しょうの雑記ブログ

物事の考え方、ブログ運営、ファッション、プロ野球、音楽、食べ物などについて書いたブログです。

ブルーハーツ「ロクデナシ」(「生まれたからには生きてやる」)

 自分は、昔から、「どうも社会にうまく適応できない」と思うことがよくありました。学生時代は、学校にもうまくなじめなかったですし、社会人になっても、職場になじめないことが多く、仕事もなかなか長続きしませんでした。

 

 そんな自分を振り返ってみた時に、「社会不適応者だな」と落ち込むこともありました。しかし、そんな時に、ブルーハーツの「ロクデナシ」を聴くと、なんだか、少し救われたような気分になることがありました。

 

 この曲は、真島昌利(マーシー)が作詞・作曲をした曲です。

 

 メロディもいいのですが、何より、「歌詞」にグッときました。

 

 この曲の歌詞を聴くと、「この感じ、すごくよくわかる」という気持ちになりました。そして、それと同時に、勇気づけられました。

 

 そのため、今回は、「ロクデナシ」の歌詞について、詳しく見ていきます。

 

 

 この曲の冒頭は、こんな歌詞から始まります。

 

 役立たずと罵られて 

最低と人に言われて

要領よく演技できず 

愛想笑いも作れない

死んじまえと罵られて 

このバカと人に言われて

うまい具合に世の中と 

やって行くこともできない

 

 この冒頭の歌詞を聴くと、「この感じ、よくわかるな」と思ってしまいます。

 

 自分の人生を振り返ると、さすがにここまで直接的に罵倒されたことはあまりないですが、それに近いようなことは結構ありました。

 

 自分自身、仕事の要領が悪く、それを上司や同僚から非難されることがよくありました。「使えない」といったようなことを言われることもありました。

 

 そして、接客業をしても、自分では愛想よくふるまっているつもりでも、「もうちょっと明るくふるまえないの?」と言われたりもしました。

 

 そして、自分は、「心にもないお世辞」を言うことが苦手です。

 

 ただ、周囲を見渡してみると、上司に対して、心にもないお世辞をためらいなく言える人が沢山いました。当然ながら、そういうことをためらいなくできる人の方が、上司からは好かれます。

 

 しかし、自分は、そういうことがうまくできないので、上司からの印象も悪くなり、どんどん職場にいずらくなるという経験を沢山してきました。

 

 そのため、この冒頭の歌詞を聴くと、「ここで歌われている人の気持ちがよくわかる」と、共感してしまうのです。

 

 

 そして、サビの部分では、こう歌われます。

 

 全てのボクのような 

ロクデナシのために

この星はグルグルとまわる

劣等生でじゅうぶんだ 

はみだし者で構わない

 

 この歌詞の感じも、すごくよくわかります。

 

 ここで歌われているのは、「諦め」や「開き直り」の感情です。

 

 この歌詞の主人公は、「自分は、他の人のように、要領よく立ち回っていくことはとてもできそうにない。それならもう、『はみだし者』として、開き直ってやっていこう」と考えています。

 

 自分自身も、「他の人のように、要領よくできそうにない」と思って、こんな気持ちになることはよくあります。

 

 

 そして、僕がこの曲の中で一番好きなのは、後半のサビ前に歌われる、この部分です。

 

 生まれたからには生きてやる

 

 自分は、時々、「自分は、何のために生きているのかな?」と思う時がありますが、そんな時に、この歌詞を聴いて、「まさにその通りだ!」と感銘を受けました。

 

 人というのは、どうしても、「生きる理由」を探しがちです。

 

 そして、社会に適応できず、思ったような生き方ができないと、「生きている意味はあるのかな?」という気持ちになることがあります。そうなると、生きる意味がわからなくなり落ち込んでしまいます。

 

 しかし、この歌詞では、「生きる理由なんて、『生まれたから』ってことだけでいいじゃん。せっかくこの世に生まれたんだから、生きてこうぜ」と言っているのです。

 

 これには、ハッとさせられました。これを聴いて、「明確な生きる理由が見つからなくても、生まれたっていうことだけで、生きてもいいのかもな」と、少し気が楽になりました。

 

 

そして、歌詞は、こう続いていきます。

 

 誰かのサイズに合わせて 

自分を変えることはない

自分を殺すことはない 

ありのままでいいじゃないか

 

 この歌詞も、「まさにその通りだ!」と思いました。

 

 世の中には、自分を殺して、人に合わせることで、社会の中でうまく立ち回っている人がいます。

 

 しかし、そういうことが、うまくできない人もいます。そういう人は、うまく立ち回れている人の真似をしようとすると、どんどん苦しくなっていきます。

 

 ですから、そういうことが、うまくできない人は、「自分を殺さず、ありのままでいこう」と開き直った方がいいのかもしれません。

 

 確かに、自分を殺して、相手に合わせていると、沢山の人に好かれます。

 

 しかし、「自分を殺さず、ありのままでいく」からといって、全ての人に嫌われるとは限りません。沢山の人には好かれないかもしれませんが、中には、「その感じ、いいね」と言ってくれる人もいるはずです。

 

 ですから、社会の中でうまく立ち回るのが苦手な人は、「沢山の人に好かれる」ことを目指すのではなく、「少数の、自分を認めてくれる人を大事にする」方がいいのではないでしょうか。その方が、その少数の人とのつながりも濃くなるはずです。

 

 この歌詞を聴いて、そんなことを思いました。

 

 このブログの読者の中にも、「うまく社会に適応できなくて、生きている意味がわからない」と悩んでいる人がいるはずです。

 

 そういう人は、無理に生きる理由を探さなくてもいいと思います。生きる理由は「生まれたから」だけで十分です。

 

 そして、せっかく生まれたからには、「自分らしくいられる、楽しいこと」をなるべく沢山するようにしましょう。

 

 「生きている意味がわからない」と悩むような人は、日々の生活の中で、「楽しくないこと」をしている時間が多くなっているでしょう。

 

 しかし、そんな生活の中でも、よくよく探せば、「楽しいこと」も見つかるはずです。

 

 生活のために、つまらなくてやりがいのない仕事をしている人も、休みの日はあるはずです。そういう人は、休みの日には、仕事のことは忘れて、大好きな趣味に没頭してみましょう。そうすると、その趣味に没頭している時間は「生きている実感」が湧くと思います。その時間を大切にしましょう。

 

 人生は、仕事をしている時間が長いですが、仕事が全てではありません。つまらない仕事につかざるをえない人でも、それだけで人生に絶望することはないと思います。そういう人は、仕事以外の時間で、「生きている実感」を持てる時間を探しましょう。それが見つかったら、その時間を多く持てるように工夫していきましょう。

 

 この歌詞を聴いて、こんなことを考えました。やっぱり、せっかく生まれたからには、なるべく「楽しい」と思えることをしている時間を増やしたいものです。

 

 人間、楽しいことをしている時間が、一番、「今、自分は生きている」と実感できるはずですから。

 

 


YOUNG AND PRETTY

 

 


YOUNG AND PRETT [ ザ・ブルーハーツ ]