場面緘黙症だった僕の、その後の人生

小学校時代に場面緘黙症を経験。社会に出た後も、仕事になじめずに苦しむ。社会にうまく適応できないという悩みあり。このブログが、同じような悩みを持っている方の参考になれば幸いです。

新庄剛志さんの名言(プロ野球の存在意義について)

 自分は、昔から、プロ野球観戦が趣味です。数々のプロ野球選手を見てきましたが、プロ野球選手の中には、「プレーだけでなく、人として面白い選手」がいます。

 

 プロ野球選手の中で、「この人、面白い」と強く印象に残ったのが、新庄剛志さんです。

 

 新庄剛志さんは、2006年に現役を引退しましたが、本当に、「人々の記憶に残る選手」だったと思います。通算成績自体は、それほど突出したものではないですが、「人々の記憶に残る」という意味では、新庄さんは、プロ野球選手の中でもトップクラスの選手だったと思います。

 

 また、常識にとらわれない発言も面白く、数々の名言や迷言を残しています。考え方が、あまりに常識離れしているので、当時、阪神の監督だった野村克也さんから「宇宙人」と呼ばれていました。

 

 新庄剛志さんの引退から、結構時間が経っているので、新庄剛志さんについて、「よく知らない」という人もいるかと思うので、まずは、新庄剛志さんの経歴について説明していきたいと思います。

 

新庄剛志さんの経歴

阪神タイガースに入団(1990年)

 新庄剛志さんは、高校卒業時、阪神タイガースからドラフト5位で指名を受けました。そして、1990年に、阪神タイガースに入団しました。

 

 新庄さんは、阪神時代、「走・攻・守の3拍子揃った選手」という評価でした。その中でも、特に「外野の守備」に関しては、定評がありました。「肩」がめっぽう強く、外野からの矢のような返球で、本塁で走者をアウトにするシーンも多くみられました。

 

 また、打撃については、打率こそ高くないものの、チャンスの場面で打つ、「勝負強いバッター」でした。

 

 阪神時代の新庄さんの有名なエピソードに、「敬遠球を打って、サヨナラヒット」というものがあります。

 

 これは、1999年の6月12日、阪神対巨人戦の出来事です。12回裏、同点で、1アウト1、3塁の場面で、新庄さんに打席が回ってきました。そこで、巨人ベンチは「敬遠策」を取りました。新庄さんを敬遠して、歩かせて、次のバッターで勝負しようとしたのです。巨人の投手は、槙原さんでした。

 

 槙原さんが敬遠で投じた2球目が、外しが甘く、頑張ればバッターの手の届く位置にボールが来ました。それを「これなら打てる」と思った新庄さんは、そのボールを強引に打ちにいきました。それが野手の間を抜けて、サヨナラヒットになりました。

 

 普通は、敬遠球を打とうという発想は、なかなか出てきません。それを打ちにいって、ヒットにしてしまうのは、なかなかできることではありません。

 

 阪神時代、新庄さんは、まずまずの成績を残し、チームの中心選手になります。また、「甘いマスク」と、「勝負強い」ということもあり、新庄さんの人気はどんどん上がっていきました。

 

ニューヨーク・メッツに移籍(2001年)

 阪神で中心選手として活躍していた新庄さんでしたが、2000年になると「フリーエージェント権」を獲得します。そこで、「来シーズンは、阪神に残るのか、それとも他球団に移籍するのか」注目されました。

 

 阪神側としては、人気選手の新庄さんに移籍してほしくはありません。そのため、「5年契約で、12億円」という、破格の条件を出しました。

 

 しかし、新庄さんの出した結論は、皆の予想を裏切るものでした。なんと、メジャーリーグの「ニューヨーク・メッツ」に移籍することを発表しました。ニューヨーク・メッツから新庄さんには、「年俸2200万円+出来高5500万円」という条件が出ていました。

 

 お金のことだけを考えたら、阪神の方が、圧倒的に良い条件を出しています。しかし、新庄さんは、お金よりも、「メジャーリーグ挑戦」に興味をひかれ、ニューヨーク・メッツに移籍しました。

