しょうの雑記ブログ

物事の考え方、ブログ運営、ファッション、プロ野球、音楽、食べ物などについて書いたブログです。

洋服は、「良いところをきちんと説明できる服」だけを持つようにする

 ファッションが好きで、「ついつい、服を買いすぎてしまう」という人も多いでしょう。

 

 最近は、様々なブランドから、様々なテイストの服がリリースされるようになりました。そして、価格が安く、デザインや品質の良い商品も増えています。

 

 価格が安いと、それほど吟味せずに、服を買ってしまいがちです。そして、買ったはいいものの、結局あまり着ないということになりがちです。

 

 そのような買い方をしていると、服は次第にたまっていきます。

 

 そして、着ない洋服がたまっても、「まだ着れるから」と思うと、なかなか洋服を処分できくなります。そうなると、着ない服は、どんどんたまっていく一方です。

 

 着なくなった洋服をずっと持っているというのは、非常に「無駄」なことです。

 

 まず、部屋のスペースが洋服にとられて、狭くなります。また、洋服というのは、ある程度の手入れも必要なので、「手入れの時間」がとられます。そして、洋服が多いと、目当ての洋服が探しづらくなるので、「洋服を探す時間」もとられます。

 

 つまり、着なくなった洋服を所有していることにより、「自分が持っている、空間や時間が削られている」ことになります。これは、すごく「無駄なこと」と言えるのではないでしょうか。

 

 そのため、着なくなった洋服というのは、売るなり、誰かにあげるなり、捨てるなりして、なるべく早く処分するようにした方が得策です。

 

 しかし、「洋服を処分する」ということに抵抗がある人は多いでしょう。「今は全然着ていないけれど、まだ着られる」と思うと、なかなか思い切って処分できなかったりします。

 

 しかし、その服をもう着ていないなら、なんとか踏ん切りをつけて、処分するべきでしょう。その方が、「時間や空間」を節約することができるからです。

 

 洋服を処分しようかどうか迷った際は、「この服の良さを、きちんと説明できるどうか」を考えるようにしましょう。

 

 そこで、「ここが、この服の良いろころだ。他には、こんな良さもある」と、すらすら説明が出てくる服があったとします。そうだとしたら、その服は、あなたにとって「必要な服」、もしくは、「気に入っている服」です。そういう服は、処分せずに、大事にとっておきましょう。

 

 逆に、「ここが良い」ということをうまく説明できない服があったとします。その服は、「ただなんとなく持っているだけの服」です。そのため、良いところをうまく説明できない服があったら、すぐに処分しましょう。「なんとなく持っているだけの服」というのは、「いつか着るかも」と思ったとしても、大抵の場合は、もう着る機会はありません。

 

 ファッションが好きな人にとって、洋服を買うことは、「ストレス解消の手段」でもあります。そのため、必要でもないのに、つい買ってしまい、どんどん着ない服がたまっていってしまうのです。

 

 ただ、洋服というのは、「着るからこそ価値が出る物」でもあります。着ない服というのは、持っていても価値はありません。そのため、良いところを説明できず、着る機会を失っている服を見つけたら、どんどん処分していきましょう。

 

 そして、「良いところをきちんと説明できない服」を処分していけば、「本当に気に入っている服」ばかりを残すことができます。

 

 そうなれば、本当に気に入っている服だけを毎日身に着けることができるので、気分も上がりやすくなります。

 

 ファッションが好きな人にとって、服を処分することは、なかなか心苦しいことです。

 

 しかし、思い切って、「良いところをきちんと説明できない服」を処分していくと、こういった様々なメリットがあります。