場面緘黙症だった僕の、その後の人生

小学校時代に場面緘黙症を経験。社会に出た後も、仕事になじめずに苦しむ。社会にうまく適応できないという悩みあり。このブログが、同じような悩みを持っている方の参考になれば幸いです。

エイプリルフールなので、「嘘をつくことの是非」について考えてみます

 今日は、4月1日なので、エイプリルフールです。エイプリルフールは「嘘をついてもいい日」となっています。

 

 そこで、今回は、それにちなんで、「嘘をつくことの是非」について考えてみたいと思います。

 

 日本では、一般的に、「嘘をつくことは、悪いことである」と考えられています。しかし、「嘘をつく目的」というのは、実は色んなパターンがあります。そして、その目的によっては、必ずしも「悪いこと」とは言えない場合もあると思います。

 

 そこで、まず、「人はどういった目的で、嘘をつくのか」について考えてみます。

 

嘘をつく目的

人をだまそうとする

 「嘘をつく」と聞いて、真っ先に思い浮かぶのが、「人をだまそうとして」つく嘘です。嘘をついて人をだますことで、利益を得ようとするものです。

 

 こういった嘘に関しては、ほとんどの人が「悪いこと」だと思うでしょう。

 

責任を逃れようとする

 人は、つい過ちを犯してしまうことがあります。そして、過ちを犯した場合、自分の責任を逃れようとして、嘘をつくことがあります。

 

 政治家なども、こういった目的で、嘘をつくことがあります。本当は覚えているのに、本当のことを言うと責任を追及されるので、「記憶にない」と嘘をつく場面を、見たことがある人も多いでしょう。

 

相手の興味をひかないようにする

 人というのは、相手が変わった経歴の持ち主だった場合、興味を持って、色々と質問してくることがあります。それを「煩わしい」と感じて、相手の興味をひかないようにするために、嘘をつく場合があります。

 

 例えば、「実は、アメリカ生まれ」という日本人がいたとします。「アメリカ生まれ」というのは、なかなか珍しいことです。そこで正直に「アメリカ生まれ」と言うと、「え、すごいね!」「アメリカのどこ?」「英語はペラペラなの?」など、次々と質問してくることがあります。そういった煩わしさを回避するため、あえて「日本生まれ」と嘘をついて、相手の興味をひかないようにする場合があります。

 

相手が傷つかないようにする

 世の中には、「本当のことを言うと、相手が傷つくから、あえて嘘をつく」という人もいます。

 

 「知らぬが仏」ということわざがあるように、「真実を知らない方が幸せだった」ということが多々あります。真実を知って、相手が傷つくことを避けるために、嘘をつくのです。

 

 こういった嘘は、ある意味、「優しい嘘」とも言えます。

 

人を笑わせようとする

 人は、「普通ではありえない愉快なこと」が現実に起こったと知ったら、面白くて笑ってしまったりします。

 

 そのようにして、「人を笑わせよう」と思って、あえて嘘をつく場合があります。

 

全ての嘘を責めるべきなのか?

 「人をだまそうとしてついた嘘」「責任を逃れようとしてついた嘘」については、「悪いこと」と責められても、仕方ない部分があるでしょう。

 

 しかし、「相手が傷つかないようについた嘘」「人を笑わせようとしてついた嘘」は、必ずしも「悪いこと」とは言えないのではないでしょうか?

 

 中には、「相手が傷つかないようについた嘘」や「人を笑わせようとしてついた嘘」でも、「何で本当のことを言わないんだ」と怒る人もいます。

 

 しかし、本当のことを知っても、「相手が傷つかないようについた嘘」や「人を笑わせようとしてついた嘘」たっだ場合は、「そういう目的で嘘をついたなら仕方ない」と思う人も多いのではないでしょうか。

 

 自分としては、「全ての嘘を責めるべきではない」と考えています。一言で、「嘘」と言っても、嘘をつく目的は様々です。そして、嘘の中には、「人を幸せにする嘘」もあります。そのような嘘もあるのに、「嘘は悪いことだ」と言い切ってしまうのは、少し違うのではないかと思います。

 

まとめ

 この世の中に、「一度も嘘をついたことがない」という人はいるのでしょうか? おそらく一人もいないでしょう。どんなに信用できるように見える人物でも、小さな嘘の一つや二つは、絶対についたことがあるはずです。

 

 それを考えると、嘘というのは、「自分たちの人生に、必ずついてくるもの」と言えるでしょう。ですから、嘘を「絶対的な悪」とはとらえず、「悪い面も、良い面もあるもの」ととらえて、うまく付き合っていきましょう。

 

 そして、エイプリルフールにつく嘘というのは、ほとんどの場合が、「人を笑わせようとする嘘」です。こういった嘘は、「笑いをもたらすことで、人を幸せにする嘘」だと思います。

 

 エイプリルフールは、せっかく「嘘をついてもいい日」となっているのですから、この日くらいは、笑える嘘をどんどんついていきましょう。