しょうの雑記ブログ

物事の考え方、ブログ運営、ファッション、プロ野球、音楽、食べ物などについて書いたブログです。

収納用品は、Fellowes(フェローズ)のバンカーズボックスがおすすめ

 みなさん、「部屋の収納用品」はどのようなものを使っていますか? 「部屋の収納用品」を選ぶのは、実は、意外と難しかったりします。

 

 収納用品を選ぶ際は、「見た目、使い勝手、価格」の3つのバランスがいいものを選ぶ人が多いでしょう。ただ、「見た目が良いと思ったら、使い勝手が悪い」とか、「使いやすいけど、値段が高すぎる」など、この3つのバランスがいい商品は、意外と少ないものです。

 

 そこで今回は、この3つのバランスがとれていると感じる、「Fellowes(フェローズ)のバンカーズボックス」を紹介します。

 

 

 

 フェローズは、アメリカのメーカーです。1917年、アメリカ中西部イリノイ州で銀行向けに大量の書類を適切・効率的に保管するためのダンボール箱を製造・販売を開始したことが始まりです。

 

 「バンカーズボックス」というだけあって、元々は、銀行員が書類を入れていた箱のようですが、今では、部屋の収納用品として使っている人が多いようです。

 

fellowes-direct.com

 

 フェローズのバンカーズボックスは、簡単に言ってしまうと、「おしゃれなダンボールボックス」です。それを聞くと、「なんだ、ダンボール箱か」と思う人も多いでしょう。しかし、この商品は、ただのダンボール箱とあなどることはできません。ここからは、フェローズのバンカーズボックスの長所について説明していきます。

 

バンカーズボックスの長所

見た目がおしゃれ

 フェローズのバンカーズボックスの一番の魅力は、「見た目がおしゃれ」なところでしょう。白ベースで、アクセントとして文字や数字が書いてあり、非常にすっきりして洗練された見た目です。

 

 部屋のインテリアとしても秀逸で、シンプルな見た目なので、様々な部屋の雰囲気に調和します。

 

大きくて、収納力が高い。

 フェローズのバンカーズボックスには、様々なサイズのものがありますが、一番定番なのが、「703」というタイプのモデルです。このモデルは、「高さ26.5cm、幅34.5cm、奥行き41cm」で、なかなかのビッグサイズです。そのため、収納力は高いです。

 

重ねて使うことができる

 フェローズのバンカーズボックスは「箱型」で、重ねやすい形状となっています。そのため、上に重ねて使うこともできるので便利です。

 

たたんでしまっておくこともできる

 部屋の整理をして、部屋の荷物が減ると、「この収納用品、もう使わない」となる時もあるでしょう。そんな時は、たたんでしまっておくこともできます。バンカーズボックスは、組み立て式のダンボールです。そのため、使わない時は、分解して、たたんでしまっておくこともできます。そうすれば、部屋のスペースもとらずに、便利です。

 

 そして、しばらくして、また荷物が増えてきたら、たたんでしまっておいたバンカーズボックスを組み立てて、再び収納用品として使えます。

 

捨てるのが簡単

 収納用品で困るのは、「捨て方」です。収納用品が古くなると、「もう捨てよう」と思うでしょう。しかし、大きい収納用品だと、ゴミ捨て場に持っていくのも大変です。さらに、公共のゴミ捨て場に出すことができず、「わざわざ、回収業者を頼まなければならない」という場合もあるでしょう。しかし、バンカーズボックスの場合は、その心配はいりません。この商品は、素材はダンボールです。だから、捨てたい時は、分解して、資源ごみの日に、資源ごみとして捨てればいいだけです。

 「いらなくなった時も、気軽に捨てられる」というのも、大きなメリットだと思います。

 

いつでも買い足せる

 フェローズのバンカーズボックスは、「定番商品」です。1917年に誕生して、今も作り続けられているわけですから、今後もおそらくずっと生産され続けるでしょう。そのため、「また買いたいな」と思った時に、同じものを買い足せるというのは、便利です。

 

 

 バンカーズボックスの長所について説明してきましたが、使用していて感じる、「短所」についても説明しておきます。購入を検討している方は、参考にしてください。

 

 

バンカーズボックスの短所

組み立てる手間がかかる

 バンカーズボックスは、分解された状態で届くので、自分で組み立てる必要があります。それほど難しくはないですが、組み立て式ということで、少し手間はかかります。

 

ダンボール製の割には、値段は高め

 バンカーズボックスの定価は、3個セットで、約3000円です(「703」モデルの場合)。ということは、1個1000円です。ダンボール製ということを考えると、「ちょっと高いな」と思う人が多いでしょう。ただ、見た目が非常におしゃれなのと、普通のダンボール箱よりもかなりしっかり作られていることを考えると、自分としては、それほど高いとは思いません。また、ネット通販で探せば、定価よりも安く買えるところもあります。

 

 また、「ダンボール製」ということを少し忘れて、「収納用品」と考えたら、まあまあ手頃な値段ではないでしょうか。

 

木製の収納用品などと比べると、耐久性は劣る

 バンカーズボックスは、内側は二重構造になっており、比較的しっかりしています。しかし、素材はダンボールなので、木製の収納用品などに比べると、耐久性は劣ってしまいます。

 

内側を見ると、「いかにもダンボール」で、安っぽさがある

 バンカーズボックスは、外側は、白ベースの色で、おしゃれです。しかし、内側は色もついておらず、ダンボール特有の茶色です。そのため、内側を見ると、「ちょっと安っぽいな」と思うこともあります。

 

水に弱い

 素材がダンボールのため、当然ながら、水には弱いです。使う際は、水をこぼしたりしないよう注意しましょう。

 

まとめ

 フェローズのバンカーズを紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

 

 個人的には、おしゃれで実用的な、素晴らしい商品だと思います。

 

 インテリア用品としては、それほど極端に値段が高いわけではないですし、もし使ってみて合わなかったとしても、手軽に捨てられます。そのため、気になった方は、気軽に試してみてもいいのではないでしょうか。

 

 フェローズのバンカーズを部屋に置くと、部屋の雰囲気が一段おしゃれになって、気分も少し変わると思いますよ。