しょうの雑記ブログ

物事の考え方、ブログ運営、ファッション、プロ野球、音楽、食べ物などについて書いたブログです。

ブログで、「良い記事を書けている実感」があるのに結果が出ない時は、あえてそのまま続けてみよう

 ブログを続けていると、「うまく結果が出ている時」もあれば、「なかなか結果が出ない時」もあります。

 

 「良い記事を書き続けられている」と自分で思っていても、ページビューが少ない日が続くことがあります。

 

 また、グーグル・アドセンスなどに登録して、ブログを「収益化」していても、収益が上がらないことがあります。

 「ページビュー」と「収益」というのは、数値で表されるので、わかりやすい「結果」と言うことができます。

 

 せっかくブログをやるからには、「結果」が欲しくなります。そして、結果が出ていないと、ついつい「何かを変えなければ」と思ってしまいがちです。

 

 確かに、「記事の内容がイマイチ」とか、「ブログのデザインがイマイチ」という自覚があるのならば、記事の内容を見直したり、ブログのデザインを変えるべきでしょう。

 

 しかし、「良い記事を書けている」という実感があって、「ブログのデザインも、良いデザイン」と自分で思っているのに、結果が出ないことがあります。

 

 そんな時でも、結果が出ないと「記事の内容を見直さなければ」とか、「ブログのデザインを買えなければ」と、つい思ってしまいます。

 

 しかし、そこは、あえて変えずに、今までと同じように続けてみましょう。

 

 ブログのデザインにこだわって、良い記事を書いていたとしても、必ずしも結果がでるわけではありません。

 

 ブログで結果を出すには、「運」も重要だったりします。良い記事を書き続けた上で、「自分のブログ記事がメディアに取り上げられる」とか、「インフルエンサーが自分のブログを拡散してくれる」などの「運」に恵まれると、ページビューや収益が増えて、「結果」が出ます。

 

 ですから、ブログで結果が出ないのは、記事の内容が悪いわけではなく、その「運」がまだ来ていないだけかもしれません。

 

 自分で、「良い記事を書けている」と思うのならば、自分の他にも「良い」と思ってくれる人が必ず一定数はいるはずです。そういった人々が、自分のブログを見つけてくれるのを気長に待ちましょう。

 

 結果が出ないからといって、自分で「良い」と思っているものをコロコロ変えたりするのは良くありません。そうしていると、読者から、「このブログは、記事の内容や方針がコロコロ変わって、どうも信用ができない」と思われてしまったりします。そうなると、新規の読者を獲得するどころか、せっかくついてくれていた読者も離れていってしまいます。

 

 ですから、記事の内容に自信があるのに結果が出ない時は、「変えたい欲求」を、あえて我慢して、そのまま粘り強く続けてみましょう。そうすれば、いつか運命の女神がほほ笑んでくれる時がくるかもしれません。

 

 ただ、「運」というのも、ただ待っているだけでは、つかめる確率が非常に低くなります。ただ良い記事を書いて待っているだけでなく、SNSで自分のブログを紹介したり、インフルエンサーの人と関わったりしてみましょう。そうすることで、「運」をつかむ確率を上げることができます。

 

 「運」をいつつかめるかは、誰にもわかりません。もしかしたら、10年後になるかもしれません。しかし、結果ばかり気にして、ブログの方針をコロコロ変えていると、「ポリシーのない奴」と思われて、10年後につかめるはずだった「運」を逃してしまうかもしれません。それは避けたいところです。

 

 そう考えると、「運」をつかんで結果を出すためには、「結果が出ていない時の行動」が非常に重要と言えます。

 

 そのため、結果が出ていない時ほど、「自分が良いと思ったことは変えない」という気持ちを強く持つように心がけて、ブログを続けてみましょう。