 

 そんな訳で、新庄さんは、2001年にニューヨーク・メッツに移籍し、メジャーリーグに挑戦します。

 

 メジャーリーグ挑戦が発表された頃、日本のメディアやファンの間では、「きっと成功しないだろう」という意見が大半を占めていました。阪神時代の新庄さんは、勝負強いバッターではあったものの、数字上は、そこまで突出した成績は残していません。そのため、「日本でたいした成績を残せていない選手が、メジャーリーグで活躍できるわけがない」と皆が思っていました。

 

 しかし、新庄さんは、メジャーリーグで、その予想を覆す活躍をします。

 

 開幕前は、「マイナーに落とされず、メジャーの枠内に入れるのか」が注目されましたが、無事にメジャーの枠内に入り、メジャーで開幕を迎えます。

 

 シーズンの序盤は、途中出場が多かったですが、徐々にレギュラーとして定着していきます。様々な打順での出場となりましたが、試合によっては、4番を打つこともありました。日本のほとんどのファンは、「新庄が、ニューヨーク・メッツで4番を打つ」ことは、全く予想できなかったでしょう。

 

 この年は、123試合に出場し、「打率.268」「本塁打10本」「打点56」という、まずまずの成績を残します。

 

サンフランシスコ・ジャイアンツに移籍(2002年)

 2001年のオフには、「サンフランシスコ・ジャイアンツ」にトレードされました。そのため、2002年のシーズンからは、このチームでプレーします。

 

 メジャーリーグは、日本のプロ野球に比べ、トレードが活発です。そのため、このトレードは、「活躍を見込まれてのトレード」と言えます。

 

 サンフランシスコ・ジャイアンツでは、あの「バリー・ボンズ」ともチームメイトになります。

 

 この年のジャイアンツは成績が良く、ワールドシリーズに進出します。ワールドシリーズには、新庄さんも出場しました。これは、日本人選手では、初めてのことです。ただ、残念ながら、ワールドシリーズでは、ジャイアンツは敗れてしまいました。

 

 この年の新庄さんは、118試合に出場し「打率.238」「本塁打9本」「打点37」という成績を残します。

 

再び、ニューヨーク・メッツに移籍(2003年)

 2003年には、また移籍をして、ニューヨーク・メッツに復帰します。

 

 しかし、成績はなかなかふるいませんでした。

 

 この年の成績は、124試合に出場して、「打率.193」「本塁打1本」「打点7」という成績に終わりました。

 

北海道日本ハムファイターズに移籍(2004年)

 ニューヨーク・メッツで思うような成績が残せなかったため、メジャーリーグではなく、日本プロ野球に復帰することになりました。

 

 2004年に、北海道日本ハムファイターズに移籍します。2004年は、日本ハムが北海道に本拠地を移した最初のシーズンになります。

 

 この年、「北海道にプロ野球チームが来る」ということで、北海道は盛り上がっていました。そこに、「あの新庄が日本プロ野球に復帰する」ということも相まって、さらなる盛り上がりを見せていました。

 

 日本ハムに移籍した新庄さんは、好成績を残します。そして、プレー以外でも、「パフォーマンス」に力を入れていました。試合前の練習中に、かぶりものを着用するパフォーマンスを行い、球場内を盛り上げていました。

 

 この年には、オールスターに選ばれ、「ホームスチール」を決めています。オールスターでホームスチールを決めたのは、新庄さんが初めてです。

 

 このように、好成績を残しつつ、パフォーマンスでも盛り上げていたため、新庄さんは「日本ハムの顔」と言える選手になっていきます。

 

現役を引退(2006年)

 日本ハムで活躍していた新庄さんでしたが、2006年の4月18日に、「今シーズン限りで現役を引退する」ことを発表します。シーズンが始まってすぐに、「今シーズン限りで現役を引退する」と発表することは、珍しいことで、なかなかインパクトがありました。

 

