しょうの雑記ブログ

物事の考え方、ブログ運営、ファッション、プロ野球、音楽、食べ物などについて書いたブログです。

スピッツ、「ハチミツ」の歌詞の、比喩表現のかわいさ

 「スピッツ」が好きな人は多いと思いますが、僕も、好きなバンドの一つです。

 

 スピッツは、様々な魅力があるバンドです。ただ、その中でも、僕自身は、「歌詞」にとても魅かれています。

 

 スピッツの歌詞は、ボーカル・ギターの草野マサムネさんが担当しています。

 

 草野さんの書く歌詞は、言葉選びが独特で、なかなか他では見られないような表現となっています。

 

 歌詞というより「ポエム」に近いのかなと感じます。それも、かわいらしさのあるポエムです。

 

 スピッツの代表曲の一つに「ハチミツ」という曲があります。この曲の歌詞も、工夫がこらされていて、すごく好きです。

 

 今回のブログ記事では、「ハチミツ」の歌詞を詳しく見ていきます。

 

「ハチミツ」の歌詞は、まず、冒頭の部分がすごくいいなと思います。

 

一人空しくビスケットの しけってる日々を経て

 

 

 この歌詞を聴いて、「うまい!」と思いました。

 

 「しけっている日々」という表現であれば、たまに見たことがあります。これは、「うまくいかなくて、くすぶっている日々」といったような意味でしょう。

 

 しかし、そこに「ビスケットの」が入ることで、一気に印象が変わります。「ビスケットの」が入ることで、どこかかわいらしさが加わります。

 

 「しけっている日々」だけだと、どこか暗い印象になります。しかし、「ビスケットの」が入ることで、暗い中にもかわいらしさが入るので、少し明るさも加わります。

 

 「ビスケットのしけっている日々」というのは、なかなか草野さん以外は思い浮かばない言葉だと思います。

 

 他にも、この部分の歌詞も好きです。

 

おかしな恋人 ハチミツ 溶かしていく

蝶々結びを ほどくように

 

 この表現も、聴いていて「うまい!」と思いました。

 

 ここは、「蝶々結び」という言葉を選んだのがポイントだと思います。

 

 あえて、「蝶結び」ではなく、「蝶々結び」にしたところがさすがだなと思いました。

 

 口に出した時のことを考えると、「ちょうむすび」より、「ちょちょうむすび」の方が、さらにかわいい感じがします。そのかわいさによって、曲に華やかさが加わっています。

 

 このように、スピッツというバンドは、「比喩の使い方」が、いちいちかわいいのです。そして、かわいいのに、あざとさがないところも素晴らしいです。「かわいくしよう」と狙っている感じはあまりなく、「自然に、かわいい言葉が出てきてしまった」という感じがします。

 

 それが、草野マサムネさんの「唯一無二の個性」だと思います。そういった個性があるからこそ、多くの人に支持されているのでしょう。

 

 ですから、今後、スピッツの曲を聴く際は、「歌詞の比喩表現」に注目して聴いてみてください。

 

 そうすると、ここで紹介したもの以外にも、「絶妙な、かわいい比喩表現」が見つかって、よりスピッツの楽曲を楽しめると思いますよ。

 

www.utamap.com

 

 


ハチミツ

 

 


【送料無料】 スピッツ / ハチミツ 【SHM-CD】