新品で購入することが可能ですが、今後、定番的に展開するかどうかはわかりません。

 

 通常のワラビーブーツと違って、急に生産中止となり、買えなくなる可能性もあると思います。

 

 そのため、この記事を読んで、「この靴が欲しい」と思った方は、早めに手に入れることをおすすめします。

 

 こちらの靴を手に入れると、「雨の日の、頼もしい相棒」になると思いますよ。

 

 


クラークス オリジナルズ メンズ 防水 ワラビーブーツ 056J モカシン ゴアテックス Clarks ORIGINALS WallabeeBT GTX

 


Clarks WallabeeBT GTX クラークス ワラビーブーツGTX BLACK LEATER 黒 ゴアテックス 防水 メンズ ブーツ 26146260

 


CLARKS WALLABEE BOOT GTX クラークス ワラビー ブーツ ゴアテックス BLACK 26144519