しょうの雑記ブログ

物事の考え方、ブログ運営、ファッション、プロ野球、音楽、食べ物などについて書いたブログです。

ブルーハーツ「リンダリンダ」の『ドブネズミ』についての考察

 僕には、昔からすごく好きなバンドがいます。

 

 それが、「ザ・ブルーハーツ」です。

 

 ブルーハーツは、80年代に人気になったバンドです。

 

 解散したのが95年ですが、いまだに根強いファンがいるバンドです。

 

 そんなブルーハーツの代表曲の一つに、「リンダリンダ」があります。

 

 この曲のサビは、速いテンポの明るいメロディに、「リンダリンダ」という歌詞が乗ります。

 

 そのため、サビだけ聴くと、「ノリのいい、能天気な、明るい曲なのかな?」と思ってしまうでしょう。

 

 しかし、この曲をじっくり聴くと、「ただのノリのいい曲ではない」ということがわかります。

 

 歌詞が秀逸で、非常に深い意味が込められています。

 

 この曲の歌詞のすごいところは、実はサビ以外の部分にあります。

 

 特に、冒頭の歌詞が秀逸なので、まずは、その部分を詳しく見ていきたいと思います。

 

ドブネズミみたいに 

美しくなりたい 

写真には写らない 

美しさがあるから

 

 

 この冒頭の歌詞では、一般的には、「汚い」と忌み嫌われる「ドブネズミ」のことを「美しい」と言っています。

 

 そして、「美しい」と言うだけでなく、「ドブネズミみたいになりたい」と歌っているのです。これは、なかなか衝撃的な歌詞です。

 

 そして、ドブネズミの美しさというのは、「写真には写らない美しさ」だと言っているのです。

 

 ドブネズミについて歌っているのは、この部分だけではありません。後半では、こう歌われています。

 

ドブネズミみたいに 

誰よりもやさしい

ドブネズミみたいに 

何よりもあたたかく

 

 

 ここでは、ドブネズミのことを「美しい」と言うばかりでなく、「やさしくて、あたたかい」とまで言っているのです。

 

 これは、どういうことなのでしょうか。

 

 一般的な常識にとらわれている人にとっては、よく意味のわからない歌詞でしょう。

 

 しかし、自分にとっては、「この歌詞で描かれている感覚、すごくよくわかる!」と、胸に刺さるものがありました。

 

 この歌詞についての解釈は、人によって様々だと思いますが、自分は、こう解釈しました。

 

 ここで歌われている「ドブネズミ」というのは、「自分が辛い環境にいる分、人の痛みがわかる人」のことです。

 

 世の中には、色々とうまくいかなくて、社会になじめずに、辛い思いをしている人がいます。

 

 そういう人は、自分が辛い思いをしている分、「辛い思いをしている人の気持ち」がよくわかります。

 

 そのため、他の人が辛い思いをしているのを見ると、そっと手を差し伸べたり、あたたかい言葉をかけたりすることがあります。そういう「やさしさ」を見せてくれると、同じように辛い思いをしている人は、救われたような気分になるでしょう。そういった場面で見せる「やさしさ」というのは、すごく「美しい」ことだと思うのです。

 

 今の世の中には、社会になじめない人が増えてきています。例えば、「ニート」だったり、「ひきこもり」「ワーキングプア」「うつ病の人」などです。

 

 こういった人達は、あまりお金を持ってないので、身なりはみすぼらしく見えるかもしれません。

 

 しかし、そういう人達でも、一人一人をじっくり見ていくと、ダメな部分だけではなく、「素晴らしい部分」も見えたりします。そういう人達の心の奥底に「やさしさ」が隠れていたりするのです。

 

 むしろ、自分としては、社会にうまくなじめている人より、なじめていない人の方が、「やさしい人」や「あたたかい人」の割合が多いと感じます。

 

 そういう「やさしさ」というのは、社会的にはあまり評価されなかったりします。

 

 しかし、社会的に評価されなくても、そういう「やさしさ」を持っているということは、それだけで素晴らしいと思うのです。

 

この歌詞を書いたのは、ボーカルの甲本ヒロトです。

 

 この歌詞を見て、「甲本ヒロトは、『見た目ではわからない、内面の価値』をちゃんとわかっている人」なんだなと思いました。そんな甲本ヒロトの人間性は、素晴らしいと感じます。

 

 そして、甲本ヒロト自身も、ここで歌われているような「ドブネズミ」なんだと思います。

 

 ブルーハーツがヒットしたことで、甲本ヒロトは「富と名声」を手にしました。ある意味、カリスマ的な存在で、「甲本ヒロトに憧れている人」は、世の中に沢山います。

 

 しかし、ブルーハーツがヒットする前までは、甲本ヒロトは、社会的に見ると「ドブネズミ」のような存在だったはずです。

 

 甲本ヒロトは、若い頃から、ボロボロの格好をして、パンクロックを歌っていました。そのため、世間からは、「汚い格好をしている、チンピラ」のように映ります。そうなると、「あの人とはあまり関わらないようにしよう」と、「ドブネズミ」のように敬遠されることもあったと思います。

 

 このように、世間から「ドブネズミ」のように、疎まれるパンクロッカーではありますが、じっくり話してみると、実は「やさしさ」や「あたたかさ」を持った人が多いのも事実です。甲本ヒロト自身も、そういうことを感じていたのではないでしょうか。

 

 そして、甲本ヒロト自身も、「内面的に美しい人になりたい」という気持ちがあったと思います。そういった思いが、この「リンダリンダ」の歌詞に、にじみ出ているように感じます。

 

 今回、この記事を書くため、改めて、じっくり「リンダリンダ」を聴き直してみました。

 

 そこで改めて、「ここで歌われている、『ドブネズミ』みたいな人になりたいな」と思いました。

 

 それは、「見た目だけではわからない、やさしさや、あたたかさを持った人」のことです。

 

 そういう人になることは、なかなか難しいことだとは思いますが、そういう人を目指していきたいところです。

 

 社会にうまくなじめなかったり、見た目はみすぼらしかったとしても、内面的なやさしさやあたたかさを持った、「人の痛みがわかる人」になりたいです。

 

 


THE BLUE HEARTS(デジタル・リマスター・バージョン)

 

 


THE BLUE HEARTS [ ザ・ブルーハーツ ]