 「新庄さんの引退に華を添えたい」という気持ちがチームメイトにもあったのか、この年の日本ハムは、調子よく勝ち続けます。リーグ優勝して、日本シリーズに進みます。そして、日本シリーズにも勝ち、「日本一」になります。

 

 新庄さんが引退する年に、日本ハムも日本一となり、華々しい形で、現役を引退することとなりました。

 

 

新庄さんの、「プロ野球の存在意義」についての名言

 ここまで、新庄さんの経歴を振り返ってきましたが、改めて振り返ってみると、やはり、「記憶に残る選手だった」ということがはっきりわかります。

 

 そして、人々の記憶には、プレーだけでなく、「新庄さんの発言」も、しっかりと残っているはずです。新庄さんは「宇宙人」と呼ばれているように、常識では測れないものの考え方をする人です。そのため、時に、「迷言」とも言える、おかしな発言をすることもありました。

 

 しかし、その一方で、「名言」も数多く残しています。

 

 そんな新庄さんの名言の中から、自分が特に印象に残ったものを一つ紹介します。

 

 新庄さんの名言の中で、特にハッとさせられたのは、以下の名言です。

 

プロ野球の存在意義とは、その街の人々の暮らしが少しだけ彩られたり、単調な生活がちょっとだけ豊かになることに他ならない。

 

 この発言を聞いて、「まさにその通り!」と感心しました。

 

 自分はプロ野球ファンで、千葉ロッテマリーンズを応援しています。そのため、シーズン中に試合がある日は、「今日は勝つかな?」と、ワクワクしながら試合の中継を見たり、試合結果をチェックしています。そして、ロッテが勝った日は、「よし!」と、少しだけ幸せな気分になります。

 

 日々の生活というのは、単調だったり、嫌なことが沢山起こったりもします。そういう現実の生活が嫌になり、ゆううつな気分になることもあります。

 

 しかし、そんなゆううつな気分の時でも、「今日はロッテが勝った」ということを知ると、その瞬間は嬉しくなり、ゆううつな気分も少し和らぎます。

 

 ロッテが勝つことで、自分の抱えている日々の問題が解決するわけではありません。しかし、ロッテが勝ったという知らせを聞いて、その瞬間だけでも少し幸せな気分になるというのは、すごく良いことだなと思います。それがあるのとないのでは、日々の生活における満足度は、だいぶ変わってくるでしょう。

 

 この新庄さんの発言は、まさに、「プロ野球ファンの気持ちを代弁してくれている発言」だと思いました。そして、選手でありながら、ファンの心情をここまでわかっている新庄さんは、素晴らしいなと感じました。

 

プロ野球とブログの共通点について

 この新庄さんの名言を聞いて、感心するとともに、「この発言は、プロ野球以外のエンターテイメントにも、あてはまるな」ということを感じました。

 

 世の中には、数多くのエンターテイメントがあります。そのエンターテイメントを体験したからといって、それを体験した人の根本的な問題が解決されるわけではありません。

 

 しかし、そのエンターテイメントを体験している間は、「少しだけゆううつな気分を忘れられる」ということがあると思います。これは、エンターテイメントの持つ、優れた効果だと思います。

 

 自分は、現在、頑張ってブログ運営を行っています。ブログというのも、エンターテイメントの一つです。

 

 そう考えると、自分の書いたブログ記事を読んで、「面白い」と感じてくれる人がいるかもしれません。そして、「面白い」と感じてくれたことで、その人の暮らしが少しだけ彩られたり、単調な生活がちょっとだけ豊かになったとしたら、書き手としては、これほど嬉しいことはありません。

 

 自分のブログを楽しんでくれている人がどこまでいるかはわかりません。ただ、自分が記事を書くことで、「知らない誰かの生活を少しだけ彩られたり、単調な生活をちょっとだけ豊かにすること」ができる可能性はあります。

 

 そういう可能性があるとわかると、「より、しっかりした記事を書かなきゃな」という気持ちになります。

 

 新庄さんの過去の名言を改めて見て、そんなことを考えました。